【プリンス】女性アーティストが歌ってヒットしたプリンスの楽曲5選
2022年7月30日 更新

【プリンス】女性アーティストが歌ってヒットしたプリンスの楽曲5選

2016年、惜しまれつつこの世を去ったプリンス。彼の功績は、彼自身がアーティストとして活躍しただけでなく、他のアーティスト、特に女性アーティストへの楽曲提供やプロデュースでも貢献した点にあります。今回は、主に80年代に楽曲提供した中から、特にヒットした5曲をご紹介します。

179 view

グラマラス・ライフ / シーラ・E

『グラマラス・ライフ(The Glamorous Life)』は、1984年にリリースされた、シーラ・E(Sheila E.)のデビュー曲で、同名のデビューアルバムに収録されています。

作詞・作曲プリンス(Prince)プロデュースプリンスと彼女自身が手がけました。

シーラ・Eは、パーカッショニストのピート・エスコヴェード(Pete Escovedo)の娘で、自身もパーカッショニストとして活躍しています。

プリンスと初めて会ったのは1977年、父親のコンサートでパフォーマンスを披露したときのこと。この時、プリンスは彼女に「どっちが君の最初の夫になるか、ベーシストと口論してたんだ」と話し、彼のバンドに参加してもらうことを約束します。そして1984年、プリンスの『レッツ・ゴー・クレイジー(Let's Go Crazy)』のカップリング曲『Erotic City』で、彼女は実際にボーカルを務めることになります。

デビュー曲『グラマラス・ライフ』では、曲中はもちろんのこと、ミュージックビデオでも、彼女のパーカッションの腕前を惜しげもなく披露しています。全米シングルチャートでは、最高位7位年間30位を記録しました。

また、プリンスの遺作アルバム『オリジナルズ(Originals)』では、プリンス自身が歌った本曲のデモ版を聴くことができます。

Sheila E. - The Glamorous Life (Official Music Video)

フィール・フォー・ユー / チャカ・カーン

『フィール・フォー・ユー(I Feel For You)』は、1984年にリリースされた、チャカ・カーン(Chaka Khan)のヒット曲で、5作目の同名のアルバムに収録されています。

作詞・作曲プリンス(Prince)で、1979年、自身のために書いた作品がオリジナルです。彼の2作目のアルバム『愛のペガサス(Prince)』に収録されています。

本曲の冒頭で、チャカ・カーンの名前が連呼されるラップが印象的ですが、実際にはプロデューサーのミスによって生じたもので、そのまま演出として採用されています。途中で入るハーモニカ演奏は、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)によるものです。

全米シングルチャートでは最高位3位、翌1985年に年間5位を記録しました。また、1985年の第27回グラミー賞では、最優秀R&B楽曲賞最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞しています。

Chaka Khan - I Feel for You (Official Music Video)

シュガー・ウォールズ / シーナ・イーストン

『シュガー・ウォールズ(Sugar Walls)』は、1984年末にリリースされ1985年にヒットした、シーナ・イーストン(Sheena Easton)の楽曲で、5作目のアルバム『プライベート・ヘブン(A Private Heaven)』に収録されています。

作詞・作曲プリンス(Prince)プロデュースの一部もプリンスが手がけました。

『プライベート・ヘブン』は、彼女のそれまでの "無邪気で可愛らしい" イメージから、"セクシーなポップシンガー" への転換を図ったアルバムで、一つ前にシングルカットされた『ストラット(Strut)』もそれを象徴する作品となっています。

曲のタイトル『シュガー・ウォールズ』は、女性の性器の婉曲表現であると見なされ、また、歌詞にも性的イメージが含まれていると判断されたことから、一部の放送局で放送禁止になりました。

全米シングルチャート最高位9位年間100位を記録しています。

Sheena Easton - Sugar Walls (Official Music Video)

マニック・マンデー / バングルス

『マニック・マンデー(Manic Monday)』は、1986年にリリースされた、バングルス(The Bangles)のヒット曲で、2作目のアルバム『シルバー・スクリーンの妖精(Different Light)』からの第一弾シングルです。

作詞・作曲プリンス(Prince)プロデュースは、後年、トニー・ベネットのアルバムで、グラミー賞最優秀アルバム賞を受賞したデビッド・カーン(David Kahne)です。

元々は、プリンスが結成した女性トリオ、アポロニア6(Apollonia 6)のために1984年に書いた曲でしたが、それは取りやめ、2年後にバングルスに提供します。噂では、バングルスのリードボーカルでリズム・ギタリストのスザンナ・ホフス(Susanna Hoffs)に楽曲を提供し、彼女の気を引こうとしたため、と言われています。

全米シングルチャート最高位2位年間48位を記録しました。

また、プリンスの遺作アルバム『オリジナルズ(Originals)』では、プリンス自身が歌った本曲のデモ版を聴くことができます。

The Bangles - Manic Monday (Official Video)

ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー / シネイド・オコナー

『ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー(Nothing Compares 2 U)』は、1990年にリリースされた、シネイド・オコナー(Sinéad O'Connor)のヒット曲で、2作目のアルバム『蒼い囁き(I Do Not Want What I Haven't Got)』からの第二弾シングルです。

※アーティスト名は、かつて "シニード" と表記されたことがありましたが、現在主流の "シネイド" としています。

作詞・作曲プリンス(Prince)プロデュースは彼女自身とネリー・フーパー(Nellee Hooper)が手がけました。

元々は、プリンスが結成したファンクバンド、ザ・ファミリー(The Family)のために書いた楽曲で、1985年のアルバム『The Family』に収録されています。1984年には、プリンス自身が本曲のレコーディングを行いました。

ミュージックビデオでは、シネイド・オコナーの顔のアップと移り変わる表情が印象的で、映像の終盤では、実際に涙を流すシーンがあります。MTV Video Music Awardsでは、女性アーティストとして初めて、最優秀ビデオ賞を受賞しました。

全米シングルチャートでは、4週連続ナンバーワンを記録し、年間3位に輝いています。

因みに、プリンスの1984年の録音は、2018年にシングルとしてリリースされ、遺作アルバム『オリジナルズ(Originals)』にも収録されています。

Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2 U (Official Music Video)

15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プリンスが手掛けた外仕事を振り返る!

プリンスが手掛けた外仕事を振り返る!

プリンスの突然の訃報に驚かされてから、早一年。色々な楽器を変幻自在に演奏するマルチ・ミュージシャンであり、緻密なスタジオ・ワークから、華やかなライヴ・パフォーマンスまで、まさに天才と呼ぶのにふさわしい活躍を見せてくれた殿下。その音楽性はジャンル横断的に幅広く、遂には自身の作品だけでは飽き足らず、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース、変名サイド・プロジェクトなども数多く手掛けていたことで知られていますね。また、殿下が作り上げた魅力的な楽曲は、様々なアーティストたちによってカバーされることも多かったのです。今回は、そんなプリンスが残してくれた他アーティスト作品の数々を振り返ってみたいと思います。
Gaffa | 4,681 view
【80年代洋楽】男女アーティストの共演でヒットした名デュエット曲10選

【80年代洋楽】男女アーティストの共演でヒットした名デュエット曲10選

1980年代には、多くの名デュエット曲が誕生しています。特に男女のデュエットは、映画の主題歌、大物アーティストのコラボを生み出し、大ヒットにつながっています。今回は、男女のソロアーティストがデュオを組んだ楽曲にフォーカスし、10曲に厳選してご紹介します。
izaiza347 | 182 view
【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?

【洋楽カバー】80年代は洋楽の日本語カバーがたくさん!オリジナルはどんな曲?

日本のポピュラー音楽は、時代とともに多様化し、今日までに様々なジャンルが誕生しました。その一因とも言えるのが、洋楽の日本語カバー。今回は、1980年代のカバー曲ブームにフォーカスして、当時ヒットした洋楽カバーと、その元となった楽曲を8選ご紹介します。
izaiza347 | 559 view
なぜ、あの人が?中高年男性芸能人の自殺、ミッドライフ・クライシス

なぜ、あの人が?中高年男性芸能人の自殺、ミッドライフ・クライシス

戦後の日本において音楽業界を黄金時代に導いた芸能人であり、70年代80年代の洋楽・ポップカルチャーの牽引役を務めた。時代とともに生きた男が自ら命を断った。中年期に訪れるミッドライフ・クライシス。4人の中高年男性芸能人の自殺と生きた軌跡を紹介する。
天才としか言いようがない!奇跡としか言いようのない80年代のプリンス。

天才としか言いようがない!奇跡としか言いようのない80年代のプリンス。

今でこそ天才と言う評価の定まっているプリンスですが、「パープル・レイン」がヒットするまではキワモノ。日本に置いてはその存在すらあまり知られていませんでした。いえ、知られるようになってからもキワモノですね。天才過ぎますから、プリンスは。
obladioblada | 5,947 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト