ギャグと美少女とスター〜 漫画「るんるんカンパニー」
2016年12月4日 更新

ギャグと美少女とスター〜 漫画「るんるんカンパニー」

ギャグ漫画家とり・みき—、そのギャグ世界の祖となった作品「るんるんカンパニー」。ご一緒に振り返ってみましょう^^

4,259 view
 (1616314)

第1巻、表紙

とり・みきギャグ確立の祖

「るんるんカンパニー」は80年から82年まで週刊少年チャンピオンで連載、81年から82年に単行本全6巻が刊行されたとり・みきのギャグ漫画です。
デビュー以来、秋田書店で作品を発表して来た、とり氏の連載4作目。月刊少年チャンピオンで連載した前作「たまねぎぱるこ」は、とっぽい魅力の女の子ぱるこを主人公に据え、かわいいドジっ娘ねむりを脇においたギャグ漫画でしたが、今作は女の子バリエーションを増やすべく女主人公3人と主人公の男の子を据えています。またその後のとり作品の大きな要素となる「スター・システム」の走りとなるのもこの作品です。
とり氏の別の作品紹介でもふれましたが、スター・システムとは、
多くは演劇・映画・プロスポーツなどの興行分野において、高い人気を持つ人物を起用し、その花形的人物がいることを大前提として作品制作やチーム編成、宣伝計画、さらには集客プランの立案などを総合的に行っていく方式の呼称。また、資本力やニュースマスコミを利用した大々的な宣伝の反復などによって、そのような花形的人物を企画的に作り出すシステムもこの一環として指す。

転じて、漫画などで、同一の作家が同じ絵柄のキャラクターをあたかも俳優のように扱い、異なる作品中に様々な役柄で登場させるような表現スタイルも、スター・システムと呼ぶようになった。日本の漫画分野で初めてこの手法を用いたのは手塚治虫であり、彼が複数の作品のなかで、自らの友人や友人の祖父、さらには実の妹が描いたキャラクターを登場させたことに始まるとされている。
引用にあるように手塚治虫作品におけるスター・システムが知られていますね。ヒゲおやじ、ヒョタンツギといったキャラクターご存知でしょうか?ああいったキャラクターは、あたかも俳優がいろんな役をやるように、あのキャラクターの姿ながら、その時その時で別の役で(まあヒョウタンツギとかには役もへったくれもありませんがf^^;)登場しますよね。
今作にも、その後のとり作品で活躍する“名俳優”が数多く登場します^^

またとり作品のギャグの基本、リズムといったものも、この作品に源流となる部分が大きいと、とり信仰の筆者は独断と偏見で思う次第ですf^^;

とりかまワールドへの招待

さて、おハナシといいますか、、
とりかま学園(高等学校)を舞台とした学園ギャグ漫画である。前作『バラの進さま』から登場人物を一新しつつも、最初期はその流れを汲んだ設定だったが、次第に登場人物個々の性格を前面に押し出した内容となって毎回主役が変わるようになり、連載全回通して描かれた登場人物は1人もいない。回ごとのストーリーには作者が造詣を持つSFや落語が下地になっているのもある。
まあギャグ漫画ですから、そういったもんですね。
とくに引用のように、最初の学園ものという設定は次第にとくに重きを置かれず、どんどんギャグ漫画として自由になっていく感じですね。

第1話「学校にもどってみればの巻」

といっても、設定が出てくる最初の方だけはご紹介を、、

主人公・葵達郎が盲腸手術での入院から学校へ戻ると、見知らぬかわい子ちゃん三人が生徒会三役となっていました。野泉かつら、北沢静、深水くるみの三人です。二学期初めに転校して来て、男子の圧倒的人気で当選したのです。
三人に振り回されるタツローくん。しかも彼の一人住まいのおんぼろアパートの横にはマンションが建っていて、向かいの部屋にはカーテンを開け放って下着姿の三人が、、タツローくんの受難の日々が始まります、、>_<

第2話「見たな〜!!の巻」

生徒会室を窓から覗き見たタツローくんは、男子生徒らに人気のカマトトな三人の姿は表の顔で、実際は頭もきれて腕っ節もあり(くるみだけは表裏なく小学生のような子ですが^^;)、「裏の生徒会」として女性上位な理想を追求しようとしていることを知ります。
知られたからには、、とタツローくんを裏の生徒会の僕とすることに。前話でタツローに意図せずちょんと手に触れられたくるみは、ウブすぎて子どもができたらどうしようとタツローに結婚を申し込む始末。いずれにしても三人の僕としての地位は確定したのでした、、T^T

とりギャグのプレーヤーたち

主人公(?)と主人公三人組

、、といったおハナシよりも、やはりギャグ漫画で大きいのはキャラクターですね。
以下、登場人物たちをご紹介します。
wada y (1617672)

左の男の子:葵達郎
右のローラースケートの女の子:野泉かつら
左下の水着の女の子:北沢静
左上の水着の女の子:深水くるみ
出典 wada y
葵達郎
1年生。アパート「あくつ荘」に一人住まい。前述のように裏の生徒会の秘密を知ってしまい、彼女らの僕のように使われる。

野泉かつら
2年生、生徒会長。裏の生徒会の頭脳。

北沢静
2年生、副会長。裏の生徒会の武闘派。空手などを使うよう。

深水くるみ
1年生、書記。小学生のような容姿と行動だが、高校生。
 (1616334)

裏の生徒会としての秘密の行動の際は、3人はそれぞれのコスチュームに身を包み、
「るんるんカンパニー」として行動する。
、、というフォーマットで始まったのですが、、なにか事件が起こってそれをるんるんカンパニーが解決、タツローくんはいつも振り回されて、、というパターンから、3人やタツローくん以外の登場人物たちも目立って来てどんどん自由になってくるにつれ、るんるんカンパニーへの変身やコスチューム姿はなくなります。
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

とりPOP、定型の完成〜 漫画「クルクルくりん」

とりPOP、定型の完成〜 漫画「クルクルくりん」

ギャグ漫画家とり・みき—そのPOPの「完成」をみた作品、「クルクルくりん」。その一端を見てみましょう^^
wada y | 1,334 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
東京、大阪で大盛況の展覧会が作者の地元に!「マカロニほうれん荘展 in 福岡」開催決定!

東京、大阪で大盛況の展覧会が作者の地元に!「マカロニほうれん荘展 in 福岡」開催決定!

70年代の週刊少年チャンピオンを、そして当時の漫画界を代表するギャグ漫画「マカロニほうれん荘」の展覧会がついに鴨川つばめ先生の地元、九州に飛ぶ!日程は2018年11月17日から2019年1月17日まで!
伝説のギャグ漫画「マカロニほうれん荘」の展示会が初開催!鴨川つばめが選曲したロックのBGMも必聴!

伝説のギャグ漫画「マカロニほうれん荘」の展示会が初開催!鴨川つばめが選曲したロックのBGMも必聴!

株式会社秋田書店は、70年代の週刊少年チャンピオンを代表するギャグ漫画「マカロニほうれん荘」の生原画の展示会を中野ブロードウェイで初開催します。日程は2018年5月19日(土)から6月3日(日)まで。
隣人速報 | 1,058 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 9,321 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト