ヒット曲のタイトルそのままに、リマールの物語は終わらない。
2016年12月12日 更新

ヒット曲のタイトルそのままに、リマールの物語は終わらない。

1984年に映画の主題歌「ネバーエンディング・ストーリー」を歌い大ヒットさせたリマール。最近はあまり目にする機会はなくなりましたが、頑張っています。リマールの物語はまだまだ途中です。いえ、終わりなどないのです。きっと。

2,601 view

Limahl

リマール

リマール

リマール (Limahl)ことクリストファー・ハミル(Christopher Hamill)
生年月日:1958年12月19日
出身:ウィガン
リマールといえば、やはりカジャグーグーを抜きに語ることは出来ません。
1980年、俳優と歌手を目指していたリマール(当時はクリストファー・ハミル)はマイナーレーベルからとはいえ既に「It's Christmas」や「Angel」などといったシングルを発表していました。 
また、Krisという名前でデュエットした曲などもありましたがどれもヒットに結びつかなかったことでバンドのボーカリストとして新たな道を探っていました。

そこに後のカジャグーグーのベーシストとなるニック・ベッグスが送った「Fear Machine」と言う曲を聴き一発で気に入ったリマールは彼のいるバンドThe Handstandsに参加することになります。

The Handstandsはリマールが参加した後にバンド名をカジャグーグーと改め、リマールもクリストファー・ハミルからリマールへと名前を変えています。

Kajagoogoo

当時はデュラン・デュランなどと比較されていたカジャグーグーのデビューアルバム「君はToo Shy」です。オリジナル・タイトルは「White Feathers」ですが、言わずと知れた彼らの代表曲「君はToo Shy」の大ヒットにより邦題も同様になったのでしょう。

デュラン・デュランなどと比較されていたのは音楽性というよりもビジュアル的なことからでしょう。共にイケメン揃いです。

いかにもアイドルといった感じで扱われていますが、本作は悪くないです。いえ、むしろ弾けたポップ・ミュージックは心地よく、そこにリマールの陰りを帯びたボーカルがいい感じでからんでおり素敵なアルバムに仕上がっています。
君はToo Shy

君はToo Shy

1983年リリース

【収録曲】
1. ホワイト・フェザーズ
2. 君はToo Shy
3. ライズ&プロミセズ
4. マジシャン・マン
5. カジャグーグー
6. ウー・トゥ・ビー・アー
7. エゴノミックス
8. ハング・オン・ナウ
9. ハイウェイをぶっ飛ばせ
10. フレイヨー
「君はToo Shy」の大ヒットで知られるカジャグーグーのデビュー・アルバム。中から3曲のヒット・シングルが生まれたが、「マジシャン・マン」、「フレイヨー」なども、どこかひねりのあるメロディが印象的なポップスの傑作。リマールのボーカルは良くも悪くも、さらりと聴き流してしまうような感じを受けるのだが、それが持ち味でもあるのだろう、全曲とても耳に馴染みやすく心地よく聴ける。

Too Shy - Kajagoogoo (official music video)

Don't Suppose

アルバム1枚のみであっさりとカジャグーグーを脱退したリマール。

しかし、ソロ活動の開始は早く、全英4位、スウェーデン1位、ノルウェー1位、ドイツ2位、オーストリア2位、スイス3位、フランス7位、全米17位、オランダ28位、ニュージーランド28位と大ヒットを記録したシングル「ネバーエンディング・ストーリー」を含む1984年発売のソロ第一弾アルバム「Don't Suppose」です。

「ネバーエンディング・ストーリー」は映画の主題歌ですが、映画と共に日本でもかなりヒットしています。そしてリマールのソロとしての代表曲といえば、やはりこの曲になるのでしょうね。
Don't Suppose

Don't Suppose

1984年リリース

【収録曲】
1. Don't Suppose
2. That Special Something
3. Your Love
4. Too Much Trouble
5. Never Ending Story
6. Only For Love
7. I Was A Fool
8. The Waiting Game
9. Tar Beach
10. Oh Girl
「トゥー・マッチ・トラブル」とか「オンリー・フォー・ラブ」とか、80年代の空気を濃厚に醸し出すサウンドプロダクションのナンバーも、なかなかどうして、わるくない。

ネバーエンディング・ストーリー テーマ曲 The Neverending Story - Limahl

Colour All My Days

セールス的には今一歩といったアルバム「カラー・オール・マイ・デイズ」。現在ではなかなかに入手困難となっていますが、全英80位の「ラヴ・イン・ユア・アイズ / Love in Your Eyes」やチャートにはランクインしなかったものの「インサイド・トゥ・アウトサイド / Inside to Outside」といった良い曲が入っています。

ジャケットを見れば、カジャグーグー時代にパイナップル・ヘアと呼ばれた髪をバッサリ切ってすっきりしています。音楽的にもイメージチェンジを図りたかったのかもしれませんね。
カラー・オール・マイ・デイズ

カラー・オール・マイ・デイズ

1986年リリース

Limahl - Love In Your Eyes - Promo Video

ホントに良い曲です。もっとヒットしてもおかしくないですよね。
「インサイド・トゥ・アウトサイド」も軽快なダンスナンバーです。これも悪くないです。
やはりプロモーションが足りなかったのでしょう。

Limahl - Inside To Outside (RTL Plus 1986)

Love Is Blind

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

【一発屋?orヘヴィロテ?・洋楽編(2)】(1)に続き今回は80年代を中心に集めてみました。

 一発屋なのかヘヴィーローテーションなのか、ハヤテのように現れてヒットを飛ばし華麗に去って行ってしまったあの曲をもう一度! 中には「一発屋」ではないけれども「その一曲がデカ過ぎて…!」というアーティストの曲もあります。今回は80年代と90年代洋楽が中心です。
Yam | 4,716 view
海外の円広志たち。今でもつい口ずさんでしまう洋楽の一発屋ヒット曲をもう一度聴いてみよう。Part1

海外の円広志たち。今でもつい口ずさんでしまう洋楽の一発屋ヒット曲をもう一度聴いてみよう。Part1

カジャグーグー、ネーナ、ザ・ナックその他たくさんいた一発屋達のヒット曲。今思うとけっこういい曲が多かったのでもう一度聴いてみよう。
tomakay | 2,645 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト