1981年から始まった「火曜サスペンス劇場」の最初の年の放送作品がこれです。
2020年2月14日 更新

1981年から始まった「火曜サスペンス劇場」の最初の年の放送作品がこれです。

1981年9月29日から2005年9月27日にかけて放送された「火曜サスペンス劇場」。大人気番組でしたねぇ。最初の年に放送されたのは全部で14作品。どれも豪華キャストで制作費もたっぷりかけている感じです。こんな作品は今ではもう作れないんでしょうね。

2,550 view

火曜サスペンス劇場

バブル期を体験した世代の方々に「火曜サスペンス劇場」を知らない人は居ないんじゃないでしょうか?!誰もが一度は観たことがあるといっていいほどの人気番組でしたね。主題歌は言わずと知れた岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」。

岩崎宏美 聖母たちのララバイ 【1982】

この曲を聴くと反射的に「火曜サスペンス劇場」を連想する人も多いようですね。その「火曜サスペンス劇場」の放送開始は1981年のことでした。バブルに向かって日本が異常ともいえるほどに活気づいていたころですね。そんな日本の80年代を代表するテレビドラマ「火曜サスペンス劇場」の1981年に放送された作品をご紹介します!

消えたタンカー

1975年に島田楊子、竹脇無我というキャスティングで松本清張の長編推理小説「球形の荒野」が映画化されました。その6年後に同じく島田楊子主演でテレビドラマ化されているのですが、これが記念すべき「火曜サスペンス劇場」の第1作です。
球形の荒野

球形の荒野

監督:貞永方久
脚本:貞永方久、星川清司
製作:杉崎重美
出演者:芦田伸介、島田楊子、竹脇無我
音楽:佐藤勝
撮影:坂本典隆
編集:杉原よ志
配給:松竹
公開:1975年6月7日
上映時間:98分
「火曜サスペンス劇場」として放送されたのは1981年9月29日のことですが、「球形の荒野」はこの他にも、1962年、63年、69年、78年、92年、2010年、14年と何度もテレビドラマ化されているんですよ。こうした人気作品を1作目に持ってきたところに「失敗は許されんぞ」という制作側の意気込みを感じます!

2作目は西村京太郎原作の「消えたタンカー」です。
消えたタンカー

消えたタンカー

西村京太郎(著)

火曜サスペンス劇場「消えたタンカー」
脚本:村尾昭、和久田正明
監督:西村潔
出演者:中野良子、夏木勲ほか
これまた人気作家の作品ですが、これはもう、主演の中野良子が美し可愛いです。今や若き日の中野良子を観れるだけでも儲けものって感じですよ。

消えたタンカー

西村京太郎といえば、十津川警部シリーズ。この「消えたタンカー」もそうなのですが、主人公は夏木勲演じるた十津川警部ではなく、原作には登場しない保険調査員(中野良子)としたところが中野ファンにはありがたいところです。そう、原作とは大きく違いますが、これでいいのだ、なのです。

さよならも言わずに消えた!

10月13日に3作目となる門田泰明原作「大病院が震える日(出演:加山雄三、村井国夫)」を放送。そして翌週にポーラ・ゴズリングの「逃げるアヒル」を原作とした「さよならも言わずに消えた!」が放送されます。
逃げるアヒル

逃げるアヒル

ポーラ・ゴズリング(著)

火曜サスペンス劇場「さよならも言わずに消えた!」
監督:石橋冠
脚本:清水邦夫
出演:桃井かおり、世良公則、原田芳雄
広告会社に勤める美貌のOLクレアは、ある日何者かに狙撃された。幸いにも軽傷ですんだが、追い打ちをかけるように彼女のアパートが爆発し、元恋人が巻き添えになって死んだ。まったく身に覚えがないクレアだったが、やがて、おぼろげな記憶の中から、数日前に言葉を交わした一人の男が浮かび上がった。彼こそ警察が血眼で追っている名うての殺し屋だったのだ。護衛についた元狙撃兵の刑事とともに逃避行に出たクレアに、暗殺者の執拗な銃口が迫る。熾烈な追撃戦をスリリングに描き英国推理作家協会賞新人賞を受賞した女流の傑作サスペンス。
ヒロインは桃井かおり。1975年のテレビドラマ「前略おふくろ様」での怪演で人気者となった桃井かおりは、80年代に入ると何故かイイ女へとイメージチェンジします。この作品でもそんな感じで、「前略おふくろ様」のイメージが強烈なだけに違和感を感じないでもない。ですが、それは、それだけ幅広い演技ができるということですね。

さよならも言わずに消えた!

翌週の27日に、若山富三郎、佐藤浩市が主演した小林久三原作の「父と子の炎」が放送され10月分は終了します。

女の中にいる他人

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2020/3/19 21:20

    火曜サスペンス劇場とは、これまで放送してきた夜9時代・10時代の連ドラ枠を廃止し、2時間ドラマに統一し、81年から24年間に渡って放送されました(当時の裏はなるほど!ザ・ワールド)。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今村昌平が約10年間温めた映画『ええじゃないか』江戸末期の騒動を描いた!

今村昌平が約10年間温めた映画『ええじゃないか』江戸末期の騒動を描いた!

1981年に松竹から公開された今村昌平の映画『ええじゃないか』。映画『復讐するは我にあり』のヒットにより、松竹との共同製作が可能になった。しかし、莫大な製作費をかけたが、興行的には失敗している。
ひで語録 | 2,586 view
「あぶない刑事」の名セリフ15選をYoutube動画とともに。

「あぶない刑事」の名セリフ15選をYoutube動画とともに。

「あぶ刑事」でタカとユージが連発した気障でクサいセリフ、最高でしたよね。休み時間に友達と真似したのもいい思い出。現代社会ではまず使えないセリフもありますが、名セリフ15選を東映ビデオのYoutubeと共にご覧ください。
「もっともあぶない刑事」オープニングのセリフこそバブル最盛期の男達の生き様。

「もっともあぶない刑事」オープニングのセリフこそバブル最盛期の男達の生き様。

数ある「あぶ刑事」シリーズのなかでも、テレビドラマシリーズの完成形としてバブル最盛期に公開された映画「もっともあぶない刑事」がお気に入りという方は多いことでしょう。オープニングから「あぶ刑事」ブランドが炸裂したこの作品、タカとユージのオープニングのセリフにこそバブル最盛期の男たちの生き様が投影されているかのようでした。
青春の握り拳 | 9,193 view
僅か33歳で夭折した俳優・金子正次。自身の為に書き残した名作ばかりの脚本が全部で5作あります。

僅か33歳で夭折した俳優・金子正次。自身の為に書き残した名作ばかりの脚本が全部で5作あります。

自ら脚本を書き、主演した映画「竜二」を残し、33歳という若さでこの世を去った金子正次。彼が残した脚本は死後、様々な俳優が演じヒットしました。本来であれば自分で演じたかったのでしょうけどね。作品はどれも名作。金子正次の魂がしっかりと宿っているんです。
obladioblada | 6,856 view
酒井和歌子の魅力。やっぱり彼女の笑顔にやられちゃうんですよねぇ。

酒井和歌子の魅力。やっぱり彼女の笑顔にやられちゃうんですよねぇ。

これほど嫌味のない美人ってそうそういるもんじゃありませんよ。酒井和歌子です。東宝の看板女優として活躍していた若い頃の笑顔もステキですが、80年代以降の濡れ場も演じるようになってからの笑顔、これが実にたまらんのです。
obladioblada | 3,618 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト