【広沢克己】ヤクルト、巨人、阪神の三球団で四番を務めた長距離砲
2016年11月25日 更新

【広沢克己】ヤクルト、巨人、阪神の三球団で四番を務めた長距離砲

池山選手、古田選手らと共にヤクルトの主力として活躍後、1994年オフにFA宣言で巨人に入団。その後阪神に移籍。 三球団で四番を打ち、それぞれの球団で優勝を経験した広沢克己選手についてのまとめ記事です。

3,932 view

●ヤクルトの黄金期を支える

明治大学時代、1984年に開かれたロサンゼルスオリンピックで野球日本代表チームの一員として出場し、金メダルを獲得。この時のチームメイトには和田豊、宮本和知、正田耕三、秦真司など後にプロで活躍する選手が沢山いました。
豪快なバッティングフォーム

豪快なバッティングフォーム

1984年のドラフト1位でヤクルトスワローズに入団。池山選手、古田選手と共に主軸を形成。
野村監督の下、ヤクルトの2度のリーグ優勝(うち1度は日本一)に貢献します。
先頭でペナントをもって一周する広沢選手

先頭でペナントをもって一周する広沢選手

ヤクルト在籍時に打点王のタイトルを2度獲得 (1991年、1993年)、ベストナインにも4度選出。 (1988年、1990年、1991年、1993年)このまま「ヤクルトの広沢」として球歴を終えるかと思われましたが…1994年オフにFA宣言し、1995年シーズンから巨人に移籍します。

●トラを獲ったつもりが…

広沢選手の本職は一塁手ですが、当時の巨人の一塁手には落合選手(1994年入団)、清原選手(1997年に巨人入団)らとポジションが重なる事もあり外野手として連続出場を続けていました。
落合選手と清原選手

落合選手と清原選手

「ポジションがかぶっているのにまだ獲る?」
としばしば巨人の補強は批判されますね。
ところが1996年開幕前に死球を受けて、骨折したことにより、連続出場も途切れます。
この年巨人はリーグ優勝を果たすのですが、広沢選手自身は38試合の出場に留まり、日本シリーズでもベンチ入りから外れる事に。巨人に移籍後、期待された成績を残せない広沢選手に対して心無い巨人ファンから「トラ(広沢選手の愛称)どころか猫じゃないか!」などとヤジられる事もしばしばあり、
この年のオフに広沢選手は自ら自由契約を申し出と言われるが、フロントに説得され残留。
復活を期した1997年は126試合に出場、打率.280とまずまずの成績を残します。
広沢選手の野球カード

広沢選手の野球カード

ところが、1999年4月29日の対ヤクルト戦(大阪ドーム)で川崎憲次郎投手からヒットを打ち出塁。すると、二塁への盗塁を試みるのですが、滑り込んだ時に右肩を脱臼。結局その後のシーズンを棒に振り、巨人を自由契約になります。

●代打の「仏様」

巨人を自由契約になった広沢選手に手を差し伸べたのは、かっての恩師、野村克也監督。
2000年に阪神に入団すると、主に代打の切り札として存在感を発揮します。チームメイトの八木裕選手が「代打の神様」と呼ばれていた事に対し、広澤選手の事を一部では「代打の仏様」とも呼ばれていました。ヤクルト、巨人のイメージが強かった広沢選手ですが、「お立ち台」で、阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」を熱唱した事をきっかけにして一気に阪神ファンに受け入れられます。
スタメンの4番打者として先発出場する事もまれにありました。
ちなみに2016年現在で、巨人と阪神の両球団で四番を打ったのは広沢選手のみです。

お立ち台にて…。

広沢選手がお立ち台で六甲おろしを歌います。
出典 youtu.be
星野監督の下でも優勝経験のある代打の切り札として活躍。リーグ優勝に貢献します。
広沢選手は、所属した3球団全てで四番を打ち、そして所属した3球団全てで優勝を経験したのです。
福岡ダイエーホークスとの第7戦で本塁打を放ち、この年限りで現役引退します。

広澤選手 現役最終打席代打ホームラン

出典 youtu.be

●広沢選手の今は?

現役引退後は、2006年に阪神の一軍打撃コーチに就任(2008年オフに退団)。
その後は関西地方の野球中継を中心に情報番組のテレビに出演しています。
関口宏のサンデーモーニングにて

関口宏のサンデーモーニングにて

22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 5,986 view
【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 50,645 view
【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 25,527 view
【ロベルト・ペタジーニ選手】ゴジラ松井に打ち勝った「最強助っ人」の一人

【ロベルト・ペタジーニ選手】ゴジラ松井に打ち勝った「最強助っ人」の一人

1998年に来日したヤクルトたぺタジーニ選手は、来日1年目から松井秀樹と壮絶な本塁打王争いを繰り広げる。松井選手が大リーグに行った後は読売ジャイアンツ、晩年はソフトバンクに在籍。3球団で活躍した彼の球歴を振り返る。
和尚 | 13,069 view
【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。
和尚 | 11,303 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト