【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・
2016年11月25日 更新

【野口茂樹】ドラゴンズ投手陣を支えたノーヒッターは「天敵」に移籍して・・・

ドラゴンズのエースとしてリーグ優勝に貢献し、最優秀防御率賞など数々の賞を受賞した野口投手。1996年にノーヒットノーランを達成するなど、特に巨人戦に強く「天敵」とも呼ばれた存在でした。その後、2005年にFAを宣言し、野口投手はその巨人に移籍するのですが・・・。

11,104 view

ノーヒットノーラン達成「巨人の天敵」へ

愛媛県立丹原高校から1992年にドラフト3位で中日に入団した野口投手は、入団3年目から一軍に定着。ペナントレースから脱落したチーム状況下において若手育成の観点から先発に起用されていきます。コントロールの悪さから自滅し、最終的には3勝10敗という成績だったものの、要所で三振を獲っていく投球に能力の片鱗は見せていました。
 (1580423)

そして入団4年目の1996年シーズンも野口投手は勝ったり負けたりを繰り返していましたが、8月11日東京ドームで行われた対巨人戦。コントロールに苦しみ、四死球6個を与えながらもノーヒットノーランを達成。この大記録を達成したのを機に、野球ファンにとっては野口投手の名前が強く印象付けられる事になるのです。

落合選手へ・・・

出典 youtu.be
ちなみに同じ年の8月31日ナゴヤ球場で行われた巨人戦で落合選手に死球を与えて骨折させてしまう事になり、巨人ファンにとっては「天敵」として意識される事になりました。

中日の大エースに

ノーヒットノーラン後、飛躍が期待された野口投手でしたが、その翌年肩を怪我し未勝利に終わります。1998年は宮田征典コーチの指導により、課題であったコントロールが飛躍的に改善。チーム最多タイとなる14勝(9敗)を挙げ、最優秀防御率のタイトル(2.34)を獲得。
野口投手(中日時代)

野口投手(中日時代)

翌年も19勝7敗の成績を残し、リーグ優勝に大きく貢献。野口投手は自他共に認めるドラゴンズのエースになっていきます。※19勝を挙げたものの、この年巨人に入団一年目の上原投手が20勝を挙げた為に最多勝は獲れず、野口投手は結局プロ生活で1度も最多勝を獲れませんでした。

1999年中日ドラゴンズ優勝決定

出典 youtu.be
2001年、野口投手は12勝(9敗)を挙げ、2度目の最優秀防御率のタイトル(1.01)と初の最多奪三振(187奪三振)を獲得するなどの活躍を見せましたが、この年をピークに次第に成績は下降していきます。(2002年2勝1敗、2003年9勝11敗、2004年4勝8敗、2005年3勝6敗)

巨人にFA移籍

そして2005年のシーズンオフに野口投手はFA権を行使。2年契約の年俸1億円で巨人に移籍します。
巨人の入団会見

巨人の入団会見

実績は申し分なく、特に巨人にとってはノーヒットノーランを達成されるなど「天敵」という存在だったものの、この様な「低評価」の契約に落ち着いたのは、野口投手が2年続けて不本意な成績に終わっていた事への評価の現れだと言えるでしょう。この契約に対して、2年1億でかってのドラゴンズの大エースを獲得できるなんて安い買い物だ、と言う意見と、もう終わった選手をFAで獲るなんて相変わらず巨人はFA補強が下手だと言う意見の真っ二つに別れていました。
小田選手

小田選手

ちなみにこのFAの人的補償として、小田幸平選手が中日に移籍する事になりました。巨人入りしたものの、先発投手陣に加わる事が出来なかった野口投手は2006年1試合のみの出場。勝敗つかずという成績に終わります。
巨人2年目・背番号は46番に

巨人2年目・背番号は46番に

翌2007年はリリーフに登板していたのですが、夏場以降は打ち込まれる事が多くなり、2008年に巨人から戦力外通告を受けました。

ちなみに人的補償で中日に移籍した小田選手が谷繁選手の貴重な控えとして働いていた事から、巨人はまたも「FAで失敗した」と批判される事になります。(結局小田選手は9年間中日に在籍します)
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 5,866 view
【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

【駒田徳広選手】「満塁男・駒田」が起こした球史に残る「二つの事件」を振り返る。

満塁の際、無類の強さを誇った「満塁男」・駒田選手。巨人のスター選手だった彼は選手生活の晩年・FA宣言をして横浜に移籍する。「来る選手はいても、FAで巨人を出る選手などいない」そう思われていた球界の常識を変えた選手だった。
和尚 | 49,490 view
【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

【槙原寛己選手】完全試合を達成した、伝説の「先発三本柱」の1人

1990年代の巨人には他球団が羨む先発投手が三人所属していた。 斎藤雅樹、桑田真澄と共に「先発三本柱」と呼ばれた男、槙原寛己投手。 抜群の成績を残しながら「エース」と呼ばれる事はなかった槙原投手の活躍を振り返る。
和尚 | 3,570 view
【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

【松本匡史選手】青い稲妻と呼ばれた巨人軍不動のトップバッター

俊足巧打、そして守備も抜群に上手い。青い手袋を身につけていた事から 「青い稲妻」と呼ばれた松本匡史選手は、正に理想的な一番打者だった。 1980年代の巨人軍を支えた松本選手の球歴を振り返る。
和尚 | 25,203 view
【赤堀元之】故障と戦い続けたバファローズの守護神

【赤堀元之】故障と戦い続けたバファローズの守護神

1990年代、150km/h近い速球を軸に、そこから出し入れする縦・横のスライダーを武器に近鉄バファローズの守護神として活躍した赤堀元之投手。晩年は怪我と戦い続けた彼の球歴を振りかえる。
和尚 | 5,975 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト