2017年3月28日 更新

永遠の名作、スターウォーズ・エピソードⅣ「新たなる希望」。初版VHSビデオの日本語字幕、そのヤバ過ぎる翻訳センスとは!

スターウォーズ・エピソードⅣ「新たなる希望」の初版VHSソフトの日本語字幕翻訳について、もう一度振り返ってみたいと思う。 今では当たり前となっている訳語が、まだ定着していなかったこの時代。初めて自分の家で眼にしたスターウォーズに、まさかこんな日本語字幕が!?

14,638 view
シリーズ新三部作のスタートとなる、エピソード7「フォースの覚醒」に続き、昨年はスピンオフ作品である「ローグ・ワン」も公開。更に今年はエピソード8「最後のジェダイ」公開が控えている、息の長い人気映画。それがミドルエッジ世代の永遠のバイブル、「スターウォーズ」シリーズだ!

思えば、自分が最初に眼にしたのは、1978年に劇場公開されたエピソードⅣの「新たなる希望」だった。未だにその衝撃と感動は我々の胸に刻み込まれて色褪せないのだが、幸い今ではDVDやブルーレイのソフト化と、高画質大画面TVの普及により、いつでも好きな時にあの感動を自宅で楽しむことが出来るようになっている。
これは当時の日本の雑誌に掲載されたイラスト。

これは当時の日本の雑誌に掲載されたイラスト。

なぜか、ハン・ソロがメインだが、荒すぎるイラストのタッチが、実に昭和っぽい。
だが、やっぱり思い出すのは、初めてVHSビデオを借りて見た時の、あのドキドキと感動!
そこで今回は、この「新たなる希望」の初版VHSソフトの日本語字幕翻訳について、もう一度振り返ってみたいと思う。
今では当たり前となっている訳語が、まだ定着していなかったこの時代。実はトンでもない日本語訳が出現するので、マニアの中にはこのVHSソフトを大事に保管していたり、また中古ソフト屋を探している方もいるくらいだ。

今や主流となりつつあるネット配信。それが始まる遥か昔の80年代、初めて自分の家で眼にしたスターウォーズに、まさかこんな日本語字幕が!?
さあ、今こそその思い出を振り返ってみよう。

まずは、有名なOPシーンから。

後の伝説は、この字幕から始まった!この部分の翻訳は、現...

後の伝説は、この字幕から始まった!この部分の翻訳は、現在と比べて余り変化は無い。

残念ながら、初版VHSリリースの時点で、既に「Epis...

残念ながら、初版VHSリリースの時点で、既に「EpisodeⅣ」の字幕が入ってしまっているのが、お分かり頂けると思う。

この初版VHSビデオでは、いわゆる「特別編」製作以前のバージョンで収録されているので、CG合成シーンやラストのXウイングによるデススター総攻撃など、今見ると多少安っぽい印象が強いのが残念だ。また、一部音楽や効果音も違っていたりするので、マニアの方はその辺りも聞き比べてみては?
これが当時リリースされた、記念すべき初版VHSビデオ!

これが当時リリースされた、記念すべき初版VHSビデオ!

なんと、紙のパッケージなのだが、レンタルビデオの黎明期、特に邦画のソフトは意外と紙パッケージが多かった。
こちらはその後再発されたビデオ。この時はプラスチックの...

こちらはその後再発されたビデオ。この時はプラスチックのパッケージに変更されていた。

この初版VHSソフトで目立つのは、TVの地上波放映では当たり前の、「ある親切な配慮」が、この時点で既に行われていること。

その配慮とは・・・、なんと、今どの場所で物語が展開しているか?視聴者にちゃんと字幕で教えてくれるのだ!

例えば、
『反乱軍宇宙艇・内部』の字幕

『反乱軍宇宙艇・内部』の字幕

映画冒頭、逃げる反乱軍の宇宙船を攻撃する帝国軍の戦艦、そこにいきなり現れるのがこの字幕だ!
現在のTV放映される洋画では違和感が無いが、市販ソフトでこの配慮はいかがなものか・・・。
『惑星タトウィーン』の字幕

『惑星タトウィーン』の字幕

脱出ポッドが不時着したのは、惑星タトウィーン。いまでこそ、スターウォーズに出て来る星の名前は知っていて当然だが、この当時はまだリテラシーが低かったのだ。
『ファルコン号内』の字幕

『ファルコン号内』の字幕

ハン・ソロの宇宙船の中で、フォースの訓練を受けるルーク。
確かに、この当時は宇宙船の内部だけでは、どの船かは判らなかったのかも?
『惑星ヤヴィン』の字幕

『惑星ヤヴィン』の字幕

反乱軍基地のある、惑星ヤヴィン。
確かに、この辺は字幕があると判り易いか?
などなど。

どうだろう?まるで日テレで放送中の映画でも見ているかの様な、このサービスっぷり!
まるで現在の洋画TV放映状況を、予言したかの様なこの日本独自の収録こそ、まさにコレクターにとってのマストアイテムと言えるだろう。

マニアが一番気になる訳語はどのように翻訳されていた?

さて、次はマニアが一番気になる部分。
現在ではもはや日本語化している様な訳語、「フォース」「ライトセーバー」「ジェダイ」などが使用されず、何故か無理に漢字の訳語が多用されている点だ!
果たして初版VHSソフトでは、どの様な日本語で訳されていたのだろうか?

まずはキャラクターの固有名詞から。

日本語字幕では、「砂男」

逃げたR2D2を心配する、ルークとC3PO。 しかし、...

逃げたR2D2を心配する、ルークとC3PO。 しかし、「砂男」って・・・。

原語の「サンドピープル」を直訳して「砂男」となったようだ。

原語の「サンドピープル」を直訳して「砂男」となったようだ。

公開当時の出版物では、「タスケンレイダー」と紹介されることが多かったが、現在のソフトでは「サンドピープル」に統一されている。
現在の字幕では、もちろん「砂の民・サンドピープル」に修正されている。

日本語字幕では、「ロボット」

これも公開当時の認識を良く現した字幕だと言える。

これも公開当時の認識を良く現した字幕だと言える。

原語では「ドロイド」なのだが、この当時は細かい区分の認識がまだ存在せず、人間に似た機械=ロボットだったのだ。
これは、わざとチューバッカにチェスで負けろ、とハン・ソ...

これは、わざとチューバッカにチェスで負けろ、とハン・ソロに言われてC3POが返したセリフ。

この部分、C3POの性格を良く現した「名訳」だと言えるだろう。
現在では「ドロイド」に統一されている。

日本語字幕では、「大猿」

「大猿」って・・・。いくらなんでも見たまんまじゃないか。

「大猿」って・・・。いくらなんでも見たまんまじゃないか。

ちなみに、ハン・ソロはちゃんと「チューイー」と言っている。

ちなみに、ハン・ソロはちゃんと「チューイー」と言っている。

自分の相棒を「大猿」とは呼ばないと思うのだが、チューバッカの愛称に対する日本人の認識が薄かったこの頃、判り易い言葉として選んだのだろうか?
これも、現在では「ウーキー族」に修正されている。

日本語訳字幕では、「機動歩兵」

エピソードⅣの中でも、屈指の色っぽいシーン!

エピソードⅣの中でも、屈指の色っぽいシーン!

ちなみにレイア姫は拷問を受けた後なのだが、にも関わらずこの様な皮肉を言える余裕、さすがはお姫様だ!
当然ここでの機動歩兵とは、ストーム・トゥルーパーのこと。
現在この部分の字幕は、なんと「チビッコ部隊」!

続いて、有名過ぎる用語から。

日本語字幕では「光速圏」

ハイパースペースという訳語が完全に定着している現在では...

ハイパースペースという訳語が完全に定着している現在では、「光速圏」という言葉の選び方と語感に惹かれる部分もあったりする。

現在のソフトでは、もちろん「ハイパースペース」に統一。

そして、いよいよ最重要単語である「フォース」「ライトセーバー」「ジェダイ」!

日本語字幕では「光線剣」に「共和騎士」

光線剣に共和騎士。確かに言いたいことは判るのだが・・・。

光線剣に共和騎士。確かに言いたいことは判るのだが・・・。

これは当然、「「ライトセーバー」と「ジェダイ」に修正されている!

日本語字幕では、「理力」

現代風に言い換えると、「フォースのダークサイド」。

現代風に言い換えると、「フォースのダークサイド」。

うーん、やはりカタカナ表記の方が、しっくり来る。
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

5月4日「スター・ウォーズの日」&公開40周年記念グッズ、郵便局で販売開始!

5月4日「スター・ウォーズの日」&公開40周年記念グッズ、郵便局で販売開始!

5月4日の「スター・ウォーズの日」と公開40周年を記念したグッズが郵便局で発売されます!特製フレーム切手の他、人気キャラクター総勢25体のアクリルスタンド、数量限定の金・銀・プラチナ商品など、W記念日に相応しい豪華ラインナップをゲットしよう!
「スター・ウォーズ」が日本の伝統芸能とコラボ!重要無形文化財を用いた木版画コレクションがスタート!

「スター・ウォーズ」が日本の伝統芸能とコラボ!重要無形文化財を用いた木版画コレクションがスタート!

株式会社ヒキダシが、映画「スター・ウォーズ」シリーズの世界を、日本が誇る伝統的工芸品である手すき和紙に落とし込んだ木版画作品、「スター・ウォーズ 木版画コレクション」の展開をスタートさせた。
『スター・ウォーズ』で熱いキスを見せたレイア姫とソロ。撮影期間中は”不倫関係”にあったことが明らかに!

『スター・ウォーズ』で熱いキスを見せたレイア姫とソロ。撮影期間中は”不倫関係”にあったことが明らかに!

1977年にSF映画の金字塔『スター・ウォーズ』にレイア姫役で出演した女優キャリー・フィッシャーが、ハン・ソロ役の俳優ハリソン・フォードと当時不倫関係にあったことをバイオグラフィー著書『The Princess Diarist(原題)』で明かしたという。
【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

【スターウォーズ(エピソード5)帝国の逆襲】悪役(?)でもダースベイダーがかっこ良すぎて…!

 「スターウォーズ帝国の逆襲」(当時)は、先の「スターウォーズ」シリーズの第二段として1980年に公開されました(現在では「ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第2章『エピソード5』」。子供も大人も楽しめる、笑える話や壮大な宇宙のドラマ、そして、かっこよかったハン・ソロにダースベイダー…今一度、ふりかえってみます。(トヨタ プリウスCMもみつけました)
Yam | 2,520 view
スター・ウォーズ、登場人物ごとのライトセーバーの違い

スター・ウォーズ、登場人物ごとのライトセーバーの違い

2015年冬に、スター・ウォーズファンが待ちに待ったエピソード7が公開され、2019年まで毎年、新作が出ることが決まっており、ブームがとどまることを知らないスター・ウォーズ!ファンの多くがヨーダやケノービなどが活躍する初期エピソードが好きな人が多いと思います。
yt-united | 8,998 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト