京極夏彦と《百鬼夜行シリーズ》を抑えるための9作品
2017年6月21日 更新

京極夏彦と《百鬼夜行シリーズ》を抑えるための9作品

この世には不思議なことなど何もないのだよ―― 古本屋にして陰陽師の《京極堂》こと中禅寺秋彦。気弱な小説家、猿とあだ名される関口巽。破天荒な探偵、榎木津礼二郎。東京警視庁捜査一課巡査部長、旦那こと木場修太郎。直木賞作家、京極夏彦のデビュー作含めた《百鬼夜行シリーズ》を読む際は肩こりに注意。

4,714 view
狂骨の夢(1)

狂骨の夢(1)

 なんか堂々と表紙になっていますが、京極堂さんだいぶ登場回数減っていたような

鉄鼠の檻(1996年)

忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」……。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者――骨董屋・今川、老医師・久遠寺(くおんじ)、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹(きょさつ)=明慧寺(みょうけいじ)に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第4弾!
鉄鼠の檻

鉄鼠の檻

 文庫版で1376ページ。着々と太っています。

 百鬼夜行シリーズのひとつの魅力に《ヒロイン》があるのですが、この作品は禅寺が舞台なので必然的に女性の出番が少ないです。だからこそ《山中駆ける振袖の童女》の異様さが際立ちますが。

 この作品は漫画版がまだありません。というのも、
 とのこと。

絡新婦の理(1996年)

 聖ベルナール女学院にとびかう《悪魔》の噂。
 ソレは願えば人殺しでも行う。
 ソレには僕(しもべ)が存在している。
 ソレは《蜘蛛》と呼ばれている。

 一方、釣り堀の主である伊佐間と骨董屋の今川は《織作家》を訪れていた。女系家族の織作家には紫、茜、葵、碧からなる四姉妹がおり、うち碧は聖ベルナール女学院の2年生。茜の婿は聖ベルナール女学院の理事長であった。
 《蜘蛛の巣屋敷》とあだ名される織作家と聖ベルナール女学院の《蜘蛛》を、京極堂は退治することができるのか。
絡新婦の理

絡新婦の理

 2作ぶりの女学院もの。文庫版で1408ページ。絶好調。
 個人的にはシリーズのなかでも屈指の作品かなと思っています。「魍魎の匣」と迷いますが、織作家の姉妹たちがたいへん魅力的。

 これも漫画が存在しています。
絡新婦の理(1)

絡新婦の理(1)

塗仏の宴 宴の支度(1998年)

 中禅寺敦子が連れ去られた!
 頼り榎木津と木場は行方不明。関口が役立たずなのはいつも通りとしてもなんと逮捕までされてしまう。

 自称郷土史家、流浪の物書きの堂島静軒は言う。
「世の中には不思議でないものなどないんですよ。ここに私がいることも、そこにあなたがいることも、不思議と云えば皆不思議だ」
塗仏の宴 宴の支度

塗仏の宴 宴の支度

 ダイエットに成功しました。文庫版で994ページです。

 《絡新婦》が百鬼夜行シリーズのひとつの集大成に感じられるのは、《塗仏》が特殊な展開だからかもしれません。
 それぞれの章で登場人物ががらりと変わる短編的な構造。厚さの割には読みやすい、という評判があります。
塗仏の宴 宴の始末

塗仏の宴 宴の始末

 いわゆる解決編。
 文庫版で1088ページです。あわせると2082ページ。ダイエットとはなんだったのか。

陰摩羅鬼の瑕(2003年)

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

漫☆画太郎が描いた有名人の似顔絵がキョーレツ過ぎて面白い!!

漫☆画太郎が描いた有名人の似顔絵がキョーレツ過ぎて面白い!!

『珍遊記』で有名なマンガ家・漫☆画太郎先生が描く、有名人の似顔絵をまとめました。理屈抜きに笑える似顔絵ばかりです!!
鼻から牛乳 | 435,667 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト