【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その3)
2018年5月7日 更新

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その3)

1992年10月28日に発表された、B'zのアルバム「RUN」。フルアルバムとしては初期のB'zの集大成とも呼べるアルバムだと思います。このアルバム「RUN」から、今回は7曲目以降を振り返りたいと思います。

2,186 view

以前の記事はこちらです。

Amazon | RUN | B’z, KOHSHI INABA, TAKAHIRO MATSUMOTO, MASAO AKASHI | J-POP | 音楽

2,268
RUNがJ-POPストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
1. THE GAMBLER
2. ZERO
3. 紅い陽炎
4. RUN
5. Out Of Control
6. NATIVE DANCE
7. MR.ROLLING THUNDER
8. さよならなんかは言わせない
9. 月光
10. Baby,you’re my home
今回は、7曲目「MR.ROLLING THUNDER」から10曲目「Baby,you’re my home」までを振り返ります。

7. MR.ROLLING THUNDER

この曲は、これまでの6曲の要素がまとめてミックスされているように感じます。
特に、1曲目のTHE GAMBLERと、6曲目のNATIVE DANCEのミックス感が強く現れています。
転がる雷のように激しく、しかし稲妻の行先もわからない、というイメージが、自由闊達で魅力的な男の様子をよく表しているようです。
「ROLLING」という意味は、「転がる」としか覚えていませんでしたが、ROLLINGという言葉自体に、雷のとどろきという意味があるようです。「転がる雷って何だろう?」と、当時は思っていました。
主な意味
ころがすこと、回転、(船・飛行機などの)横揺れ、(波の)うねり、(地面の)ゆるやかな起伏、(雷などの)とどろき

[B'z]MR. ROLLING THUNDER

「僕らは真っ赤な大地の 聖なる割れ目の中から 生まれた きっと」というフレーズはなんともセクシーな表現ですね。
基本的に6曲目の「NATIVE DANCE」と、世界観は共通な作品ではないかと思います。
NATIVE=原始的な、という意味ですので、「生まれた」という言葉も、余計なものは一切つけずに、原始的なもの、という意味で、雷もそういう意味では自然界のものそのものという、原始的な意味合いがありそうです。
この2曲は、「グジグジ考えていないで、どうせ俺らは何も持たずに生まれてきたんだし、雷のようにとてつもないパワーを、計算ずくではなく思ったところに打ち込もうぜ!」というロック魂を歌った曲だと思います。

B'z MR. ROLLING THUNDER ギターコピー

この曲では、上の動画を参照していただくとわかるかもしれませんが、「ドラム」が一番重要な楽器としてアレンジされているように感じます。
動画はギターですが、バックグラウンドでドラムの重低音がバンバン効果音として存在感を発揮しています。
「雷の持つbeat感」を重低音で表しているのでしょう。

8. さよならなんかは言わせない

これは名曲。beatというよりメロディアス。
中3の教科書に載せてよ!ってくらい名曲です。
実際教科書に載っているかいないかはわかりませんが(多分載ってはいないと思います。)、卒業式で歌ったという人も多いようです。
多分世の中の人ではこの曲を知らない人のほうが人数では多いと思いますが、「贈る言葉」並みに素晴らしい曲だと思いますね。
この曲を「卒業ソング」として見た場合、卒業式を境にもう会わない、過去の人になるのではなく、「さよならなんかは言わせない 弱音を吐くならさあ聞いてやる」と、「これからも面倒を見続けてやるぞ。よろしくな!」という意思が伝わってきますね。

B'z - Sayonara Nankawa Iwasenai さよならなんかは言わせない (Live Ripper)

曲もすごいですが、何が凄いって、この動画での稲葉さんの運動量。
ステージを駆け回ってもまったく小さくならないボリュームのボイス。
一瞬「これ口パクだろ?」と思ってしまいますが、「yeah!」とか、掛け声もきちんと入っているので、そんなことはないでしょう。
これが稲葉さんの魅力ですね。

※ ちなみに、この動画での明石昌夫さんビューポイントは、3分40秒後です(笑)。

9. 月光

ここまでbeatをバンバン鳴らして8曲を聴いた後に流れてくるこの「月光」は、打って変わってしっとり、ゆったりとした、今までの熱さをクールダウンさせてくれる曲です。
この曲のキモは、やっぱり松本さんのギター。
超絶ギターを炸裂させるだけではなく、こういった「ギター自身が語る」ような弾き方が出来るのも、松本さんの魅力です。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その2)

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その2)

1992年10月28日に発表された、B'zのアルバム「RUN」。フルアルバムとしては初期のB'zの集大成とも呼べるアルバムだと思います。このアルバム「RUN」から、4曲目の、アルバム表題曲でもある「RUN」から6曲目「NATIVE DANCE」までを振り返ります。
ジバニャンLOVE | 3,395 view
【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その1)

【B'z初期の集大成とも呼べるアルバム】「RUN」を振り返る。(その1)

1992年10月28日に発表された、B'zのアルバム「RUN」。フルアルバムとしては初期のB'zの集大成とも呼べるアルバムだと思います。このアルバム「RUN」から、今回は冒頭の3曲を振り返ります。
ジバニャンLOVE | 5,252 view
1990年リリース B'z の『RISKY』を振り返る

1990年リリース B'z の『RISKY』を振り返る

私が中学の時に散々聴いたB'z の『RISKY』を、シンプルに振り返りたいと思います。思い出深いアルバムという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
つきねこ | 2,202 view
聴きなおしシリーズ!【1992年・平成4年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1992年・平成4年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この1992年のヒット曲は、私にとってドンピシャな年でして、知ってる曲が多い年になります。皆さんにもきっとヒットする曲がランクインされていると思いますので、是非一度聴きなおしてみて頂きたいと思います(^^)/
つきねこ | 5,404 view
ドリーム・シアターが1992年の名盤「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを開催!11月に独占放送決定!

ドリーム・シアターが1992年の名盤「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを開催!11月に独占放送決定!

プログレッシブ・メタルバンドの代表格「ドリーム・シアター 」。1992年に発売したヒットアルバム「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを日本武道館で公演。11月にWOWOWで放送される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト