珍プレー・好プレー誕生のきっかけ!「宇野ヘディング事件」
2017年12月15日 更新

珍プレー・好プレー誕生のきっかけ!「宇野ヘディング事件」

30年以上続く名物番組『プロ野球 珍プレー好プレー』。同番組といえば、みのもんたのナレーションでお馴染みですが、この小気味よいアテレコは『宇野ヘディング事件』によって誕生しました。今回はそんな歴史に名高い、球界屈指の名場面について振り返っていきたいと思います。

1,874 view

「珍プレー好プレー」といえば、やっぱりみのもんたのナレーション!

11月26日(日)に放送された「ニチファミ!・中居正広のプロ野球 珍プレー好プレー大賞2017」(フジテレビ系・21時)が、平均視聴率11.0%をマークしたことが分かりました。中居クンが司会をつとめる体制になってから早7年。いまではこの元SMAPリーダーが番組の象徴のように君臨していますが、かつて、「珍プレー好プレー」のシンボルといえばみのもんた一択でした。
中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞

中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞

彼が繰り出す珍プレーのナレーションは名人芸の域。台本なしのアドリブで映像にアテレコしていくというそのしゃべりの軽妙さ・テンポの良さは、そんじょそこらの素人が上げている「実況動画」などとは天と地ほどの差があります。過去には行き過ぎたナレーションをしてしまい、批判されることもありましたが、それでも、みのの声があってこそ、「珍プレー好プレー」と考える往年の視聴者は多いに違いありません。
みのもんた

みのもんた

「宇野ヘディング事件」へのアテレコが、「珍プレー好プレー」を生んだ

そんなみのもんたのナレーション、もとい、『プロ野球珍プレー・好プレー』が誕生したきっかけとなったのが、「宇野ヘディング事件」でした。『プロ野球ニュース』(フジテレビ系)のキャスターだったみのは、ある時、この事件の一部始終を収めたVTRにふざけてアテレコしていたところ、当時の担当ディレクターが「いいね!それ!」と気に入り、ほどなくして番組化したという経緯を持ちます。つまり、みののナレーション、もとい、「宇野ヘディング事件」なくして、こんにちに至るまで30年以上続く「珍プレー好プレー」という人気コンテンツは存在しえなかったのです。

「月曜ドラマランド・野球狂の詩」内のプロ野球ニュース 1985年

そもそも、宇野ヘディング事件とは?

宇野ヘディング事件…。単なる野球選手のエラーがこれほどまでに仰々しいネーミングで呼ばれているのには、そのたった一瞬の出来事が、あまりにも衝撃的だったからに他なりません。
時は、1981年(昭和56年)8月26日。舞台は後楽園球場。読売ジャイアンツ‐中日ドラゴンズの第19回戦において、事件は起こりました。7回裏。試合は2-0で中日のリード。中日先発・星野仙一は、2安打・無得点の完璧なピッチングを披露します。前の試合までに巨人は、連続試合得点記録158試合を達成したこともあり、その記録を止めるのは俺だ!と息巻いていた彼にとって、この試合はなんとしても完封で〆たい一戦でした。
星野仙一

星野仙一

緊張感あふれる状況で生まれた“奇跡のワンプレー”

7回裏も2死1塁までこぎつけて、迎えるバッターは1番・松本匡史に代えて、代打・山本功児。星野の投じたストレートにかろうじて、バットを当てるも、打球は完全なる打ち損じ。力なくフワッとショート後方へと舞い上がります。

捕球の構えに入ったのは、遊撃手の守備についていた宇野勝。現役通算338本塁打、1984年にはHR王にも輝いた右の強打者です。

バックステップで飛球を追いかけた宇野でしたが、グラブでボールを掴もうとした刹那、ナイター照明が目に入ってしまい、目測を誤ってしまいます。飛球は本来落下点であるはずのグローブをかすめて、あろうことか宇野の脳天に直撃!ボールは勢いよく跳ね返ってフィールドを転々。
その間に、一塁走者・柳田真宏はホームイン。山本功児もランニング・ホームランを狙いましたが、必死の中継プレーの甲斐あって、なんとか、ホームでタッチアウト。

試合はかろうじてこのまま2-1で中日が逃げ切りましたが、完封を逃した星野はグラブを叩きつけて悔しがったといいます。

宇野ヘディング事件

事件から5年後には自伝『ヘディング男のハチャメチャ人生』を発表

このエラー。仮に大量得点差がついたどちらかの敗戦確実なゲームで起こっていたとしたら、これほどまで取り上げられなかったでしょうし、面白さも半減していたに違いありません。1点を争う好ゲームで飛び出したまさかの失策だったがために、故・2代目桂枝雀が提唱していた「笑いの緊張と緩和」よろしく、大きな笑いを生じさせたのでしょう。

宇野本人としては、ただのエラーを大げさにいじられて当初はそうとう嫌だったみたいですが、すぐにこの事件がらみでフューチャーされることを受け入れるようになり、1986年には『ヘディング男のハチャメチャ人生』なる自伝まで発表しています。

30年以上たった今もなお、先述の「珍プレー好プレー」において、“お約束の名シーン”的に何度も再放送されているこの宇野ヘディング事件。これ以上に、衝撃的かつ笑撃的な失策は、今度、なかなかお目にかかることはないでしょう。
ヘディング男のハチャメチャ人生

ヘディング男のハチャメチャ人生

(こじへい)
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

「プロ野球珍プレー・好プレー集」で何度もお茶の間を釘付けにした宇野勝。彼は遊撃手(ショート)として初めて40本塁打を記録した大打者であり、抜群の守備センスを持った類い希なる名遊撃手。にもかかわらず、ついにあだ名はヘディング男。「宇野ヘディング事件」きっかけで「プロ野球珍プレー・好プレー集」番組が生まれてしまったことが、宇野勝選手の悲劇だったのかもしれません。
青春の握り拳 | 16,773 view
【リーグ優勝の瞬間】中日ドラゴンズ編

【リーグ優勝の瞬間】中日ドラゴンズ編

まだクライマックスシリーズ制度が導入されていない頃、ペナントレースが今よりもずっと価値があった頃、各球団のリーグ優勝決定の瞬間、その年の戦いぶりをご紹介しています。今回は中日ドラゴンズのリーグ優勝決定の瞬間(1974、1982、1988年)を集めてみました。
和尚 | 1,845 view
【宇野勝】元祖!「記録よりも記憶に残る」名選手

【宇野勝】元祖!「記録よりも記憶に残る」名選手

プロ野球ファンで「記録はイチロー君にまかせて、僕は記憶に残る選手」という名言を残した新庄剛選手の事を知らない方はいないでしょう。ところが「記憶に残る選手」にも大先輩がいたんですね。その一人が宇野選手です。1984年の掛布との熾烈なホームラン王争いを繰り広げたり、ベストナインに3回も選出されていながらみんなの「記憶」には全く別な宇野選手が焼き付いています。プロ野球の面白さを120%教えてくれた、名選手。
TheLineKing | 3,370 view
中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,373 view
日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本のプロ野球史で5人しかいなかった!助っ人外国人なのに捕手だった選手!

日本プロ野球80年の歴史において、これまで数えきれないほど多くの助っ人外国人が活躍してきました。しかし、しかし、捕手として選手登録された外国人選手は、これまでにわずか5名しかいません。そんな世にも珍しい外国人捕手の歴史を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,433 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト