闘将星野仙一投手を本気で怒らせた「宇野ヘディング事件」
2022年4月17日 更新

闘将星野仙一投手を本気で怒らせた「宇野ヘディング事件」

宇野ヘディング事件と呼ばれたアクシデント。時は1981年8月26日、場所は後楽園球場で起こりました。中日ドラゴンズが対戦していたのがホームチームの読売ジャイアンツ。この試合で、中日ドラゴンズ所属の宇野遊撃手がしてしまったエラーなのですが、普通なら試合中のワンプレーで納まるところが、闘将・星野仙一が投げていた上に、激怒を起こさせてしまったことで話題となりました。

2,695 view

連続試合得点記録更新中の巨人

プロ野球、伝説のヘディング事件

星野仙一投手と宇野遊撃手に災難が降りかかった試合は、巨人が前シーズンから連続試合得点を継続していて、この日は159試合目。中日の先発は星野仙一で、この連続得点記録に対し、自分で止めると気迫満々で試合に臨んだのです。

星野の言葉通り、素晴らしい快投で巨人打線を沈黙させていました。6回終了時点で、打たれたヒットは僅かに2本だけ。もちろん得点も許さず、巨人打線を完璧に抑え込んでいたのです。そして中日が2点を勝ち越した7回裏、巨人の攻撃はツーアウトでランナーが2塁にいました。ここで巨人の監督藤田元司は、代打に山本功児を送り出してきます。しかし、星野の気迫に押された山本の打球は、力の無くショート後方へ上がったポップフライとなりました。

中日のショート宇野は、後退しながら捕球体勢に入ります。レフト大島康徳も、宇野のすぐ後方にまで前進してきますが捕球は宇野に任せます。打球を確認した星野は、捕球を確信して三塁側ベンチへ引き揚げかけていました。観客の中には席を立ちかける者もいたくらいです。

野球でヘディング

宇野勝スーパーヘディング事件と星野仙一投手【フル】

しかしここで、目を覆いたくような出来事が起きるのです。捕球体勢に入っていたはずの宇野がなんとエラー。捕球に失敗しただけでなく、ボールが宇野の右側頭部に当たってしまうのです。サッカーのヘディングのような感じで、ボールは大きく弾んでレフトフェンス近くにまで転がっていきました。宇野は頭を押さえてうずくまり、カバーに入っていた大島は慌てて打球を追いかけます。

三塁側のベンチに戻りかけていた星野は、思いもよらぬアクシデントにサードとホーム間で呆然としていましたが、すぐにバックアップをするためホームの後方へと走ります。キャッチャーの中尾孝義は、セカンドランナーが一気にホームインするのを、ただ見つめるだけでした。ようやく大島が打球を処理、セカンドの正岡から中尾へ懸命のバックホームがされ、打者走者の山本は本塁寸前でタッチアウトとなりました。結局思わぬプレーのおかげで、巨人の連続試合得点は159試合を記録したのでした。

この突然の出来事に球場は騒然となり、席を立ちかけていた観客も、再び着席して観戦を再開します。一気に本塁まで走ってきた山本がアウトになったことで、なんとか同点は防げたものの、記録を阻止できなかった星野は激怒。カバーに入っていた星野は、グラブを地面に叩きつけて悔しがりました。結局その試合は、両軍無得点のままで中日が2-1で勝利。星野は完封こそ逃しましたが、見事な投球を披露して、9回1失点(自責点0)で完投勝利を収めたのでした。

あとでカラダ空けとけ! 

 (2353941)

試合後、鬼の形相で「あとでカラダ空けとけ!」と怒りも最高潮の星野に対し、宇野は必死で「空いてません!」と防戦するのが精一杯。ただ、後年になってからの宇野のコメントで、宇野を心配した星野から「メシでも食いに行くか」と誘われたが、ちょうど兄が田舎から来ていたのでお断りをした述べています。さすが星野さんですね。

翌日のスポーツ新聞の1面は、宇野のヘディングで持ちきりになっていました。これを見た星野は、「俺の一面を宇野に取られた」と苦笑しながら話していたそうです。アクシデントの後、グラブを叩きつけた星野は取材陣に対し、あの時の怒りは宇野に対してのことではなく完封が消えたことが悔しかったためと語っています。とは言っても、怒りのもう一つの原因として、同僚の小松辰雄と先に巨人を完封した方が勝ちという10万円の賭けをしていたそうで、結果的に宇野のエラーで完封を逃したのでした。

このプレーがきっかけになり、一夜にして時の人となった宇野。多くの報道陣が詰め掛けて、取材申し込みが相次いだそうです。更にこのプレーがフジテレビのプロ野球ニュースで放映され、シーズン後の「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」が人気となりました。宇野自身も珍プレーの元祖として、番組に出演しています。

ヘディング事件の真実

 (2353942)

話題になったこのプレーについて宇野は、翌日の新聞に記事になるのは覚悟していたそうですが、宇野 ヘディング事件と書かれた「事件」の文字が相当に堪えたそうです。そもそもあのようになった原因は、スパイクの歯が人工芝に引っ掛かりそうになったためだったそうで、「事件」という表現には嫌な響きを感じた感想を述べています。

巨人はその後、同年の9月21日ナゴヤ球場で行われた対中日ドラゴンズ22回戦で完封負けを喫しましす。この日で遂に連続試合得点終了したのです。記録は174試合、それにしてもすごいですね。因みにこの試合で完封をしたのは小松辰雄投手。そうです、星野仙一の賭けの相手でした。これも運命でしょうか。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

珍プレー・好プレー誕生のきっかけ!「宇野ヘディング事件」

珍プレー・好プレー誕生のきっかけ!「宇野ヘディング事件」

30年以上続く名物番組『プロ野球 珍プレー好プレー』。同番組といえば、みのもんたのナレーションでお馴染みですが、この小気味よいアテレコは『宇野ヘディング事件』によって誕生しました。今回はそんな歴史に名高い、球界屈指の名場面について振り返っていきたいと思います。
こじへい | 2,280 view
【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

【プロ野球珍プレー職人】元中日の宇野勝といえば伝説のヘディング事件!みのもんたのナレーションもお約束でしたね!!

「プロ野球珍プレー・好プレー集」で何度もお茶の間を釘付けにした宇野勝。彼は遊撃手(ショート)として初めて40本塁打を記録した大打者であり、抜群の守備センスを持った類い希なる名遊撃手。にもかかわらず、ついにあだ名はヘディング男。「宇野ヘディング事件」きっかけで「プロ野球珍プレー・好プレー集」番組が生まれてしまったことが、宇野勝選手の悲劇だったのかもしれません。
青春の握り拳 | 19,003 view
怪物【江川卓】が世の中を騒がせた事件あれこれ!!

怪物【江川卓】が世の中を騒がせた事件あれこれ!!

「空白の1日」「江川問題」は世間を騒動に巻き込み、「江川る(えがわる)」という言葉をも生んだ。並外れた投手・江川は、怪物として甲子園に登場した時から世の中を騒がし続けた。そんな江川が引き起こした事件を選んでみた。
tiro | 15,715 view
創刊43年、500号を迎える「ムー」!『オカルト編集王 月刊「ムー」編集長のあやしい仕事術』が好評発売中!!

創刊43年、500号を迎える「ムー」!『オカルト編集王 月刊「ムー」編集長のあやしい仕事術』が好評発売中!!

株式会社学研プラスより、2022年7月号で創刊500号を迎える「ムー」の5代目編集長に就任した三上丈晴氏がオカルト編集のすべてを語る書籍『オカルト編集王 月刊「ムー」編集長のあやしい仕事術』が現在好評発売中です。価格は1540円(税込)。
隣人速報 | 261 view
シノラーとして人気を博した篠原ともえの現在は?テレビでの露出が減るきっかけとされる台湾事件とは?

シノラーとして人気を博した篠原ともえの現在は?テレビでの露出が減るきっかけとされる台湾事件とは?

1990年代に奇抜なファッションと明るいキャラクターで人気を博した篠原ともえさんですが、突然芸能界から姿を消します。干されたのでは?などの憶測も呼んでいましたが、実際はどうなのでしょうか。また原因として挙げられている台湾事件とは一体なんだったのか?そして篠原ともえさんの現在についてもご紹介します!
そうすけ | 1,669 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト