【大型トレード】どっちがトクした!?落合を獲得した中日?牛島・上川を獲得したロッテ?
2023年2月2日 更新

【大型トレード】どっちがトクした!?落合を獲得した中日?牛島・上川を獲得したロッテ?

1986年のプロ野球オフシーズンには、パ・リーグの三冠王が動く大型トレードがありました。ロッテ(落合博満)と中日(牛島和彦、上川誠二、平沼定晴、桑田茂)のトレードです。パ・リーグの三冠王1人に4人が動いた大型トレード。中日とロッテ、果たしてどちらのチームがトクしたのでしょうか?

1,276 view

ロッテと中日の大型トレード

1986年のオフ、ロッテの落合博満は、恩師の稲尾和久監督の退任に伴い、自らも退団を希望します。一方、中日で就任したばかりの星野仙一監督は落合を熱望。星野の働きかけで、大型トレードが実現します。対象者は次の通りです。
ロッテオリオンズ(1名) 中日ドラゴンズ(4名)
落合博満(内野手) 牛島和彦(投手)
上川誠二(内野手)
平沼定晴(投手)
桑田茂(投手)

ロッテ→中日(1名)

落合博満

落合博満は当時、3度の三冠王を獲得したパ・リーグを代表する大打者で、1986年はその3度目の三冠王を獲得したばかりの年でした。特に、1985〜1986年は2年連続の獲得で、1985年は、打率.367、52本塁打、146打点1986年は、打率.360、50本塁打、116打点と数字も文句なしの記録。ロッテにすれば、落合をトレードに出す理由は一つもありませんでした。しかし、当時の監督だった稲尾和久が解任されると、稲尾を師と仰ぐ落合は不満を抱いて退団を希望。中日・星野仙一監督も落合獲得に強く動いたことから、世紀の大トレードが実現しました。

セ・リーグに移っても落合の活躍は変わらず、一年目の1987年から数字を残します。打率は、トップとわずか2厘差の.331で3位。また、前年に続いて、最高出塁率のタイトルを獲得し、チームは前年5位から2位へと躍進します。そして翌1988年も安定した活躍で、チームのリーグ優勝に貢献しました。名将・星野監督にとって、初めてのリーグ優勝です。

その後はさらに成績を伸ばし、1989年に打点王1990年に本塁打と打点の二冠1991年に本塁打王を獲得しました。両リーグ打点王両リーグ本塁打王は、落合が史上初です。中日には、1993年まで在籍。その年のオフにFA権を行使し、巨人に移籍しています。
中日時代の落合博満

中日時代の落合博満

中日→ロッテ(4名)

牛島和彦

牛島和彦は、高校時代は甲子園で活躍した浪商高のエースで、バッテリーを組んだ香川伸行と共にプロ入りしました。プロ入り後は、中日の抑えの切り札として活躍。1982年は7勝17セーブを挙げ、リーグ優勝に大きく貢献しました。1984年にも最多セーブを記録。その後は、先発・リリーフの両方をこなしますが、その活躍ゆえに落合のトレード相手として白羽の矢が立ちました。

ロッテでも、一年目から抑えの切り札として大活躍。1987年には、2勝24セーブ最優秀救援投手のタイトルを獲得すると、翌1988年は1勝25セーブで最多セーブを記録します。そして、3年目の1989年には先発に転向し、今度は12勝を挙げる活躍を見せました。その後は、持病や怪我で登板機会が減少。1993年、32歳の若さで引退しています。
ロッテ時代の牛島和彦

ロッテ時代の牛島和彦

上川誠二

上川誠二は、1982年に社会人野球からドラフト外で中日に入団。一年目から一軍で99試合に出場し、その年のリーグ優勝に大いに貢献します。西武との日本シリーズでは、全試合に出場し、21打数6安打6打点と大暴れ。敗れはしたものの、中日で最も活躍した選手に贈られる敢闘賞を受賞します。1984年にはリーグ11位の打率.309するなど、強打者として活躍しました。

ロッテでも、移籍初年から出場機会を得て活躍。1989年はギリギリ規定打席に到達しなかったものの、打率.285、12本塁打、43打点と自身最高の成績を残します。その後は出場機会が徐々に減少し、1993年オフに引退。引退後は、ロッテと古巣中日の両方で二軍コーチを務めました。
ロッテ時代の上川誠二

ロッテ時代の上川誠二

平沼定晴

平沼定晴は、千葉商大高からドラフト2位で中日に入団。貴重な中継ぎ投手として活躍しますが、在籍4年でロッテに移籍します。

ロッテでも中継ぎとして活躍。毎年のように40試合近くに登板し、万年Bクラスだったロッテの暗黒時代を支えた一人です。1989年には、西武の清原和博に死球を与えた際、バットを投げつけられる事件があり、当時かなり話題になりました。

ロッテには9年在籍し、1996年には古巣の中日に復帰します。1998年に西武に移籍し、その年限りで引退。引退後は、打撃投手として中日の躍進に貢献しました。
ロッテ時代の平沼定晴

ロッテ時代の平沼定晴

桑田茂

桑田茂は、大阪の北陽高からドラフト外で中日に入団。球種が多く主に中継ぎとして活躍した投手です。1986年には、先発と中継ぎで25試合に登板しました。

ロッテでは、1987〜1988年で計6試合に登板。目立った活躍はないまま、翌1989年に引退しています。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

最強の“打てる投手”とは!?投手のホームラン10傑を調べてみた!

去就が注目される日ハムの大谷翔平。投手としては通算42勝15敗、防御率2.52。打者としては打率.286、166打点、48本塁打と規格外の成績を残していますが、では、彼を除いて、投手の中で歴代もっともホームランを打っているのは誰なのかを調べてみました。
こじへい | 144,199 view
声優デビューへ!“フクシくん”こと落合福嗣の“伝説”を振り返る!

声優デビューへ!“フクシくん”こと落合福嗣の“伝説”を振り返る!

プロ野球中日の落合博満GMの長男でタレント、落合福嗣が大手声優事務所入り。声優界でも新たな“伝説”を作るのか目が離せませんね。
鼻から牛乳 | 24,631 view
【武田一浩】史上3人目!全12球団から勝利したピッチャー!1998年には最多勝も記録

【武田一浩】史上3人目!全12球団から勝利したピッチャー!1998年には最多勝も記録

セ・パ交流戦が始まる以前、公式戦でセ・パ全12球団から勝利を挙げた投手はわずか3人です。その一人が、今回ご紹介する武田一浩。最多勝、最優秀救援のタイトルも獲得したことのある実力派で、中日ドラゴンズのリーグ優勝にも貢献しました。そんな武田投手の各球団初勝利の軌跡を振り返ります。
izaiza347 | 230 view
【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

【プロ野球】アンチ巨人注目!あの無敵の巨人に強かった!昭和の巨人キラー投手たち

昭和の時代は、無敵の最強チームだった読売ジャイアンツ(巨人)。特に昭和40年代はV9を達成し、巨人の黄金期でした。その巨人を倒すべく、多くのエースが巨人に勝負を挑みますが、そのほとんどが負け越し。そんな中、アンチ巨人をスカッとさせてくれた名投手がいました。今回は、昭和に活躍した6人の "巨人キラー" をご紹介します。
izaiza347 | 281 view
【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本

【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本

1976年、セ・リーグの首位打者争いは、張本勲が日本ハムから巨人に移籍したことで、例年になく混戦を極めました。シーズン後半は張本がトップをひた走り、中日・谷沢健一やヤクルト・若松勉らが追う展開。そして、ペナントレースの最後の最後でドラマが起きます。今回は、当時の首位打者争いの様子を振り返ります。
izaiza347 | 2,678 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト