ただのアイドル・バンドでは終わらなかったスウィート
2016年10月31日 更新

ただのアイドル・バンドでは終わらなかったスウィート

アイドルバンドからグラム・ポップ系の代表バンドとなったスイート。ポップな持ち味にハードロックの要素を取り入れて70年代に大きく進化していきました。今となっては70年代のファッションも面白いですよ。

5,302 view

SWEET

スウィート (SWEET) は、ブライアン・コノリー(ボーカル)、ミック・タッカー(ドラムス)、スティーヴ・プリースト(ベース )、アンディ・スコット(ギター)の4人からなる70年代に活躍したイギリスのロックバンドで、全英シングルチャートのトップ10に10曲も送り込んでいます。
スウィート

スウィート

出身地:イギリス
ジャンル:ポップ、ハード・ロック、グラムロック
活動期間:1968年~1981年、1985年~1991年
結成は1968年で、その年の7月にシングル「スローモーション」でデビューしています。しかし、この曲は商業的に失敗し、その後3枚のシングルを発売しますがどれも成功しませんでした。

レコード会社を移籍し、1971年に発売したシングル「ファニー・ファニー(Funny Funny)」が全英13位とスマッシュ・ヒットを記録したことで注目を集めるようになります。

THE SWEET - FUNNY FUNNY: 1971 (with words)

ファニー・ファニー
このアイドル然とした楽曲は、当時のヒットメーカーであったマイク・チャップマンとニッキー・チンの作詞作曲によるものです。
聴いているとウキウキする、とてもよくできた曲ですね。

続いて発表した「コ・コ」も全英2位、全米でも99位いうヒットになりました。

Sweet - Co-Co - Promo Clip (OFFICIAL)

コ・コ

How Sweet Co-Co Can Be

ヒットシングル「ファニー・ファニー」、「コ・コ」を含むスウィートのファースト・アルバム。全体にポップで明るい印象の聴きやすいアルバムです。ダイアナ・ロス&シュープリームスの「リフレクションズ」やラヴィン・スプーンフルの「デイドリーム」のカバーも入っています。
How Sweet Co-Co Can Be

How Sweet Co-Co Can Be

1971年リリース

【収録曲】
1. Co-Co
2. Chop Chop
3. Reflections
4. Honeysuckle Love
5. Santa Monica Sunshine
6. Daydream
7. Funny Funny
8. Tom Tom Turnaround
9. Jeanie
10. Sunny Sleeps Late
11. Spotlight
12. Done Me Wrong All Right
彼らのデビュー・シングル「SlowMotion」(この盤に未収録)は、エヴァリー・ブラザーズのようなコーラスが美しいビート・ポップでした。7.Funny Funnyや、1.Co-Coに面影があります。その2曲をもじってタイトルにした作品で、青春ポップスの良さが極まっています。何と言いましてもブライアン・コノリーの歌唱力、ほかのメンバーのコーラスが巧みなのですが、加えて手を抜いていない演奏にも拍手を送りたいです。必然性のないカリブ海アレンジとか、カントリー風味とか一生懸命にこなしています。
マイク・チャップマンとニッキー・チンのコンビは本当にすごかったんですね。すばらしくポップな曲を連発していて1972年に発売した「リトル・ウィリー」は全英4位、全米3位となりミリオンセラーを記録しています。

Sweet - Little Willy - Top Of The Pops/Disco 1972 (OFFICIAL)

ヒットしただけあって、これもいい曲ですね。

ただスウィートは、徐々に自我がでてきてマイク・チャップマンとニッキー・チンの支配から逃れ、自立することを試みます。
5枚目のアルバムに収録されている、オリジナル曲の「フォックス・オン・ザ・ラン」が全英2位[、全米5位となるのが1975年のことで、ここからがアーチストとしてのスウィートのキャリアが始まるといってもいいでしょう。

DESOLATION BOULEVARD

1975年発売の5枚目のアルバム「荒廃の街角」です。
メンバーの写真を見ればその髪型にアイドル時代をまだ感じることができますが、音の方はハードロックになり、コーラスも分厚くなっています。代表曲でもある「初恋の16才」、「フォックス・オン・ザ・ラン」を収録。
荒廃の街角

荒廃の街角

1975年リリース

【収録曲】
1.ロックン・ロールに恋狂い
2.初恋の16才
3.ノー・ユー・ドント
4.A.C.D.C.
5.アイ・ワナ・ビー・コミッテッド
6.スイートF.A.
7.フォックス・オン・ザ・ラン
8.セット・ミー・フリー
9.イン・トゥ・ナイト
10.ソリッド・ゴールド・ブラス
捨て曲ナシの絶品。ハードロックバンドへの変貌を見事に表現したアルバムです。それまでのある意味「可愛らしい」バブルガム調のサウンドと硬派なロックサウンドの融合が見られます。何より音に古臭さが無いのが良いし、バンドとしての技術力の高さが窺えます。当該バンドのリーダーでもあるミック・タッカー(Drs.)の持つ音楽の「幅」みたいなものを感じます。後世のハード&ヘヴィメタルバンドがいまだにカヴァーしていること(かのデフ・レパードは「ACTION]を)からもこのバンドがその知名度以上に評価を受けている根拠と言えるでしょう。

Sweet - Fox On The Run - Promo Clip (OFFICIAL)

「フォックス・オン・ザ・ラン」ですが、さすがにいつ聴いてもワクワクすします。名曲とはこうしたものなのでしょう。
ついでにもう一曲「ロックン・ロールに恋狂い」を。このアルバムの冒頭を飾る曲ですが、スウィートは変わったと思わせるに十分な出来です。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

ハードロックの巨匠「ディープ・パープル」が彼らのキャリアを総括する50周年記念ベストを発表!!

偉大なるブリティッシュ・ハードロックバンドにして、ハードロック界最大の巨星「ディープ・パープル」。今年でデビュー50周年を迎える彼らの伝説のキャリアを総括するオールタイム・ベストアルバム『ア・ファイアー・イン・ザ・スカイ』の日本盤が9月26日に発売されます。
隣人速報 | 736 view
MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

現在好評発売中のMR.BIGのライヴ盤「ライブ・フロム・ミラノ+ジャパン2017オフィシャル・ブートレグ」。この商品は今年2月に亡くなった、パット・トーピー(ドラム)の追悼盤として急遽発売されたライヴ盤ですが、この商品の日本盤のみに付く初回封入特典が、時代の最先端を行っていると話題になっています。
隣人速報 | 2,407 view
メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

メタラー感涙!HR/HMの第一人者・伊藤政則のお宝グッズが大量に蔵出しされるイベントが開催決定!!

タワーレコード渋谷店8階の催事場“SpaceHACHIKAI”にて、ハード・ロック/ヘヴィ・メタルの第一人者、伊藤政則氏のメモラビリア展「MASA ITO メモラビリア・フェスト -THE FINAL- “メタル聖地巡礼” 」の開催が決定しました。期間は2018年9月22日~25日の4日間限定。
隣人速報 | 645 view
ブラック・サバス-70年代の三大ハードロックバンドの中でも最も重い!

ブラック・サバス-70年代の三大ハードロックバンドの中でも最も重い!

レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルとそして、ブラック・サバス、この三バンドは70年代の三大ハードロックバンドと呼ばれています。その中でも、最も音が重い! 「黒い安息日」という不吉な名前を持ったブラック・サバスの、オジーオズボーン在籍時(70年代)を中心に辿ってみます。
Yam | 2,718 view
80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

80年代ビルボードにチャートインしたロックソング10曲(+1曲)

アメリカの音楽チャートとしても名がある「ビルボード」。そのTop10内に入った主なロックソングの80年代版を、WatchMojo.com様チャンネルを参考に見て(聴いて)みましょう! おまけとしてスズキ・カルタスのCMソングもあります。懐かしのあの洋楽ロックの数々‥‥その頃、何をしてたかな‥‥と思い出しながら聴くのもなかなか乙なものですよ!
Yam | 6,529 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト