得点するGK・チラベルト!「世界最優秀GK」にも2度選出された!
2017年3月8日 更新

得点するGK・チラベルト!「世界最優秀GK」にも2度選出された!

長らくパラグアイ代表のGKを務めたチラベルト。がっちりとした体格から放たれるFKやPKも魅力だった。また、「世界最優秀GK」や「IFFH選定20世紀世界最優秀GK 」に選出される程の実力者であった。

1,985 view

90年代を代表するGK・チラベルト

1965年7月27日、パラグアイ・ルーケ生まれ。
本名ホセ・ルイス・フェリックス・チラベルト・ゴンサレス。愛称はチラ。

長らくパラグアイ代表のGK(キーパー)を務めた。南米だけでなく、世界的にも知名度の高い90年代を代表する名GK。

【個人データ】
・身長:188cm
・体重:92kg
・利き足:左足
チラベルト

チラベルト

【所属クラブ】
・スポルティボ・ルケーニョ(1982-1983)
・グアラニー(1984)
・サン・ロレンソ(1984-1988)
・レアル・サラゴサ(1988-1991)
・ベレス・サルスフィエルド(1991-2000)
・ストラスブール(2000-2003)
・ペニャロール(2003)
・ベレス・サルスフィエルド(2003-2004)
アルゼンチンのサン・ロレンソに所属していた1985年頃...

アルゼンチンのサン・ロレンソに所属していた1985年頃のチラベルト

好戦的な性格でもあり、ブラジル代表のロベルト・カルロスに試合後ツバを吐きかけたり、試合中も接近した相手選手の頭を撫でて神経を逆なでしていた。

チラベルト、ロベカルの顔面に唾を吐く

1989年に挑戦したスペインのリーガ・エスパニョーラでは、レアル・サラゴサに所属。最優秀外国人プレイヤーに選出される等、活躍した。

他にも個人タイトルを数多く獲得しており、1996年には「南米最優秀選手賞」を受賞。GKでの受賞はチラベルトが初だった。「IFFHS選定世界年間最優秀GK賞」は3回 (1995年、 1997年、1998年)受賞。
また、1995年と1997年には「世界最優秀GK」に選ばれている。

他にも1999年の「IFFH選定20世紀世界最優秀GK 」で第6位、ワールドサッカー誌選出の「20世紀の偉大なサッカー選手100人」では第55位と非常に高い評価を受けている。

得点能力の高いGKだったチラベルト

チラベルトは、得点を取れるGKとしても有名だった。
キャリアをスタートさせたスポルティボ・ルケーニョでの計4得点を皮切りに、所属した各クラブで多くの得点を挙げている(0得点だったクラブもある)。

中でも1991年から2000年まで在籍したベレス・サルスフィエルドでは、341試合の出場で48得点とフィールドプレイヤー並の得点源となった。

主な得点方法はFKとPKであった。
プレースキック(地面に置かれたボールを蹴るプレイ)を得...

プレースキック(地面に置かれたボールを蹴るプレイ)を得意とした!

1999年にはサッカー史上で初めてGKでのハットトリックを達成。3得点ともPKによるものだった。
また、この試合後の会見で、PKを1試合で3度も外した事のある、アルゼンチン代表で前年の「南米年間最優秀選手賞 」を獲得しているマルティン・パレルモに対して「パレルモ、ボールはこうやって蹴るものなんだぜ」と挑発した。
ボカ・ジュニアーズで活躍したマルティン・パレルモ

ボカ・ジュニアーズで活躍したマルティン・パレルモ

2000年のトヨタカップでは、レアル・マドリードを相手に2得点を挙げ、大会MVPに輝いた。
チラベルトはフリーキックの際に、相手ゴール前まで移動し、フリーキッカーを務める事が多かった。ガッチリとした体格から放たれるシュートは勢いがあった。また、GKという事もあってか、GKの取れないポイントを狙い、カーブを効かせての得点も決めた。

チラベルト自身「私はワールドカップでゴールを決める最初のキーパーになりたい」というように、得点への欲求が高かった。結果的にはワールドカップでの得点はならなかったが、予選時には得点を決めている。

ベスト チラベルト rank 55th jose luis chilavert collection of 100greatest footballer of 20th century

1998年ワールドカップで優勝したフランスを相手に大善戦!

1998年ワールドカップ。優勝を飾ったフランスを最も苦しめたのが、決勝トーナメント1回戦で対戦したチラベルト率いるパラグアイだった。

堅守を誇るパラグアイはチラベルトの的確なコーチング、ファインセーブによって試合を延長戦に持ち込むことに成功する。だが112分にロラン・ブランにゴールを許し、惜しくも勝利を逃す。
もしPK戦に入ったならば、結果は違ったものになっていただろう。

WC 1998 France vs. Paraguay 1-0 (28.06.1998)

1998年6月28日、ランスで行われたこの試合。
互いに一進一退の好ゲームだったが、決定機をものにしたのは、この大会で優勝する事になるフランスだった。ジネディーヌ・ジダンを擁し、この大会以降2002年のワールドカップまで最強を誇るチームだが、この試合はポストにも嫌われ、あわや地元大会の1回戦で姿を消す所だった。

しかし、負けはしたもののパラグアイは、チラベルトが鬼気迫るセービングをし、チームを鼓舞し続けた。敗戦が決まり、ショックで立てないチームメイトに「もう泣くな、我々はサッカーの試合に負けたわけであって、決して人生に負けたわけではない」と声を掛けている。

日本との関係

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

多彩なパスで魅了したベロン!仏W杯で日本と対戦!ラツィオで活躍!

アルゼンチン代表として3大会に出場したファン・セバスチャン・ベロン。父親も名選手だった。セリエAのパルマ、ラツィオで活躍した。長短織り交ぜたパスで世界中のサッカーファンを魅了し続けた。
ひで語録 | 1,663 view
フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

フランスW杯で日本と対戦したアルゼンチン代表の問題児・オルテガ!

ディエゴ・マラドーナの再来と言われたドリブラー・オルテガは問題児だった。プレイではマラドーナ程のインパクトは残せなかったものの、W杯には1994年、1998年、2002年とメンバー入りしている。また、フランスW杯では日本代表と対戦している。
ひで語録 | 5,727 view
フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

1998年のフランスワールドカップを前に、高校生ながら代表へ招集された清水エスパルスの市川大祐。同じく10代だった天才・小野伸二と共に日本代表の試合に出場。カズと同じく、惜しくもワールドカップ直前に代表落ちするも日韓ワールドカップで活躍した。
ひで語録 | 1,591 view
ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

ACミランでホンダの先輩10番!クロアチアの英雄・ボバン!’98W杯では大活躍!

クロアチア・イモツキ出身のズボニミール・ボバン。キングカズこと三浦知良も所属していた「ディナモ・ザグレブ」でプロデビュー。暴動での暴力行為で出場停止処分を受けるが、ACミランやフランスワールドカップで大活躍した。そんなボバンを特集!!
ひで語録 | 3,649 view
「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

1998年6月。サッカー日本代表初のワールドカップ出場となるフランス大会直前。エース・カズ(三浦知良)の代表落ちが話題をさらった。スイス「ニヨンの屈辱」とも言われるカズの落選から、成田空港に金髪で現れるまでの空白の足取りを振り返ってみる。
ひで語録 | 7,162 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト