NHKにおける子供のトラウマ:ノロイちゃん・牛方と山姥・パンをふんだ娘・みんなのうたのトラウマソングほか
2016年10月26日 更新

NHKにおける子供のトラウマ:ノロイちゃん・牛方と山姥・パンをふんだ娘・みんなのうたのトラウマソングほか

NHKの番組においてトラウマになっているという視聴者が多い作品である「牛方と山姥」と「パンをふんだ娘」やEテレ「シャキーン!」の「ノロイちゃん」、「みんなのうた」の三大トラウマソングなどを振り返ってみましょう。

17,904 view

子供向け番組のEテレ「シャキーン!」に登場するキャラクターの「ノロイちゃん」

ノロイちゃん(まだかわいい)登場。

ノロイちゃん(まだかわいい)登場。

「これから悪魔が出て来るわよ」「見たら呪われるんだから...

「これから悪魔が出て来るわよ」「見たら呪われるんだから」と忠告。

「あ~~~隠して~~~見ないで~~~」と怯える。

「あ~~~隠して~~~見ないで~~~」と怯える。

想像を絶する変貌を遂げる『ノロイちゃん』。あまりに突然...

想像を絶する変貌を遂げる『ノロイちゃん』。あまりに突然かつ想定外過ぎるので大人でも大画面で見たらビビります。

ノロイちゃん悪堕ち。しばらくして元に戻る。

凄まじい二重人格キャラだ。まったく子供向けじゃなさすぎる。

シャキーン!ノロイちゃん トラウマ注意

「音楽ファンタジー・ゆめ」 のシュールなキャラクターデザイン。妙に不気味だったり謎の生物が登場したりと幼かった視聴者にはトラウマになっていることがある。

『音楽ファンタジー・ゆめ』(1992年) 音楽にのせて...

『音楽ファンタジー・ゆめ』(1992年) 音楽にのせて、曲のイメージの3DCGアニメーションが繰り広げられる。

『音楽ファンタジー・ゆめ』(おんがくファンタジーゆめ)は、NHK教育テレビジョンの「母と子のテレビタイム」枠にて1992年4月6日から1999年4月2日まで放送されていたCGアニメーションのクラシック音楽ミニ番組である。
「音楽ファンタジーゆめ」 のシュールなキャラクターデザ...

「音楽ファンタジーゆめ」 のシュールなキャラクターデザインが怖い

サイケデリック、シュールな意味不明なデザインが怖い。精神が病んでいる感じで、これはホラーだ。

音楽ファンタジーゆめ カノン(パッヘルベル)

シュール過ぎる・・・子供の精神に悪影響を与えそうだ

シュール過ぎる・・・子供の精神に悪影響を与えそうだ

音楽ファンタジーゆめ:トルコ行進曲(モーツァルト)

「みんなのうた」の三大トラウマソング:メトロポリタン美術館・まっくら森の歌・月のワルツ

「みんなのうた」のトラウマソングの「メトロポリタン美術館」

不安を煽るイントロと可愛らしいがちょっと不気味に見える映像が子供の頃に見た者にとってはトラウマらしく、特ににんじんのようなミイラが飛び出すシーンと、最後の『大好きな絵のなかに、閉じこめられた』 のフレーズが該当する様子。

「みんなのうた」のトラウマソングの「まっくら森のうた」

「みんなのうた」のトラウマソングの「月のワルツ」

美しい映像で好きな人は好きな映像に音楽だと思いますが、子供には「恐怖感のある映像でなくても幻想的かつ目まぐるしい展開に頭が追い付かなくて、そのまま鮮烈なインパクトがトラウマに近い形で残ってしまう」ということなのでしょう。

「牛方と山姥」(うしかたとやまんば) 『こどもにんぎょう劇場』のトラウマ作品

牛方「それにしても、きれいな人だな・・・」

牛方「それにしても、きれいな人だな・・・」

牛方(馬方)が牛(馬)に荷を積んで山を越えると、山姥が出てくる。荷を食い終わると牛(馬)まで食べる。牛方(馬方)は逃げ出し、一軒家に隠れる。そこは山姥の家で、帰ってきた山姥をだまして、風呂釜(がま)の中で焼き殺す。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

強烈なトラウマを与えたNHK教育テレビの影絵劇「パンをふんだ娘」は実は美しい芸術品。

強烈なトラウマを与えたNHK教育テレビの影絵劇「パンをふんだ娘」は実は美しい芸術品。

1975年に放送されたNHKの影絵劇「パンをふんだ娘」は何度も再放送され子供たちにトラウマを与え続けた。 この作品の記憶は強烈で大人になってからも不意に思い出す。 改めて観ると非常に芸術的で見直されるべき作品として紹介させていただきたい。
リサメシアン | 33,015 view
聞いたらトラウマ確実の『トラウマ合唱曲』恐ろしく闇が深い…主に昭和の児童にトラウマを与えた児童曲

聞いたらトラウマ確実の『トラウマ合唱曲』恐ろしく闇が深い…主に昭和の児童にトラウマを与えた児童曲

究極のトラウマ合唱曲の「チコタン」と「日曜日」ひとりぼっちの祈り、「オデコのこいつ」他、学校の合唱コンクールでよく聞くトラウマ合唱曲を振り返ってみましょう。心が痛すぎる・・・
ガンモ | 10,293 view
幼いころ、悲しい気持ちになってしまった歌(ドナドナ/チム・チム・チェリー/勇気一つを友にして )

幼いころ、悲しい気持ちになってしまった歌(ドナドナ/チム・チム・チェリー/勇気一つを友にして )

NHK「みんなのうた」といえば誰もが耳にして育ったといってもいいでしょう。明るい歌や楽しい歌もある一方で、歌詞やメロディーで悲しい気持ちになってしまい、時には泣いてしまった歌もありませんでしたか?幼心に悲しい気持ちを抱いた歌を三選、振り返ってみましょう。曲は「ドナドナ」「チム・チム・チェリー」「勇気一つを友にして」です。
青春の握り拳 | 3,557 view
えっ、あの人も?芸能人も参加、NHK「みんなのうた」は動く絵本だった!

えっ、あの人も?芸能人も参加、NHK「みんなのうた」は動く絵本だった!

1961年スタートの「みんなのうた」、50年以上の歴史からは1300曲以上の名曲が生まれました。大人の疲れた身体に染み入る思い出ソングを振り返りました。
リサメシアン | 8,434 view
「みんなのうた」55周年を記念したCDが来年発売!

「みんなのうた」55周年を記念したCDが来年発売!

誰もが小さい頃に一緒に歌ったことがある「みんなのうた」がなんと55周年。子供だと思ったら、自分の子供と一緒に歌っていた人も多いはず。そんな「みんなのうた」を思い出してみよう!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト