加藤登紀子が歌い、知られるようになった「百万本のバラ」には、全く違う歌詞の原曲がありました。
2017年2月9日 更新

加藤登紀子が歌い、知られるようになった「百万本のバラ」には、全く違う歌詞の原曲がありました。

「百万本のバラ」は、ソ連時代に生まれ、日本語にも訳され知られるようになりましたが、それはラトビアで歌われていた「マーラが与えた人生」という歌謡曲を原曲としたものでした。日本でも多くの歌手にカバーされた「百万本のバラ」の背景について振り返ります。

4,482 view

「百万本のバラ」とは

「百万本のバラ」は、ラトビアの歌謡曲「マーラが与えた人生」を原曲にした、ロシア語の歌謡曲です。モスクワ生まれのアーラ・ブガチョワが歌い、ソ連崩壊まで長く愛されました。
日本では加藤登紀子がロシア語版の訳詩と歌が知られています。

ラトビア版原曲

「マーラが与えた人生」の誕生

ラトビア語での原曲は、1981年に放送局が開催した歌謡コンテストで優勝した「マーラが与えた人生」という歌謡曲でした。作曲はライモンズ・パウルス、作詞はレオンス・ブリアディスで、アイヤ・ククレとリーガ・クレイツベルガの2人が歌いました。
ロシア帝国に支配されていましたが、ソ連時代に一度は独立します。その後またソ連に併合されてしまい、この曲ができたころは、諦めにも似たものがあったようです。
ラトビアの首都リガ

ラトビアの首都リガ

世界一美しい国、バルト海の真珠と言われたラトビアは独立し、EUにも加盟しています。

「マーラが与えた人生」の内容

マーラとは、命や母性を表す女神のことです。「マーラは娘に生を与えたけど、幸せをあげ忘れた」という歌詞の中に、幾度も占領されてきたラトビア国民の哀しみが込められています。
声高に独立を歌っているわけではありませんが、思うように物が言えなかった時代の、抵抗の精神が歌に込められています。

アイヤ・ククレの歌う「マーラが与えた人生」

マーラが与えた人生 (百万本のバラの前身の曲)

ロシア語版

「百万本のバラ」の誕生

ロシア語版は、「マーラが与えた人生」の曲に、ロシアの詩人アンドレイ・ヴォズネンスキーが、グルジアの画家ニコ・ピロスマニのロマンスをもとに作詞し、モスクワ生まれのアーラ・プガチョワが歌い、ソ連崩壊まで長く愛されました。さまざまな民族が関わってできた「百万本のバラ」に、ソ連らしさを感じます。
ロシア語版を歌ったアーラ・プガチョワ

ロシア語版を歌ったアーラ・プガチョワ

現在でも旧ソ連の国々で人気のアーラ・プガチョワは、ソ連崩壊直前に最後のソ連人民芸術家に選ばれました。
ロシア語版は原曲の歌詞とは全く違う内容になっていますが、貧しい画家がすべてを投げ打って、恋した女優のために広場をバラで埋め尽くしたという歌は、多くの人々が愛する歌となりました。

歌のモデルとなった画家ニコ・ピロスマニ

ニコ・ピロスマニ(Niko Pirosmani, 本名ニコ・ピロスマナシヴィリ Niko Pirosmanashvili, グルジア語 ნიკო ფიროსმანაშვილი、1862年 - 1918年4月9日)は19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍したグルジアの画家。
さまざまな職業につきながら、どれもうまくいかず、独学で学んだ絵を描くことにしました。一度は中央の画壇に紹介されましたが、モスクワでは理解されず、グルジアを放浪しながら絵を描きました。
貧困のうちに亡くなりますが、死後にグルジアで国民的画家と愛されるようになり、グルジアの紙幣にも肖像が使用されています。
ニコ・ピロスマニ

ニコ・ピロスマニ

実際に大量のバラを贈ったかどうかは不明ですが、マルガリータという女優の恋人がいたことは事実のようです。
ピロスマニの作品の中には、「マルガリータ」をモデルにした作品が何枚かあり、トビリシの国立美術館には「女優マルガリータ」が展示されています。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80〜90年代のジブリ映画の主題歌は意外なあの人が歌ってる?

80〜90年代のジブリ映画の主題歌は意外なあの人が歌ってる?

ジブリ映画で欠かせないのが主題歌。毎回映画のテーマに沿った内容でエンディングで流れると涙腺が。。。そんな主題歌が意外な人が歌っていたりするんです。
campanella | 6,180 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト