1988年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『TRAIN-TRAIN』を振り返る
2017年7月14日 更新

1988年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『TRAIN-TRAIN』を振り返る

この記事では、1988年にリリースされた【THE BLUE HEARTS】の3枚目のアルバム『TRAIN-TRAIN』に焦点を当ててみたいと思います。

1,270 view

THE BLUE HEARTSについて

THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

・甲本ヒロト(こうもと ひろと) - ボーカル(リードボーカル・コーラス)、ブルースハープ、ギター
・真島昌利 (ましま まさとし) - ギター・ボーカル(コーラス・リードボーカル)
・河口純之助 (かわぐち じゅんのすけ) - ベース、コーラス
・梶原徹也 (かじわら てつや) - ドラム
1980年代前半、それぞれのバンドの状態が思わしくなかった甲本ヒロトと真島昌利、河口純之助の3人は下北沢のバイト先で出会い、Traditional(トラディッショナル)というセッションバンドを行ったり、バンドの事について語り合ったりして飲んだり遊んだりしているうちにお互いに意気投合しあっていった。
1986年にドラムの梶原さんが加入して、THE BLUE HEARTSのメンバーが揃いました。

TRAIN-TRAINについて

TRAIN-TRAIN

TRAIN-TRAIN

1. TRAIN-TRAIN
2. メリーゴーランド
3. 電光石火
4. ミサイル
5. 僕の右手
6. 無言電話のブルース
7. 風船爆弾(バンバンバン)
8. ラブレター
9. ながれもの
10. ブルースをけとばせ
11. 青空
12. お前を離さない
1988年に発表した3rdアルバム『TRAIN-TRAIN』が50万枚を超えるヒットとなり、ドラマの主題歌などにも起用されるなど、一躍音楽界のトップシーンに登り詰めた。
ドラマ「はいすくーる落書」の主題歌として「TRAIN-TRAIN」が使われ、このドラマの中で挿入歌として「星をください」(第4話)、「キスしてほしい」(第8話)、「リンダリンダ」(最終話)が使用されていました。

TRAIN-TRAINから厳選5曲!

名盤と言われた『TRAIN-TRAIN』からは「TRAIN-TRAIN」「電光石火」「僕の右手」「ブルースをけとばせ」「青空」の5曲を振り返ってみたいと思います(^^)/

TRAIN-TRAIN

トレイントレイン

(作詞・作曲:真島昌利)
歌詞カードではサビの部分が、「TRAIN-TRAIN 走ってゆけ」となっているが、CD及びライブなどでは、「走ってゆく」と歌われる。(しかし真島のコーラスは、「走ってゆけ」と歌われている。)
説明不要のTHE BLUE HEARTSの代表曲ですね(^^)/

はいすく~る落書 的場浩司

ハイスクール落書です!懐かしいですねぇ!(^^)!
斉藤由貴若い!

電光石火

電光石火 ブルーハーツ 歌詞付き -Denkosekka -The Blue Hearts- lyrics

(作詞・作曲:甲本ヒロト)
88年の「PRETTY PINEAPPLE TOUR」中に発表された当初は音源化分の後にも歌詞があったが、ステージを重ねる内に歌詞が削られた。
「電光石火の超特急が 流れ星と並んで走るという」
最高の歌詞ですよね!

僕の右手

ブルーハーツ / 僕の右手 (1992.8.9)

(作詞・作曲:甲本ヒロト)
当初、ファンクラブの会報等で発表されていたタイトルは「僕の右手を知りませんか」だった。
この歌のモデルになったのは、甲本の友人でハードコアパンクバンド「GHOUL」の「片手のパンクス」ことMASAMI(細谷雅巳、小学1年の頃、ダイナマイト遊びをして右手首から先を失い義手となった。89年にステージで倒れ、昏睡状態のまま92年9月に死去)といわれる。甲本は彼の追憶ライブに出演した際に、この曲を泣きながら歌っている
グールは噂だけ聞いたことがあったのですが、まさか右手が無かったのが実話だったとは・・・
驚きです。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1987年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『YOUNG AND PRETTY』を振り返る

1987年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『YOUNG AND PRETTY』を振り返る

この記事では、1987年にリリースされた【THE BLUE HEARTS】のセカンドアルバム『YOUNG AND PRETTY』に焦点を当ててみたいと思います。
つきねこ | 1,418 view
高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

1985年に甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成したパンク・ロックバンド『ザ・ブルーハーツ』。 激しいライヴパフォーマンスとメッセージ性の高い歌詞で多くの若者を熱中させたブルハの名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
ブルーハーツの8cmシングルが軒並みEPに!「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日発売!

ブルーハーツの8cmシングルが軒並みEPに!「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日発売!

ザ・ブルーハーツのアナログEP17枚組BOX「シングル・レコード ボックス・セット」が12月6日にリリースされます。1985年のクリスマスライブに限定約200枚で配られた「1985」のソノシートに加え、初EP化12枚を含むEP17枚をBOXで一挙にリリース!
隣人速報 | 607 view
【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

この記事では、わたくし「つきねこ」の主観で、勝手に名曲を10曲抜粋したいと思います! 共感して頂けると幸いです(^^)/
つきねこ | 10,755 view
「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動していたパンク・ロックバンド、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。今でも熱狂的なファンが多いこのバンドの大きな特徴として、当時の多くの若者に支持されたメッセージ性の高い歌詞が挙げられます。今回はこのバンドの存在を世の中に知らしめた1stアルバム『THE BLUE HEARTS』収録曲の歌詞傾向を分析してみました!
PetitLyrics | 3,357 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト