銃士になることを認められたダルタニアンに襲い掛かる、新たな試練!コンスタンスを救うことはできるか?映画「四銃士」
2017年1月26日 更新

銃士になることを認められたダルタニアンに襲い掛かる、新たな試練!コンスタンスを救うことはできるか?映画「四銃士」

晴れて銃士となったダルタニアンに、リシュリュー枢機卿からの誘いや、コンスタンスの誘拐など、次々に試練が訪れます。さまざまな思惑に翻弄されながら、コンスタンスを救うために共に戦う四銃士の姿を描いた映画「四銃士」を振り返ります。

3,616 view

映画「四銃士」とは

『四銃士』(よんじゅうし、原題: The Four Musketeers)は1973年製作のリチャード・レスター監督の映画である。前年の『三銃士』の続編で、アレクサンドル・デュマ・ペールの原作『三銃士』の後半部分に当たる。日本での公開は1976年1月7日である[1]。
原作は「三銃士」ですが、映画では、ダルタニアンが銃士になるまでの前半部分を「三銃士」、銃士になってからの後半部分を「四銃士」と分割しています。

映画「四銃士」のあらすじ

銃士になったダルタニアン

アンヌ王妃の危機を救ったダルタニアンは、正式に銃士なることを認められます。ロシュフォール伯爵は、捕えられ銃殺刑に処せられるところを三銃士に救われますが、感謝するということもなく、リシュリュー枢機卿のもとに戻ります。枢機卿は、ラ・ロシェルの反乱軍との戦いのさなか、ロシュフォールにコンスタンスを誘拐するように命じます。
正式に銃士に任命されるダルタニアン

正式に銃士に任命されるダルタニアン

正式に銃士になることを許されたダルタニアンを、三銃士やコンスタンスが祝いますが、その様子をロシュフォールとミレディが見物していました。

コンスタンスの誘拐

市場に買い物に行ったコンスタンスは、暴漢に襲われます。たまたま一緒にいたダルタニアンは、コンスタンスを守ろうと必死に戦いますが、頭を殴られ気絶してしまい、コンスタンスは誘拐されてしまいました。気付いた時にダルタニアンは、ミレディーの寝室に寝かされていました。ミレディーはダルタニアンを誘惑し、その隙に殺そうとしていましたが、その計画は失敗します。
市場で暴漢に襲われるコンスタンス

市場で暴漢に襲われるコンスタンス

コンスタンスは、市場での買い物の途中で、暴漢に襲われ誘拐されてしまいます。

コンスタンスの救出

ダルタニアンは、ミレディーの次女キティに近づき、コンスタンスがサン・クローの城に囚われていることを突き止めます。一方で、アトスとミレディーがかつて結婚していたことと、ミレディーの犯罪歴を知り、アトスに殺されかけたことを知ります。何とかコンスタンスを救出したいダルタニアンは、枢機卿のもとへ行きますが、コンスタンスを助け出したければ、近衛隊に入るか死を選ぶかのどちらかだと言われます。その頃三銃士は、サン・クローの城に向かい、コンスタンスを助け出し、アルマンティエールの修道院にかくまいます。
サン・クローの城に囚われているコンスタンス

サン・クローの城に囚われているコンスタンス

何とか脱出しようとするコンスタンスですが、三銃士が駆けつけ、無事救出されます。

ラ・ロシェルの反乱

枢機卿の予定を知ったアトスは、偵察に行き、枢機卿とミレディーが密会していることを知ります。枢機卿は、ラ・ロシェルの反乱の背後に、イギリスの存在があることをつかんでいました。ミレディーに、イギリスの宰相バッキンガム公に会い、反乱軍への援軍を取りやめるよう説得し、応じない場合は暗殺するように命じます。ミレディーは、自分の行為を証明する文書を求め、枢機卿は署名入りの文書をミレディーに渡し帰っていきます。アトスはミレディーに会い、枢機卿の文書を取り上げて、ダルタニアンにこのことを伝えます。
ミレディーから文書を奪い取るアトス

ミレディーから文書を奪い取るアトス

アトスは偵察に出かけた先で、枢機卿とミレディーが密談していることを知り、1人残ったミレディーから枢機卿の文書を奪い取ります。

バッキンガム公の暗殺

ミレディーはイギリスに渡り、バッキンガム公と交渉しますが、決裂してしまいます。バッキンガム公暗殺を謀ったミレディーですが、捕えられロンドン塔に監禁されてしまいます。バッキンガム公の部下を誘惑し、公爵を殺すように仕向けます。公爵の部下はミレディーを逃がした後、公爵暗殺に向かいます。ダルタニアンは従者のブランシェをイギリスに送り、バッキンガム公爵に注意をするよう伝えようとしますが、ブランシェが公爵に合う直前に、部下によって暗殺されてしまいます。
バッキンガム公との交渉が決裂したミレディー

バッキンガム公との交渉が決裂したミレディー

交渉が決裂して、バッキンガム公の暗殺を謀るミレディーですが、失敗しロンドン塔に監禁されてしまいます。

コンスタンスの危機

フランスに戻ったミレディーを迎えたロシュフォールは、コンスタンスがアルメンティエール修道院にいることを伝え、コンスタンスを殺害するために修道院に向かいます。
四銃士はラ・ロシェルの反乱から、コンスタンスを救うために修道院に到着し、ロシュフォールやロシュフォールの配下の者たちと戦います。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

清水健太郎が変わりすぎ!いつの間にか逮捕歴8回

清水健太郎が変わりすぎ!いつの間にか逮捕歴8回

清水健太郎さんといえば、イケメンスターとして知られていましたね。 1976年に歌手デビューしたあとも多数のヒット曲を出していましたが、その後薬物で逮捕されイメージがすっかり変わってしまいました。 今回は、清水健太郎さんのヒット曲と、現在についてご紹介します。
やすたけ | 2,508 view
1976年に行われた『第18回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1976年に行われた『第18回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 882 view
80年代、漫才界のピンクレディーと呼ばれ人気を博した!『春やすこ』の現在!!

80年代、漫才界のピンクレディーと呼ばれ人気を博した!『春やすこ』の現在!!

80年代の漫才ブームで「春やすこ・けいこ」の美人漫才コンビで人気を博した「春やすこ」さん。現在は司会や女優として活躍している春やすこさんを追ってみました。
ギャング | 45,876 view
【徹子の部屋】第一回のゲストは誰だった?面白かったゲストはこの人!

【徹子の部屋】第一回のゲストは誰だった?面白かったゲストはこの人!

1976年から続く長寿番組「徹子の部屋」の第一回ゲストは誰だったか覚えていますか? ここでは「徹子の部屋」に出演したゲスト、放送開始から現在までの間で「神回」と話題の回をご紹介します!
やすたけ | 1,436 view
あの美人女優の『古手川祐子』が、しばらく見ないうちに激太り!!

あの美人女優の『古手川祐子』が、しばらく見ないうちに激太り!!

古手川祐子さんと言えば、美人女優で演技派としても有名で、数多くの映画やドラマ・CM・テレビの司会などで活躍されていました、しかし最近テレビで見かけなくなりました。また激太りしているとの情報も・・・。
ギャング | 46,461 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト