【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本
2022年12月3日 更新

【1976年プロ野球】史上最も僅差の首位打者!中日・谷沢 vs. 巨人・張本

1976年、セ・リーグの首位打者争いは、張本勲が日本ハムから巨人に移籍したことで、例年になく混戦を極めました。シーズン後半は張本がトップをひた走り、中日・谷沢健一やヤクルト・若松勉らが追う展開。そして、ペナントレースの最後の最後でドラマが起きます。今回は、当時の首位打者争いの様子を振り返ります。

3,005 view

張本が巨人に移籍

前年、球団史上初の最下位に終わった読売ジャイアンツ。シーズンオフに、高橋一三・富田勝との交換トレードで、日本ハムから張本勲を獲得し、クリーンナップの強化を図ります。長嶋茂雄監督念願の「3番・張本、4番・王」"OH砲" の誕生です。

憧れの巨人に入団した張本。初年度からヒットを量産し、この年の首位打者争いに名を連ねます。セ・リーグ打率10傑の常連、谷沢健一、若松勉を筆頭に、王貞治、掛布雅之、ホプキンスらと激戦を繰り広げました。

以下では、最終的に打率トップ3となった、中日・谷沢巨人・張本ヤクルト・若松に注目し、首位打者争いを振り返ります。

4月 〜OH砲の誕生〜

前年、10年ぶりに3割を切ってしまった張本。
しかし、巨人に移籍したこの年は4月から絶好調で、王とのOH砲が機能しました。
巨人は4月を勝ち越し、阪神に続く2位につけます。

一方、この年から背番号を14から41("いいよ"から"よい")に変えた谷沢
張本以上に好調で、上々の滑り出しを見せます。

4月末時点での3人の打率は次の通りでした。

谷沢 .371
張本 .343
若松 .295

5月 〜巨人が首位に〜

張本の活躍もあり、5月の巨人は破竹の14連勝。阪神を交わし、首位に躍り出ます。

一方、中日とヤクルトは5月は大きく負け越しますが、そんな中、若松だけは絶好調。

5月末時点での3人の打率は次の通りでした。

張本 .340
若松 .333
谷沢 .321

6月 〜巨人独走〜

6月に入ると、阪神が調子を落とし、巨人の独走状態になります。

3人とも打率を上げ、6月末時点での3人の打率は次の通りでした。

張本 .357
若松 .347
谷沢 .325


実はこの時点では、広島・ホプキンスが打率.359でトップ。
巨人・王も打率.358、29本塁打と無類の強さを見せていました。

7月 〜3人とも月間打率4割以上〜

7月で前半戦が終了。
オールスターゲームは、3人とも外野手として出場しました。

この月は、ペナントレースも絶好調
以下のように、3人ともに月間打率4割以上を記録します。

張本 65打数30安打 月間打率.462
若松 58打数25安打 月間打率.431
谷沢 56打数25安打 月間打率.446

7月末時点での3人の打率は次の通りでした。

張本 .380
若松 .364
谷沢 .346

ここに、王の.348を加え、4人の首位打者争いとなります。

8月 〜熾烈な首位打者争い〜

8月になると一転。上位陣は皆、打率を下げます。
その中で、ホプキンスだけが絶好調。
広島も、8月は13勝6敗1分とリーグ1の戦績でした。

8月末時点での3人の打率は次の通りです。

張本 .358
若松 .352
谷沢 .339


ここに、ホプキンスの.345を加えた4人の首位打者争いとなります。

9月 〜張本と若松の一騎打ち!?〜

9月は阪神の快進撃で、月間戦績はなんと14勝2敗1分。
8月末時点では、巨人とのゲーム差は8.5差でしたが、
一気に3.5差まで縮めました。
ペナントレースは、巨人と阪神の一騎打ちです。

一方、首位打者争いの3人は前月から打率を維持し、
9月末時点での3人の打率は次の通りでした。

張本 .354
若松 .353
谷沢 .337


この3人が打率トップ3
残り試合は、巨人12、ヤクルト15、中日13です。
谷沢は5割近い成績を上げないと、首位打者争いは難しい状況。
どうやら、張本 vs. 若松の一騎打ちの模様です。

"6糸差" の奇跡

谷沢の驚異的な追い上げ

10月に入っても、張本は好調を維持。打率をさらに上げます。
一方、張本を追う若松は、率を落とし首位打者争いから脱落。
誰もが、張本の首位打者を信じてやみませんでした。

ところが、ここから奇跡が起きます
2人の後塵を拝していた谷沢
最後の最後になって、まさかの驚異的な追い上げを見せます。

以下が、10月の谷沢の打撃成績です。
10月1日 4打数1安打
10月2日 5打数3安打
10月7日 3打数1安打
10月10日第1試合 4打数2安打
10月10日第2試合 4打数3安打
10月11日 5打数3安打
10月15日第1試合 5打数2安打
10月15日第2試合 4打数2安打
10月16日 4打数3安打
10月17日第1試合  3打数1安打
10月17日第2試合 3打数1安打
10月18日 4打数3安打
10月の月間打率  48打数25安打 打率.521

逆転で谷沢が首位打者

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【武田一浩】史上3人目!全12球団から勝利したピッチャー!1998年には最多勝も記録

【武田一浩】史上3人目!全12球団から勝利したピッチャー!1998年には最多勝も記録

セ・パ交流戦が始まる以前、公式戦でセ・パ全12球団から勝利を挙げた投手はわずか3人です。その一人が、今回ご紹介する武田一浩。最多勝、最優秀救援のタイトルも獲得したことのある実力派で、中日ドラゴンズのリーグ優勝にも貢献しました。そんな武田投手の各球団初勝利の軌跡を振り返ります。
izaiza347 | 461 view
【プロ野球】1970年代の第一次長嶋巨人!活躍した希少な外国人選手たち

【プロ野球】1970年代の第一次長嶋巨人!活躍した希少な外国人選手たち

V9時代には助っ人外国人は雇わず、日本人選手のみだった川上巨人。川上監督が勇退し、長嶋監督に代わると、早速就任1年目から、巨人初のMLB選手デービー・ジョンソンを獲得します。その後は、クライド・ライトやジョン・シピンなども入団。外国人選手の活躍ぶりはどうだったのでしょうか?長嶋巨人V2に貢献した選手は?
izaiza347 | 522 view
【プロ野球】惜しかった!夢の大台 "4割" まであと一歩だった4人の強打者

【プロ野球】惜しかった!夢の大台 "4割" まであと一歩だった4人の強打者

日本のプロ野球史上、いまだ誰も達成していない夢の記録「打率4割」。安打製造機と呼ばれたあの人も、神様仏様と言われたあの人も、巨人歴代最高打率のあの人も、日米4000本以上打ったあの人も、あと一歩のところで手が届きませんでした。今回は、その4人の強打者の "あと一歩" を振り返ります。
izaiza347 | 2,178 view
【大型トレード】どっちがトクした!?張本を獲得した巨人?高橋一・富田を獲得した日本ハム?

【大型トレード】どっちがトクした!?張本を獲得した巨人?高橋一・富田を獲得した日本ハム?

1975年のプロ野球オフシーズンには、二つの大型トレードが話題になりました。一つが、阪神(江夏豊、望月充)と南海(江本孟紀、長谷川勉、池内豊、島野育夫)のトレード、そしてもう一つが今回ご紹介する、巨人(高橋一三、富田勝)と日本ハム(張本勲)のトレードです。チームの強打者とエース投手が動いた大型トレード。巨人と日本ハム、果たしてどちらのチームがトクしたのでしょうか?
izaiza347 | 1,078 view
【古賀正明】セ・パ全球団から勝利!9シーズン38勝で達成したスゴい投手!

【古賀正明】セ・パ全球団から勝利!9シーズン38勝で達成したスゴい投手!

セ・パ交流戦が始まる以前、公式戦でセ・パ全12球団から勝利を挙げた投手はわずか3人です。その一人が、今回ご紹介する古賀正明。しかも、生涯成績38勝、現役生活わずか9シーズンで達成しています。あの江夏豊でさえも達成できなかった驚異的な記録。そんな古賀投手の各球団初勝利の軌跡を振り返ります。
izaiza347 | 5,096 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト