チ-5号、チ-37号、和D-53号、ダビデの星が描かれた謎の紙幣…日本犯罪史に名を残す「偽札事件」の数々!!
2019年10月2日 更新

チ-5号、チ-37号、和D-53号、ダビデの星が描かれた謎の紙幣…日本犯罪史に名を残す「偽札事件」の数々!!

社会秩序の根底を揺るがす「偽札」。昭和から平成にかけて、様々な偽札が流通する事件が世間を賑わせてきました。この記事では、そんな日本の偽札事件を特集したいと思います。

4,076 view

日本犯罪史に名を残す「偽札事件」の数々。

社会秩序の根底を揺るがす「偽札」。貨幣も含めた通貨偽造の歴史は古く、中世ヨーロッパでは国家ぐるみでの通貨偽造が行われたこともあります。一方日本では、昭和から平成にかけて精巧な偽札が流通する事件が世間を賑わせてきました。この記事では、そんな日本の偽札事件を特集したいと思います。
 (2092704)

※画像はイメージです。

チ-5号事件(1951年)

 (2092656)

映画「ニセ札」より。
まずは、終戦後の1951年に発生した「チ-5号事件」。山梨、東京、愛知などで偽造千円札が発見され、警察の捜査の結果、山梨県のとある「村ぐるみ」での犯行が発覚し24人が逮捕されました。なお、この事件は2009年に「ニセ札」として映画化されています。
 (2092657)

謎のニセ札事件(1954年)

次にご紹介するのは1954年に発生した「謎のニセ札事件」。その発端は、東京都中央区の印刷所に興信所を名乗る男が「意味不明な紙幣のようなもの」を発注したことに始まります。この「紙幣のようなもの」には「100」という数字に意味不明な文字、そしてダビデの星などが描かれたデザインとなっており、そのあまりの異様さから印刷所が警察に連絡、事件が発覚しました。

「紙幣のようなもの」には謎の文字が描かれていました。

※画像はイメージです。事件とは無関係です。
警察の調べによると、男の名乗った興信所は存在せず、また発注した「紙幣のようなもの」と同じデザインの紙幣は世界中のどこにもありませんでした。文字についても判読不能であり、言語学者が調査しても詳細は分からず。発注した男の行方も知れず、多くの謎だけが残る奇妙な事件となりました。
 (2092705)

「秘密結社が使う紙幣」「演劇で使う紙幣」といった推測もなされましたが、どれも根拠に欠け、結局謎が解明されることはありませんでした。

※画像はイメージです。事件とは無関係です。

チ-37号事件

60年代前半、秋田県での偽札発見に端を発した「チ-37号事件」。1963年までの間に、全国各地で300枚を超える同様の偽札が発見されました。
 (2092671)

当時流通していた聖徳太子の千円札。

※こちらは本物の紙幣です。事件とは無関係です。

偽札史上、最高の芸術品。

チ-37号事件で特筆すべきことと言えば、その「偽札の精巧さ」。紙の厚さや手触りに若干の違いがあるものの、本物との比較で素人目には判別が不可能とまで言われるほどに、精巧な作りをしていました。そのため、この「チ-37号」は「日本の偽札史上、最高の芸術品」とまで言われています。そして1963年、日本銀行は紙幣の信頼維持のため、肖像に伊藤博文を採用した新たな千円紙幣を発行することとなりました。
 (2092670)

事件を受けて発行された伊藤博文の千円札。ミドルエッジ世代であれば見覚えがあるかと思います!

子供たちの間でクイズが流行!

この事件に対処するため、警視庁は偽札を届けた者に謝礼として3000円を支払うことを決定。その他、犯人につながる有力な情報の提供者にも高額の謝礼を支払うこととしました。その結果、当時の子供たちの間では「300円の品物を千円札で買ったところ、2700円のお釣りが返ってきた。それはなぜか」というクイズが流行したと言います。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

市原悦子戦慄!?事件現場にありそうな「鈍器のようなもの」がカプセルトイになって登場!!

株式会社ブシロードクリエイティブが展開するオリジナルカプセルトイブランド『 TAMA‐KYU(たまきゅう)』より、「鈍器のようなもの」が発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 865 view
キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

キツネ目の男はいなかった!?事件関係者の証言を集めた『昭和10大ミステリー新証言録』が発売決定!!

宝島社より、グリコ・森永事件をはじめとした昭和を代表する重大事件を特集した書籍『キツネ目の男はいなかった 昭和10大ミステリー新証言録』の発売が決定しました。
隣人速報 | 4,335 view
歴史的事件が一面にズラリ!ゴミで出た「古新聞」がやたら古過ぎるとネットで大きな話題に!!

歴史的事件が一面にズラリ!ゴミで出た「古新聞」がやたら古過ぎるとネットで大きな話題に!!

新聞を購読している方であれば、必ず貯まる「古新聞」。このたびツイッター上にて「やたら古過ぎる」古新聞が大量に発見されたと、大きな話題となっています。
隣人速報 | 2,570 view
70年代より話題となった「ストックホルム症候群」が発生した人質事件!同症候群から派生した「リマ症候群」とは?

70年代より話題となった「ストックホルム症候群」が発生した人質事件!同症候群から派生した「リマ症候群」とは?

古今東西の人質事件・誘拐事件で頻繁に起こるストックホルム症候群、およびリマ症候群について書いてみたいと思います。
戦後の沖縄、ウォーターゲート、光州事件…ポレポレ東中野にて、特集上映<政治映画はサスペンスである>が緊急開催!!

戦後の沖縄、ウォーターゲート、光州事件…ポレポレ東中野にて、特集上映<政治映画はサスペンスである>が緊急開催!!

東京・東中野にあるミニシアター「ポレポレ東中野」にて、特集上映<政治映画はサスペンスである>の緊急開催が決定しました。開催日程は8月3日から。
隣人速報 | 432 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト