機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)で使用された艦艇・兵器たち(ティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編)
2017年5月22日 更新

機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)で使用された艦艇・兵器たち(ティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編)

前回の続きです。今回はティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編ということで頑張ってみました。このグリプス戦役は背景が複雑なので同型艦や兵器も各勢力が使用していることもあり、省略しようかとも思いましたが、それぞれの艦名や投入されている場面などが違いますので可能な限りご紹介してみようかと思います。

22,361 view
ティターンズの主力でありドゴス・ギアにその座を譲るまあで旗艦として働いていたのがアレキサンドリアでした。サイド2の25バンチへの毒ガス注入作戦やグリプスでの決戦などで登場していました。最後はコロニー・レーザーの照射を受けガディ・キンゼー艦長以下全員戦死、消滅しています。

メロゥド

ガルダ級超大型輸送機

ガルダ級超大型輸送機

艦長 ジェリド・メサ
全長 317m
全幅 524m
艦載機 RMS-106 ハイザック
    RMS-108 マラサイ
    RMS-154 バーザム
    NRX-044 アッシマー
    RX-160 バイアラン
機体色は灰色。地球連邦軍所属。
ジェリド・メサが指揮して、キリマンジャロからダカールへ向かうアウドムラを追撃。エゥーゴ、カラバと交戦したが、アムロ・レイの操縦するディジェの猛攻を受けブリッジを破壊される。
『ガルダ構想』により建造された6機のうちの1機。元々地球連邦軍の機体なのでティターンズが使用しても何らかの不思議は無いのですが、ついついカラバのアウドムラの印象が強くてジェリドが運用しているのに違和感を感じてしまいましたね。

ゲター

サブフライトシステム

サブフライトシステム

搭載 MS2機?
武装 無し
板状のフォルムを持った宇宙仕様のベースジャバーといった趣の機体である。ただし非武装の無人機であり、機体規模もやや小さいため、主にMS単機で運用されるが、エゥーゴが使用した単機専用のシャクルズと違い、MS2機を搭載可能なだけのサイズはある]。シャクルズと比較すると機体規模が大きい分だけ推進剤搭載量が多く、航続距離は長い反面、俊敏性はやや劣る。
サラ・ザビアロフが搭乗したボリノーク・サマーンが立ったままで使用していたシーンがありました。連邦軍の制式採用されていたはずですが、あまり印象には残っていません。

コロニーレーザー

グリプス2(宇宙用大量破壊兵器)

グリプス2(宇宙用大量破壊兵器)

建造 ティターンズ
推進動力 核パルスエンジン
ティターンズにより建造された兵器。エネルギー充填システムを改良し、ソーラ・レイの欠点だったチャージ時間の大幅な短縮に成功している。ティターンズの戦略開発拠点だったサイド7のグリーン・ノア2の2つあるシリンダーのうち1基を改装したので、「グリプス2」と呼ばれる。核パルスエンジンを有し、任意の射点への移動が可能になっている。レーザーの稼動原理は言及されていないが、シリンダー基部には真空管を巨大化させた形状のレーザー発振器が多数設置されている描写がある。
この兵器は以前のものと違い一回限りの登場というわけではなく結構撃っていました。1回目はティターンズが、2回目と3回目はアクシズと協力してこれを奪取したエゥーゴが使っていました。まぁ相変わらず物凄い威力でそれでも100%の出力での発射はしていませんでしたね。

サチワヌ、ブルネイ

サラミス改級巡洋艦(宇宙巡洋艦)

サラミス改級巡洋艦(宇宙巡洋艦)

サラミス級の近代化改修型
MSとの連携を重視した改修がなされているほか
武装も変わっている
宇宙世紀0070年代後半より地球連邦軍宇宙艦隊の中核として大量建造がなされた本級は、その優れた汎用性により早くにその姿を消したマゼラン級とは対照的に、極めて長期にわたって運用されることとなった。 宇宙世紀0150年代になってもミノフスキー・クラフトの搭載等、大規模改修が行われつつも艦級を改められる事も無く、多数が第一線で運用され続けていることが『Vガンダム』劇中にて確認することができる
本編中艦名が分かったのは「ボスニア」「モンブラン」「サチワヌ」「ブルネイ」「シチリア」などでありましたが、当然、エゥーゴ、連邦軍、ティターンズともに主力艦として運用していたので他にも多数の(数えきれない)艦艇がいたことはご承知の通りです。

ゼダンの門

宇宙要塞(旧ア・バオア・クー)

宇宙要塞(旧ア・バオア・クー)

正確には、グリプスとア・バオア・クー及び
その間の空域の総称がゼダンの門である
一年戦争終結後はジオン共和国によって管理され、再び資源採掘用として運用されていたが、グリプス戦役では核パルスエンジンを設置、ゼダンの門と名を変えている。ティターンズの要衝となるが、エゥーゴと手を組んだハマーン・カーンによって、小惑星アクシズと激突し、崩壊した。
115 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ファミコン用ゲーム「機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル」はどんなゲーム。時を超えて蘇る名曲とは。

ファミコン用ゲーム「機動戦士Zガンダム・ホットスクランブル」はどんなゲーム。時を超えて蘇る名曲とは。

今も愛されるガンダムシリーズ。その中でも人気の高い「機動戦士Zガンダム」の物語の一部を題材としたゲーム「機動戦士Zガンダム・ホットスクランブルに注目しました。中には評価が低いという意見もあるが実際はどうなのか、あなたの目で確かめてください。
showta14 | 7,643 view
昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

昭和のアニメ世代にとって至福の時間!翌日返上覚悟で徹夜したくなる理由があるんです。

”アニメ見るならアニマックス!”で知られるアニメ専門チャンネル「アニマックス」。平成最後のGWに『平成最後は平静じゃいられない!黄金週間アニメ一挙放送!』と題し、大人世代アニメを10日間スペシャル一挙放送します!
『ガンプラり歩き旅』その69 ~HGUC発売を直前にして、あえて旧作1/220 バイアランを試験機カラーで仕上げてみる!~

『ガンプラり歩き旅』その69 ~HGUC発売を直前にして、あえて旧作1/220 バイアランを試験機カラーで仕上げてみる!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 3,408 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.21 「とれた?」「当たった?」クレーンゲーム&一番くじにおけるガンダムの世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.21 「とれた?」「当たった?」クレーンゲーム&一番くじにおけるガンダムの世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第45回は、この連載での紹介は10機目となる(発売順では9機目)のガンダムと、レアな武器・ビーム・ジャベリンです!
市川大河 | 5,101 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト