機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)で使用された艦艇・兵器たち(ティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編)
2017年5月22日 更新

機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)で使用された艦艇・兵器たち(ティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編)

前回の続きです。今回はティターンズ、地球連邦軍、ジオン共和国、ネオ・ジオン編ということで頑張ってみました。このグリプス戦役は背景が複雑なので同型艦や兵器も各勢力が使用していることもあり、省略しようかとも思いましたが、それぞれの艦名や投入されている場面などが違いますので可能な限りご紹介してみようかと思います。

19,362 view

はじめに

木星

木星

人類は既にこの木星にまで拠点を築き、そこにも一つの勢力が存在していた。この星は太陽系の中で大きさ、質量ともに最大の惑星である。この木星と火星の間にアステロイドベルトがあり、コロニー建設のための資源を得ていた。
出典 www.t13.cl
登場人物およびモビルスーツのデザインは刷新され、前作の登場人物は年齢を重ねて再登場する。前作の連邦対ジオンという明快な図式に対して、本作はティターンズとエゥーゴという地球連邦軍から発生した二つの勢力による抗争を中心に、中盤以降ではジオン残党最大勢力であるアクシズの地球圏帰還や、各勢力同士の同盟・決裂、指導者の暗殺など、複雑な構図となっている。

ティターンズ(地球連邦軍)

 (1866771)

セイバーフィッシュ

FF-S3

FF-S3

全長:19.9m/全幅:17.7m
全高:6.9m(着陸脚収納時)
   7.1m(着陸脚展開時)
地球連邦宇宙軍が宇宙空間での戦闘を想定して配備していた宇宙戦闘機。装備の変更により、大気圏高高度の飛行も可能で宇宙用ではロケットブースターを使用した軽快な機動性を活かして、宇宙用艦船の対空防護や対空戦闘で活躍した
FF-S3 セイバーフィッシュは、ハービック社によってFF-X7 コア・ファイターに似た高速宇宙戦闘機として設計されています。しかし、セイバーフィッシュも地球の大気中でも行動することができます。セイバーフィッシュは、サラミスとマゼラン級の戦艦の船体に搭載され、発射されるように設計されています。セイバーフィッシュの武装は4つの機関銃と6つのミサイル発射装置で構成されており、移動式スーツに似た火力を発揮します
エゥーゴのジャブロー信仰作戦時に迎撃に出てきていました。しかしエゥーゴの新型MSには対抗することはかないませんでしたね。

TINコッド

FF-6

FF-6

コード名: TINコッド
ユニットタイプ:短距離大気戦闘機
メーカー:ハーヴィック社
所属:地球連邦軍
ロールアウト: UC 0062(テスト版)
翼幅:不明
体重:不明
推進:ロケットスラスタ:総出力不明
センサー、範囲不明
固定武装: 4×25ミリメートルマシンガン、2×対空ミサイル
FF-6 TINコードはハーヴィック社が連邦軍の主要な大気使用迎撃装置として製造した戦闘機です。TINコードは4つの25mm機関銃と2つの空対空ミサイルラックで軽く武装しています。この軽量なペイロードにより、TINコードは安価に生産され、高度に操作が容易になります。TINコードはUC 0087のように遅くに就役しており、エゥーゴが南米ジャブローのティターンズ供給基地を攻撃するとき、戦闘シーンが見られます。しかし、この旧式戦闘機は、エゥーゴの最新のモビルスーツの能力に匹敵することはできませんでした。
この機体もFF-3同様ジャブロー攻防戦で迎撃に出ていました。カミーユのMK-Ⅱに銃撃してきたのはこの機体です。ほんの一瞬でのカットでしたがやられるのも一瞬でした。開発が0067頃でロールアウトも同年ということですからやはりこの時代ではかなりの旧式機ということになるでしょう。全く相手になっていません。

毒ガス

G3ガス シーマ・ガラハウが作戦に使用
一年戦争開戦直前に編成されたキシリア・ザビ配下のジオン公国軍海兵隊に、遙任の艦隊司令アサクラ大佐の代理司令官として配属。麾下艦隊は、「シーマ艦隊」の通称を得て、一年戦争時は主に破壊工作を行っていた。一年戦争緒戦において、スペースコロニーへの毒ガス(G3ガス)注入、いわゆる「コロニー潰し」に従事しており、これがトラウマになっていることがCDシネマ『宇宙の蜉蝣』で語られている。
この兵器に関しては画像がありませんでした。また詳細も不明ですがコロニー内の全ての人間を殺せるほどの強力なガスなのは間違いないでしょう。

アレキサンドリア、ハリオ

アレキサンドリア級重巡洋艦(宇宙巡洋艦)

アレキサンドリア級重巡洋艦(宇宙巡洋艦)

所属 地球連邦軍(ティターンズ)
全長 不明
武装 連装主砲x4(MS格納庫側面上下に各1)
単装副砲×2(左右エンジンブロック側面前端)
連装対空砲x4
単装対空砲×4
艦長 ガディ・キンゼー
搭載数 モビルスーツ×12
デラーズ紛争を経てティターンズ結成直後に竣役した一年戦争後の連邦軍主力艦艇の第1世代である。当初よりモビルスーツ運用を前提としており、ペガサス級を基にムサイ級を始めとする旧ジオン軍艦艇を参考として建造された。艦首上下にカタパルト2基ずつ計4基を備え、単艦で艦隊相当(サラミス改級軽巡4隻分)の働きをすべく設計されている。発展型にロンバルディア級戦艦やグラン・ザンドレル級陸上戦艦ある。
115 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その69 ~HGUC発売を直前にして、あえて旧作1/220 バイアランを試験機カラーで仕上げてみる!~

『ガンプラり歩き旅』その69 ~HGUC発売を直前にして、あえて旧作1/220 バイアランを試験機カラーで仕上げてみる!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,683 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.21 「とれた?」「当たった?」クレーンゲーム&一番くじにおけるガンダムの世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.21 「とれた?」「当たった?」クレーンゲーム&一番くじにおけるガンダムの世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

『ガンプラり歩き旅』その45 ~HGUC最新版、10機目のガンダムと、ビーム・ジャベリン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第45回は、この連載での紹介は10機目となる(発売順では9機目)のガンダムと、レアな武器・ビーム・ジャベリンです!
市川大河 | 4,264 view
『ガンプラり歩き旅』その44 ~こういう時、慌てた方が負けなのよね! ガンキャノン!~

『ガンプラり歩き旅』その44 ~こういう時、慌てた方が負けなのよね! ガンキャノン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第44回は、ホワイトベースV作戦トリオの一角、ガンキャノンです!
市川大河 | 3,536 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(9)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(9)

今回も「Z-MSV」で設定されている機体が中心となります。そしていよいよZガンダムの登場となります。無論引き続き「Z計画」上の機体が多いのですが・・・
yakushakowai | 9,136 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト