昭和の名作をオマージュした。ネタあり、笑いあり、涙ありのアドベンチャーゲーム『バトルゴルファー唯』
2017年1月24日 更新

昭和の名作をオマージュした。ネタあり、笑いあり、涙ありのアドベンチャーゲーム『バトルゴルファー唯』

「仮面ライダー」「巨人の星」「ゲゲゲの鬼太郎」「快傑ズバット」などを「パロディーネタ」にした演出。昭和生まれなら思わず「ニヤリ」としてしまう要素が100%濃縮された、セガ的ノリの良さが光る!最高ランクのB級作品!!

1,669 view

1991年2月15日「セガ」からリリースされた。

 (1530956)

・ジャンルは「アドベンチャーゲーム」となっているが、「ゴルフパート」と「アドベンチャーパート」が合わさった「アドベンチャーゴルフゲーム」といった表現が相応しい本作。

・キャラクターデザインは「ANO清水」氏。このゲームの世界観に非常によくマッチしている。(氏のキャラクターは「H」というよりは「お色気」という表現がよく似合う)

ゴルフパート

勝負は全て「マッチプレー」

勝負は全て「マッチプレー」

・最終戦を除く全ての面が「3セットマッチ」で先に「2UP」したほうが勝利する。ただしプレイヤー側が「EVEN」の場合は負けてしまう不利な条件になっている。(※最終戦は9セットマッチ)

・対戦相手に勝利することによって「必殺ショット」を覚えることができる。「SPポイント」を消費することで使用することができる。

・「1UP」し勝利することで「10EXP」の経験値が入り、レベルアップする。レベルが上がると「SPポイント」が増えていく。

・プレイヤー側が負けていても、あきらめずプレーしていると、CPU側が勝手にミスを連発してくれたり「GIVE UP」してくれたりと、非常に楽しく「ゴルフ」をプレイすることができる。

・「ゴルフコース」もバラエティーに富んでいて、攻略するのが面白い。

ストーリーとキャラクターの紹介

水原唯(ミズハラ ユイ)

水原唯(ミズハラ ユイ)

・年齢16歳
・身長160cm ・体重48kg
・B80 ・W58 ・H83

・ハザードカップ女子マッチプレイ選手権に現れた新人の女子高生。しかし、バトルゴルファーを使って世界征服を企む悪の組織「ダークハザード」に連れ去られ「プロフェッサーG」の忠実な下部「ブラックファイアー」となるべく改造手術を受ける。しかし「ドクターT」なる謎の男に脳改造直前で助けられ脱出に成功する。共に連れ去られた親友の「竜崎蘭(リュウザキ ラン)」の行方を追い「ギル・カントリークラブ」で開催される「ハザード財団主催のゴルフ・マッチプレートーナメント」に出場する。
「ハザード!」「このトーナメントに出れば何かわかるかも!」「ギル・カントリークラブ・・・いくしかない!」
竜崎蘭(リュウザキ ラン)

竜崎蘭(リュウザキ ラン)

・年齢17歳
・身長164cm ・体重50kg
・B83 ・W60 ・H85

・ハザードカップ女子マッチプレイ選手権で「唯」と決勝で戦うはずだったが「ダークハザード」に連れ去られ行方不明となる。
後に「パーフェクトバトルゴルファー」になった彼女が「シャドーサンダー」として「唯」の前に立ちはだかる。
出典 freett.com
オクイ トモコ

オクイ トモコ

・年齢不明

・「ギル・カントリークラブ」の「メッセンジャー」として登場。「唯」のキャディーとして同行してくる。彼女の正体は、実は・・・。

・「唯」から見た彼女は「ディスコのお立ち台の女みたい」だそうです。
芳賀田満(ハガタ ミツル)

芳賀田満(ハガタ ミツル)

・年齢20歳

・バトルゴルファーに改造された「唯」が一番最初に戦う相手。初対面の「唯」に対して「僕だよ、星くん!君の永遠のライバル芳賀田満だよ!」「明子さんかい?美しい人だよ・・・ポッ」「ふ・・・今年こそ僕の力でタイソンズを優勝させて見せる!」と言ったセリフ回しでパロディネタを吹っかけてくる。
ゴルフパートで勝利した後の展開で「唯」が「きれる」→「いじめる」と、本来ドSだったのか、「芳賀田は一途な変態だった。」ことが判明し、以降は年下の「唯」を「お姉さま」と呼ぶようになる。

・「巨人の星」の「花形満(はながた みつる)」のパロディーキャラ
ゲロゲロの飢多子(ゲロゲロのキタコ)

ゲロゲロの飢多子(ゲロゲロのキタコ)

・年齢100021歳

・「唯」が二番目に戦う相手。やはりこのキャラも・・・。初対面の「唯」に対して「よく来たな!ぬるりひょん」「イヌ娘に何の用だ!」と言ったセリフを投げかけてくる。「唯」のことを悪の「妖怪」だと勘違いしていて、誤解を解くために対戦する羽目に。
結局は「カワウソ男」が「ダークハザード」から金をもらい「霊界ポスト」にウソの手紙を投函していた事が原因だった。

・頭から「目玉母さん」が助言をしてくる。

・「ゲゲゲの鬼太郎」のパロディーキャラ
怪傑ディボット

怪傑ディボット

・年齢25歳

・三番手の対戦相手。今回も初対面の相手に「飛鳥次郎(アスカ ジロウ)という男を知っているな!」「飛鳥次郎を殺したのはお前だな!!」と吹っかけてくる。

・このキャラは元ネタが実写なので、顔グラフィックがリアルな分、ゲーム中一番の存在感を放っている。それに加えて「ヒューー!チッ・チッ・チッ・・・お・れ・さ!」の下りで「アニメ-ション」するのもインパクト大。

・「快傑ズバット」のパロディーキャラ
シミュレーションマシン・YUI

シミュレーションマシン・YUI

・年齢不明
・身長160cm ・体重48kg
・B85 ・W58 ・H83

・バストが「唯」より5センチ大きい事と、「頭脳」が「生身」か「メカ」の違いだけの「アンドロイド」である。

・YUI「ワタシハ アナタ。アナタハ ワタシ。」
ドクターT

ドクターT

・年齢不明

・「プロフェッサーG」の弟で科学者。「マサチューセッツ」で「サイバネティックス」の研究理論を完成する。その成果を証明する為に兄弟の意志で「兄」の体を改造手術する。結果、研究理論の重大なミスに気付く「あらゆるパワーが人間のそれを超えてしまっている」ことに・・・。
犯してしまった過ちから「プロフェッサーG」と化した「兄」と「ダークハザード」の破壊をもくろむが失敗。殺されてしまう。
プロフェッサーG

プロフェッサーG

・年齢不明

・バトルゴルファーを使って世界征服を企む悪の組織「ダークハザード」の総帥。実の「弟」も簡単に殺してしまうほど残忍。「究極人類」による真のユートピアをつくろうとしている。
そして・・・エピローグ

そして・・・エピローグ

・衝撃の結末がまっている。
エンディング

エンディング

・エンディングで流れてくる「FINALE」というBGMは必聴!

VGM Hall Of Fame: Battle Golfer Yui - End Music - YouTube

Mega Drive/Genesis Battle Golfer Yui - End Music (1991) Masayuki Nagao gameplay http://www.youtube.com/watch?v=RyCNDGSV304 wikipedia http://en.wikipedia.org/...

裏ワザもある

・パスワード「なつくさや つわものともか ゆめのあと」と入力すると「唯」のステータスが「LV99」の状態から「ストーリーモード」を開始することができる。(※「オクイ トモコ」とのフロントでのやり取りはカットされ、いきなり芳賀田満と対峙する場面からスタートする)

・パスワード「ふるいけや かはすとひこむ みすのおと」と入力すると「エピローグ」部分を除いた「エンディング」部分だけを見る事ができる。

・タイトル画面で「Bボタン」を押しながら「スタートボタン」を押すと「MUSIC BOX」モードになる。

★ゲームセンターCX #81 課長の接待ゴルフ「バトルゴルファー唯」 - YouTube

Playlist: https://www.youtube.com/watch?v=ZPQ2J7VHaDA&index=1&list=PLUWtm202ScullrALi2w3SMv4_AHsRq5qy GameCenter CX (ゲームセンターCX Gēmu Sentā Shī Ekkusu?), also ...
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

どうかしてるぜ!?ガチンコ"ドラゴン(ビースト)"プロレスゲーム『ビースト・ウォリアーズ』

メガドライブ専用ソフトとして「日本テレネット」から発売された『ビースト・ウォリアーズ』は、新たに立ち上げた同社の新ブランド「RIOT」の第一回オリジナル作品として登場。その世界設定は練り込まれており、BGMやビーストのデザインなどが一層それを引き立てました。
『レンタヒーロー』は、知名度ゼロのヒーローが頑張って町の人のために駆け回り、本物のヒーローへと成長していくアメコミ風アクションRPG

『レンタヒーロー』は、知名度ゼロのヒーローが頑張って町の人のために駆け回り、本物のヒーローへと成長していくアメコミ風アクションRPG

勘違いから始まった主人公のヒーロー人生。レンタルされたアーマーを装着してヒーローとなり、困っている人あれば西へ東へと駆け付ける。そんなヒーローの活躍ぶりをご紹介!
ナムコのスポーツゲームといえばファミスタ!?・・・メガドライブでは『レッスルボール』だよね

ナムコのスポーツゲームといえばファミスタ!?・・・メガドライブでは『レッスルボール』だよね

メガドライブファンの間では、本気を出してくれない「ナムコ」のゲームにため息しかでなかった時代。そんな時、突如発売された「レッスルボール」にも正直期待なんかしなかった・・・ただ、このゲームは違っていた!「レッスルボール」・・なんて"面白いゲーム"なんだ!!やはり「ナムコ」は すごかった!!!
ヒロイン系シューティングゲームに一石を投じた『ジノーグ』は主人公が"マッチョ"で硬派な本格派

ヒロイン系シューティングゲームに一石を投じた『ジノーグ』は主人公が"マッチョ"で硬派な本格派

1990年後半~1991年といえば、メガドライブでも各社が"ヒロイン系ゲーム"を制作していた時代でした。そこに登場した『ジノーグ』は"主人公がマッチョ"という時代の波に逆らったタイトルとしてメガドライブでも異色を放った「硬派」な横シューティングゲームでした。
男祭りだぜ!『サンダーフォックス』

男祭りだぜ!『サンダーフォックス』

MD(メガドライブ)版「サンダーフォックス」とは、一部の間で人気を博していたAC(アーケード)版の移植作品。AC版と比べて「2人同時プレイなし」「BGMがスローテンポ」「乗り物廃止」等の劣化部分が目立ち"一部の間でも高評価"を得られなかったかに思われたアクションゲーム・・・しかし、オリジナル要素や家庭用にチューニングされた難易度等、レトロゲーム評価は決して低くない作品に仕上がっている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト