2017年6月19日 更新

訳の分からないマイルス・デイヴィスの ビッチェズ・ブリューは何故こんなにも称賛されるのか?

フュージョンというジャンルを確立したアルバムと言われるマイルス・デイヴィスの 「ビッチェズ・ブリュー」。マイルスの代表作ということだけではなく、ジャズを代表する作品としても評価されています。しかし、ジャズに関心がない方がはじめて「ビッチェズ・ブリュー」を聴くと「理解できない」「退屈」という意見が多くをしめます。では何故こんなにも称賛されるのでしょう?

303 view

ビッチェズ・ブリュー

ロックやポップスに比べジャズの市場は小さい。今さら改めて言うまでもなく、非常に小さなものです。有名なジャスミュージシャンであってもレコードやCDの売り上げはロックスターの何分の一、いえ、何十、何百分の一でしょう。
それはジャスの帝王ことマイルス・デイヴィスをもってしても同様です。代表作であり、ジャズ史上最も革命的な作品の一つとみなされている「ビッチェズ・ブリュー」でさえも、マイルスにとって唯一全米チャート・トップ40にランクインしたにすぎません。

しかし、しかしです。この「ビッチェズ・ブリュー」はあまりにも素晴らしい!素晴らしすぎます。
ビッチェズ・ブリュー

ビッチェズ・ブリュー

ディスク:1
1. ファラオズ・ダンス
2. ビッチェズ・ブリュー

ディスク:2
1. スパニッシュ・キー
2. ジョン・マクラフリン
3. マイルス・ランズ・ザ・ヴードゥー・ダウン
4. サンクチュアリ
あの「ウッドストック・フェスティヴァル」が開催された日、マイルスがニューヨークのスタジオで繰り広げていたサウンドとは----。ロックやファンクの要素を大きく取り入れた、エレクトリック・マイルスの金字塔にして20世紀音楽の黙示録というべきベスト・セラー。呪術的なポリリズム、躍動的なベース・ライン、そしてマイルスのスリリングこのうえないトランペット。そのすべてが永久に新しい。グラミー賞受賞作品。
発表当初から賛否を巻き起こしたビッチェズ・ブリュー」、現在の耳で聴いてみても問題作だったことは容易に想像がつきます。今日ではマイルス・デイヴィスのみならずジャズ界を代表する名盤としての評価を確立していますが、一方では批判的な意見を言うジャズファンも多くいるようです。
その代表的な意見としては「これはジャズではない」でしょう。
また、初めてジャズを、マイルスを聴くことになった時、それが幸運にも「ビッチェズ・ブリュー」だったとしたら、感想はおそらく「何が何だか分からない」という声が多く聞かれるのではないかと思われます。

何故そう思われるのか?では先ず、アルバムのタイトルにもなっている「ビッチェズ・ブリュー」を実際に聴いてみましょう。

Miles Davis - Bitches Brew - 8/18/1970 - Tanglewood (Official)

ジャズを、マイルスを初めて聴く方いかがですか?偉大なる革命を起こした名盤、その代表的なタイトル曲、どうです?つまらんでしょう?

ロックやポップスに馴染んでいる耳には、退屈だと感じるのが普通の感覚ではないかと思います。この映像はライブと言うこともあり、9分少々ですが、アルバムではこの曲は27分もあります。長い!長すぎます。
マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス

出生名:Miles Dewey Davis Ⅲ
生年月日:1926年5月26日
出身地:イリノイ州オールトン
死没:1991年9月28日
活動期間:1944年~1991年
「ビッチェズ・ブリュー」には6曲収録されています。6曲と聞けば特に問題はないように思えますが、発売当初のレコードで2枚組です。つまり4面。CDになってからも2枚組ですが、それもそのはず「ビッチェズ・ブリュー 」の27分を筆頭に、「ファラオズ・ダンス 」20分、「スパニッシュ・キー」17分と収録曲はどれもこれも長い!
「ジョン・マクラフリン」だけが4分23秒と短めですが、これはあまりに長い曲ばかりなのでプロデューサーのテオ・マセロが「ビッチェズ・ブリュー」の一部を切り取って、単体の楽曲としたものです。アルバムに慣れてくると、この曲が良いアクセントになっていると思われるかもしれません。

因みに、ジョン・マクラフリンとはこのアルバムにも参加しているギタリストの名前です。彼のギターが目立っているのでこのタイトルにしたのだとか。なんともいい加減というか、ジャズ的です。
ジョン・マクラフリン

ジョン・マクラフリン

出生名:ジョン・マクラフリン
別名:マハヴィシュヌ・ジョン・マクラフリン
生誕:1942年1月4日 イングランド ヨークシャー州ドンカスター
出身地:イングランド
ジョン・マクラフリンが弾くエレキギターなど多くのエレクトリック楽器が入っていることもあり、「これはジャズではない、ロックだ」という意見や「これはファンクだ」という意見。または、「これはフュージョンというジャンルを確立したアルバムだ」といった意見がありますが、日ごろロックやファンクを聴いている人からすると、これをロックとかファンクと認めるのも無理があるように思いますし、フュージョンというのも一般的なイメージからはかけ離れています。
ただ、このアルバムには後にウェザー・リポートを結成することになるウェイン・ショーターや、リターン・トゥ・フォーエヴァーを結成するチック・コリアなどフュージョン・シーンを代表するミュージシャンが他にも多数参加しています。
ウェイン・ショーター

ウェイン・ショーター

生誕:1933年8月25日
出身地:アメリカ合衆国 ニュージャージー州 ニューアーク
担当楽器:テナー;ソプラノ・サックス
活動期間:1959~現在
それでは、ウェイン・ショーターがジョー・ザヴィヌル等と結成したウェザー・リポートの「Birdland」を聴いてみましょう。

Weather Report - Birdland

フュージョン、クロスオーヴァーといえば、まさにこんな感じですよね。「ビッチェズ・ブリュー」とは随分違います。何といっても聴きやすいです。だからこそヒットしたのでしょうけどね。

それでは、確認の意味でアルバム「ビッチェズ・ブリュー」を代表する曲「スパニッシュ・キー」を聴いてみましょう。

Miles Davis - Spanish Key (Live at Isle of Wight 1970)

一般的にポップとは言い難いですよね。しかし、我慢して何度か聴いていると、もしかしたらこの曲の名曲、名演ぶりが分かってくるかもしれません。しかし、それにしても長い。17分30秒という長さは何度も聴きなおすにはあまりにも長すぎます。
だからと言うわけでもないのでしょうが、この曲と、やはり14分もある「マイルス・ランズ・ザ・ヴードゥ・ダウン」はなんとシングルになっていて、それぞれ2分49秒に編集されているのです。

それは、「Bitches Brew: 40th Anniversary Box set」で聴くことが出来ます。
Bitches Brew: 40th Annivers...

Bitches Brew: 40th Anniversary Box set

ディスク:1
  1. Pharaoh’s Dance
  2. Bitches Brew
  3. Spanish Key
  4. John McLaughlin

ディスク:2
  1. Miles Runs The Voodoo Down
  2. Sanctuary
  3. Spanish Key (alternate take) 10:20 *
  4. John McLaughlin (alternate take) 6:39 *
  5. Miles Runs The Voodoo Down (single edit) 2:49 *
  6. Spanish Key (single edit) 2:49 *
  7. Great Expectations (single edit) 2:41*
  8. Little Blue Frog (single edit) 2:36 *

ディスク:3
  1. Bill Graham intro
  2. Directions
  3. Bitches Brew
  4. The Mask
  5. It’s About That Time
  6. Sanctuary
  7. Spanish Key/The Theme
  8. Miles Runs The Voodoo Down
  9. Bill Graham outro

ディスク:4
  1. Directions
  2. Miles Runs The Voodoo Down
  3. Bitches Brew
  4. Agitation
  5. I Fall In Love Too Easily
  6. Sanctuary
  7. IT’s About That Time/The Theme
「スパニッシュ・キー」にしても「マイルス・ランズ・ザ・ヴードゥー・ダウン」にしても確かに聴きやすいといえば、聴きやすい。しかし、これは別物です。
今となっては貴重な音源のひとつではあるのでしょうが、「スパニッシュ・キー」を「マイルス・ランズ・ザ・ヴードゥー・ダウン」を聴いた気にちっともなりません。

つまり、時間が短ければ良いというものではないということです。じっくりと長い時間をかけて徐々にテンションを上げていく、「ビッチェズ・ブリュー」とはそんなアルバムなんですね。

この4枚組の「Bitches Brew: 40th Anniversary Box set」が素晴らしいのは、CDとDVD各1枚この当時のライブが収めてあることです。マイルスファンであれば必聴、必見ですよ。

名盤だけあって更にもうひとつボックス・セットが出ています。「ザ・コンプリート・ビッチェズ・ブリュー・セッションズ」がそれです。
ザ・コンプリート・ビッチェズ・ブリュー・セッションズ

ザ・コンプリート・ビッチェズ・ブリュー・セッションズ

ディスク:1
1. ファラオズ・ダンス
2. ビッチェズ・ブリュー
3. スパニッシュ・キー
4. ジョン・マクラフリン

ディスク:2
1. マイルス・ランズ・ザ・ヴードゥー・ダウン
2. サンクチュアリ
3. グレイト・エクスペクテイションズ
4. オレンジ・レディ
5. ヤフェット (未発表曲)
6. コラード (未発表曲)

ディスク:3
1. トレヴェール (未発表曲)
2. ザ・ビッグ・グリーン・サーペント (未発表曲)
3. ザ・リトル・ブルー・フロッグ (別テイク) (未発表曲)
4. ザ・リトル・ブルー・フロッグ (マスター・テイク)
5. ロンリー・ファイアー
6. グインネヴィア

ディスク:4
1. フェイオ (未発表曲)
2. ダブル・イメージ (未発表曲)
3. リコレクションズ (未発表曲)
4. テイク・イット・オア・リーヴ・イット (未発表曲)
5. ダブル・イメージ
貴重な音源が多数収録されています。しかし、ビッチェズ・ブリュー録音日に近い日付のセッションが集められているということですので、ビッチェズ・ブリュー・セッションズというには若干無理があるように思います。

歴史的な名盤ですから、これからも様々な形で関連する商品が発表されるのかもしれません。ファンにとっては楽しみですね。
これを機にひとりでも多くの方に聴いてもらいたいと思いますが、「ピンとこない」、「訳が分からない」と思われている方がほとんどでしょう。そのような方には、繰り返し何度か聴いて頂くしかありません。
きっと、きっとです。きっと、このアルバムの素晴らしさに気付く瞬間がやってきます!

「ビッチェズ・ブリュー」。それにしても不思議なアルバムです。ジャズではない。かと言ってロックというにも無理がある。これはマイルス・デイヴィスという天才が産み落としたマイルス・デイヴィスと呼ぶしかない音楽、宇宙なのです!
21 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人気がないのは分かってます。でも、1人でも多くの人にJAZZを聴いてほしいんです。ブルーノートを!

人気がないのは分かってます。でも、1人でも多くの人にJAZZを聴いてほしいんです。ブルーノートを!

ジャズに人気がない原因のひとつは「ジャズは難しい」という先入観があるからではないでしょうか?!ジャズにはブルーノートという多くの名盤をリリースしている素晴らしいレーベルがあります。中でもマイルス・デイヴィスのトランペットが冴える「枯葉」はこれからジャズを聴こうという方には最高です。ブルーノートとマイルス・デイヴィスのちょっといい関係、ご紹介します。難しくはありませんよ!
obladioblada | 537 view
バレンタイン・デーに聴きたい!名曲「My Funny Valentine」聴きくらべ!

バレンタイン・デーに聴きたい!名曲「My Funny Valentine」聴きくらべ!

2月14日はバレンタイン・デー。バレンタインにちなんだ曲は数あれど、多くのアーティストがカバーしていることからも分かるとおり、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は中でも特に人気がありますよね。というわけで、今回はこの名曲をいろいろなアーティストのヴァージョンで聴きくらべてみましょう!
Gaffa | 1,161 view
日本でも人気があったアメリカのテレビドラマ「マイアミ・バイス」の音楽を担当していたヤン・ハマー

日本でも人気があったアメリカのテレビドラマ「マイアミ・バイス」の音楽を担当していたヤン・ハマー

ヤン・ハマーは実力派のキーボード奏者で、ジャズやロックの様々なミュージシャンと共演し質の高い作品を数多く発表しています。しかし、一般的にはテレビドラマ「マイアミ・バイス」のテーマ曲の作者、演奏者としての方が分かりやすいかもしれませんね。ヤン・ハマーの超絶プレイを是非とも聴いてみてください!
obladioblada | 380 view
ギタリストであり、女心をメロメロにするセクシー・ボイスの持ち主でもあるジョージ・ベンソン

ギタリストであり、女心をメロメロにするセクシー・ボイスの持ち主でもあるジョージ・ベンソン

技巧派のギタリストであるジョージ・ベンソン。その一方で、ギターに勝るとも劣らないほどの魅力的なセクシー・ボイスを持っています。その歌声が開花した70年代中盤以降を追いかけます。
obladioblada | 404 view
彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

彼女自慢でしょうか?!カップルでジャケットを飾っているアルバムを集めてみました!皆さん愛があふれてます。

愛が止まらないとでもいうのでしょうか?それとも単に自己顕示欲の現れでしょうか?彼女が出来ると、結婚するとパートナーを自身のアルバム・ジャケットに使うミュージシャンは後をたちません。愛の結晶ともいえる2ショットで収まっているカップル・ジャケットを集めてみましたよ。
obladioblada | 54 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト