2017年1月5日 更新

盧廷潤(ノ・ジュンユン)。韓国では非難を受けるも誠実な人柄が好きだった!

韓国代表として初めてJリーグでプレーしたサッカー選手である盧廷潤(ノ・ジュンユン)。がっちりとした体格と得意のスピードを活かした突破力で中盤を活性化させた。ワールドカップにも韓国代表として2大会に出場している。

5,135 view

盧廷潤(ノ・ジュンユン)

1971年3月28日生まれ。仁川広域市出身。元韓国代表。
Jリーグ初期はノ・ジュンユンの読みで登録されていた。また、韓国代表として初めてJリーグでプレーしたサッカー選手。愛称はノーさん。

【個人データ】
・身長 171cm
・利き足 右足
・ポジション MF
サンフレッチェ広島で活躍した盧廷潤(ノ・ジュンユン)

サンフレッチェ広島で活躍した盧廷潤(ノ・ジュンユン)

【所属クラブ】
1993-1997年 サンフレッチェ広島
1998年 NACブレダ
1999-2001年 セレッソ大阪
2001-2002年 アビスパ福岡
2003-2004年 釜山アイコンズ
2005-2006年 蔚山現代FC
盧廷潤(ノ・ジュンユン)

盧廷潤(ノ・ジュンユン)

出典 ameblo.jp

韓国で非難を浴びながら日本へ渡り、サンフレッチェ広島の優勝に貢献!

年代別代表に選出され続け、高麗大学在籍中の1990年に韓国代表入りを果たした逸材。

大学卒業後の進路は、Kリーグドラフトで油公(現済州ユナイテッドFC)に指名されたが、以前からオファーの届いていたJリーグのサンフレッチェ広島に入団した。
韓国内で将来の中心選手として期待が高かったため、Jリーグ入りは韓国国民から強い非難を受けた。

盧廷潤(ノ・ジュンユン)がJリーグに加入した理由は、当時ジーコらビッグネームがこぞって加入していたJリーグで、そういった選手と対戦してみたかったためと言われている。
盧廷潤(ノ・ジュンユン)

盧廷潤(ノ・ジュンユン)

Jリーグ元年より日本で活躍。がっちりとした体格と得意のスピードを活かした突破力で中盤を活性化させた。不動のレギュラーとして1994年のサントリーシリーズ(1stステージ)優勝に貢献した。
なお、1994年のワールドカップアメリカ大会出場のため、チームが優勝を決めた同年6月11日のジュビロ磐田戦を含め、第1ステージ終盤の5試合はチームを離れた。
1994年サントリーシリーズ(1stステージ)優勝に輝...

1994年サントリーシリーズ(1stステージ)優勝に輝いたサンフレッチェ広島

【当時のサンフレッチェ広島の選手達】

GK・前川和也

GK・前川和也

アジアの大砲・高木琢也

アジアの大砲・高木琢也

アメリカワールドカップ最終予選でも韓国全土でスパイ扱いされてしまう!

1994年ワールドカップアメリカ大会アジア地区最終予選中の参加国の合同宿舎においては、上記の軋轢から自身をスパイ扱いする韓国代表選手との接触を避ける一方、Jリーグで同僚の森保一や他の日本代表の選手にキムチや焼き肉を差し入れたり、他のチームの情報を伝えたりしていた。

最終予選で韓国が日本に敗れ、ほとんどの選手が悔しさのあまり取材すら拒否してスタジアムを後にする中、盧だけは日本のテレビカメラに向かって笑顔で「おめでとう」とコメントを残した。
この試合に敗れたことについて、金皓韓国代表監督が「廷潤が日本代表のスパイであったせいで韓国は負けたのだ」とテレビカメラの前で主張を展開。それ以降、決定的に韓国全土にスパイの汚名を着せられることとなる。同年、韓国代表メンバーとしてW杯アメリカ大会への出場を果たす。
サンフレッチェ広島で同僚だった森保 一

サンフレッチェ広島で同僚だった森保 一

1995年にはチーム最多得点を記録!

1994年、1995年は2年連続で二桁得点を達成。1994年は10得点、1995年は13得点だった。
しかし、規律を重んじるサッカースタイルで好成績を挙げていたバクスター監督が契約交渉の問題から退団。新たな監督の元でも中心選手として活躍するが、怪我もあり徐々に出場試合数を減らした。

海外志向も強かったため、1998年にオランダのNACブレダへローン移籍することになった。

1999年に再び日本で活躍!

オランダに移籍した1998年には、ワールドカップフランス大会にも1試合出場している。

1999年に再び日本へと移籍した。1stステージからセレッソ大阪に加入。
2000年1stステージの躍進に貢献したものの、翌年のシーズン途中、チームの不振に伴い金都根と共に契約解除。

そして、アビスパ福岡へ入団するが、この年の福岡はJ1残留争いに巻き込まれ、最終順位15位となりJ2リーグへ降格してしまう。2002年も福岡に残留したがJ1昇格を果せず、シーズン終了後に退団した。

2003年に釜山アイコンズ(現:釜山アイパーク)に入団し、翌年のFAカップ優勝に貢献。2005年からは蔚山現代でプレーし、2006年シーズン終了をもって35歳で現役を退いた。
セレッソ大阪時代

セレッソ大阪時代

誠実な人柄が伝わるエピソード

1人の選手として大きく評価されるべき人物ではあるが、選手という枠を超えて尊敬される人物でもあることを特筆しておくべきだろう。数々のバッシングにも関わらず韓国人Jリーガーのパイオニア的存在となったことは当然挙げられる。今や韓国人がJリーグでプレーしても、それ自体を非難する韓国人はいないだろう。それ以外にも人柄の良さや、真面目に言葉を勉強し堪能となった日本語のこと、自分の生活費を切り詰めてまで両親に仕送りをしていたことなどエピソードには事欠かない。

試合で闘志を剥き出しにして全力を出しきる様と、試合以外でのこうしたエピソードが彼をより一層魅力的な人間に見せてくれる。あまりサッカー以外のことを強調し過ぎると、1選手である彼の評価が逆にぼやけてしまう可能性もあるのだが、彼についてはそういう心配は杞憂だろう。
セレッソ大阪時代

セレッソ大阪時代

2002年、なかなか調子の上がらない福岡の中で盧は一人気を吐いていたが、ある日の試合後、引き分けの結果に怒ったある福岡サポーターが、盧に韓国代表のユニフォームを投げつけた。
当時盧は韓国代表ではなく、この侮辱行為に普段は温厚な盧も「国(代表)のは関係ないだろう」と激怒し、即時の退団を示唆。このときは慰留され福岡に留まったが、同年限りでJリーグを去るきっかけになってしまった。
セレッソ大阪時代

セレッソ大阪時代

出典 ameblo.jp
大学の先輩であり、ブンデスリーガで活躍し、「20世紀アジア最優秀選手」として表彰された車範根(チャ・ブングン)を非常に尊敬しており、会話の端々で「私の尊敬するチャ・ブングン先輩は・・・」という言葉が出てくるという盧廷潤(ノ・ジュンユン)。

その謙虚さはプレーの激しさと大きなギャップがあった。もちろん良い意味で。
Jリーグ黎明期を彩った名選手のひとりだった。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

W杯得点王・薄毛のスキラッチ!ジュビロ時代には武田修宏を殴り前歯を折った!

W杯得点王・薄毛のスキラッチ!ジュビロ時代には武田修宏を殴り前歯を折った!

1990年のイタリアW杯でイタリア代表のフォワードとして活躍し、得点王に輝いたサルヴァトーレ・スキラッチ。1994年に当時ジュビロ磐田の監督を務めていたハンス・オフトの意向により、Jリーグにやってきたスキラッチをまとめた。
ひで語録 | 3,858 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 1,910 view
鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

鹿島の貴公子レオナルド!華麗なリフティングからのゴールはJベストゴールに!

Jリーグ黎明期に、ジーコに誘われ鹿島アントラーズに入団。相手ゴール前でリフティングを駆使してDFをかわしながら決めたゴールは今も語り草になっている。1994年のワールドカップでは、肘打ちにより退場してしまった、貴公子・レオナルドを特集する。
ひで語録 | 3,048 view
Jリーグ日本人初ゴールの風間八宏!94年のサンフレッチェ広島初優勝に貢献!

Jリーグ日本人初ゴールの風間八宏!94年のサンフレッチェ広島初優勝に貢献!

清水市立商業高等学校の頃から周囲に才能を認めさせ、ドイツでもプレーした風間八宏。Jリーグの黎明期はサンフレッチェ広島で活躍し、初優勝にも貢献した。Jリーグの日本人初ゴールは風間八宏ということをご存知だろうか?
ひで語録 | 1,025 view
フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

フランスW杯直前、Jリーグデビューから11日後の高校生が日本代表デビュー!市川大祐!

1998年のフランスワールドカップを前に、高校生ながら代表へ招集された清水エスパルスの市川大祐。同じく10代だった天才・小野伸二と共に日本代表の試合に出場。カズと同じく、惜しくもワールドカップ直前に代表落ちするも日韓ワールドカップで活躍した。
ひで語録 | 1,268 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト