地図から消された忌まわしき『杉沢村』ネット黎明期に噂が拡大『鮫島事件』もその頃に起きた
2017年5月17日 更新

地図から消された忌まわしき『杉沢村』ネット黎明期に噂が拡大『鮫島事件』もその頃に起きた

青森県にあったとされる杉沢村が、2000年8月の「奇跡体験!アンビリバボー」で扱われブームとなった。大量殺人が起こり、地図から消されたと言われた杉沢村。その頃、ネットでは鮫島事件という真偽が不明な事件が話題となっていた。

24,359 view

TV番組「アンビリバボー」で扱われた『杉沢村』

青森県にあったとされる「杉沢村」を扱った都市伝説が2000年代前半に流行ったのを覚えているだろうか。
巷で噂となっていたこの都市伝説を、マスメディアであるテレビの人気番組「奇跡体験!アンビリバボー」が2000年8月24日の放送回で扱い、その知名度を飛躍的に上げた。

杉沢村伝説ともされる都市伝説の内容はこうだった。
「地図から消えた村 杉沢村の呪い」 [DVD]

「地図から消えた村 杉沢村の呪い」 [DVD]

かつて青森県の山中に、杉沢村という村があった。昭和の初期「一人の村人が突然発狂し、村民全員を殺して自らも命を絶つ」という事件が起きた。誰もいなくなった村は、隣村に編入され廃村となり、地図や県の公式文書から消去された。
しかし、その廃墟は悪霊の棲み家となって現在も存在し、そこを訪れた者は二度と戻っては来られない。
近年でも「乃木坂46×最恐都市伝説」シリーズの第3弾と...

近年でも「乃木坂46×最恐都市伝説」シリーズの第3弾として映像化されている。

また、2000年には田川幹太監督のオリジナルビデオ「杉沢村伝説 完全無削除 絶対恐怖版」も公開されている。

映像制作スタッフのメンバーが幻の村・杉沢村の詳細を知る少女と出会い、場所を知る事になり杉沢村のある山に潜入するというモキュメンタリー(架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法)だった。
ストーリーテラーは桜金造が務めている。
怪談話の語り部でも有名な桜金造

怪談話の語り部でも有名な桜金造

一方、「奇跡体験!アンビリバボー」内では、不明だった杉沢村の場所を特定すべく、スタッフが調査を重ねていた。

その時期に「村への道筋を示すキーワード」として、各メディア等で挙げられたものに以下の事柄がある。

・村へ向かう道路に「ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」と書かれた看板がある。
・村の入口に朽ちた鳥居があり、その根元にドクロのような石(もしくは岩)がある。
・奥へ進んでゆくと廃墟と化したかつての住居があり、その内部では事件の惨劇を物語る血痕のようなものが多数見受けられる。

上記だけを見れば、いかにもな怪談話の設定であるが、杉沢村の存在の有無に信ぴょう性を持たせる事件がいくつかあった。
 (1865847)

※画像はイメージです。

過去に起きたとされる「殺人事件」の現場が杉沢村だった・・・?

昭和28年から昭和31年までの3年あまりの間に、青森県のH市の片隅の友尾集落で発生した肉親殺人事件に端を発する。

以下はそれぞれの事件の当時の新聞の見出しである。



「一家八人殺し。猟銃で撃ち放火。追い出された三男の凶行」

「ヒロポン中毒の弟を絞殺」

「実子殺し。父親が三本のクワで頭を一撃」

「またも肉親殺し。兄の頭をマキ割りで粉砕」



第一の「八人殺し」は、都市伝説・杉沢村の噂のベースになったとされる事件だ。
八つ墓村 (角川文庫) 文庫

八つ墓村 (角川文庫) 文庫

横溝正史「八つ墓村」(1971年、昭和46年)のモチーフになったとも言われる事件に、1938年(昭和13年)に岡山県で起きた大量殺人事件「津山事件」がある。
一時期、忌まわしき廃村・杉沢村も、この作品のモチーフになったのではとされた。
「一家八人殺し」

とある一家の三男(24)が、猟銃によって父親(57)、祖母(80)、兄(37)、兄の妻(30)、兄の長男(7)と長女(6)、次女(4)、そして事件の夜たまたま遊びに来ていた父親の姉(61)の8人を殺害。

いずれも頭部に弾丸を打ち込まれていたという。そして親戚の男性に伴われて、この三男は自首をした。

裁判では犯人が精神病を患っており、心神耗弱が認められるとして、殺人については無罪。住居侵入についてのみ有罪となり執行猶予2年の温情判決となった。
横溝正史

横溝正史

1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)
金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で知られる。
上記の4件の事件が同じ村で、数年内に起こったとされている。その村こそ杉沢村だと噂された。ただ、そのような事件が実際に起きたと確証はなく、あくまでも噂レベルに留まっている。

杉沢村伝説が盛り上がっていた頃、杉沢村に関しては、村人全員が惨殺されて地図から消された、祟りがある、住所は「青森市〇〇」など様々な情報が飛び交った。

そして、このブームを押し上げた「奇跡体験!アンビリバボー」でも、数度の特集を組んだが村の特定には至らず、「杉沢村は時空の歪みの中に存在し、現われたり消えたりする村である」と結論づけられた。

インターネットの普及が噂を拡散、リアリティを持たせた

一部の噂話であった杉沢村伝説が、ブーム化した背景に、2000年頃からの急速なインターネットの普及があると考えられる。それまでインターネットを個人で利用する際は、低速なダイヤルアップ接続なうえに、従量制の課金方式などの不便さがあった。

それらが改善され、携帯電話でもインターネットへ接続可能なサービスが提供されるようになり、インターネットがより身近で便利なものとなっていった。
WINDOWS 2000 DELL D530

WINDOWS 2000 DELL D530

それまでの個人の行動範囲内でのコミュニケーションから、顔も知らない人とのコミュニケーション、不特定多数との同時性を伴った情報交換などが日常化した。
その中で杉沢村の噂がひとり歩きした状態となり、インターネット内で脚色、増殖されていったのだろう。
さもそれが真実と決まっているかのように・・・。

インターネットユーザーが、まだ情報を選別する能力がついてない状態とも言えたかも知れない。

そして、杉沢村が世間を賑わせていた頃、インターネット上である事件が起きた。それが『鮫島事件』である。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

老舗スーパーミステリ雑誌から極上の招待状! 『ムー実話怪談「恐」選集』が発売!

老舗スーパーミステリ雑誌から極上の招待状! 『ムー実話怪談「恐」選集』が発売!

実は1982年からせっせと怪談を集めているスーパーミステリー雑誌「ムー」。30余年にわたって投稿されてきた実話怪談の数々が『ムー実話怪談「恐」選集』として発売されました。
オーパーツ等、超常現象に迫った番組『特命リサーチ200X』 相撲を格闘技最強とする仮説も唱えた!

オーパーツ等、超常現象に迫った番組『特命リサーチ200X』 相撲を格闘技最強とする仮説も唱えた!

毎週日曜の夜に日テレで放送されていた「特命リサーチ200X」。架空の調査会社「ファー・イースト・リサーチ社」を舞台に、ミステリーや超常現象に迫った番組だった。また、格闘技において最強の競技は相撲だと仮説を立てた回も印象深い。
ひで語録 | 4,621 view
一体誰の声・・・?有名歌手のカセットテープやCDに入り込んだ【怪音】特集

一体誰の声・・・?有名歌手のカセットテープやCDに入り込んだ【怪音】特集

カセットテープの時代から妙な、不気味な声や音が入っているとされ、いわくつきのオカルトな楽曲がありました。その“招かれざる怪音”を3つ選んでみました。かぐや姫、のりピーこと酒井法子、オフコースの怪音を並木モッズのイラストと共に振り返ります。
並木モッズ | 3,199 view
金曜日の夕方は恐怖だった! アニメ「ハイスクールミステリー学園七不思議」

金曜日の夕方は恐怖だった! アニメ「ハイスクールミステリー学園七不思議」

ハイスクールミステリー学園七不思議は、1991年4月12日から1992年3月13日までフジテレビで放送されたテレビアニメです。ホラー漫画雑誌「サスペリア」で連載されていた、つのだじろうの「学園七不思議」という漫画が原作となっています。
おにいちゃん | 2,733 view
伊武雅刀さんの声と雰囲気で人気の《NURO光》CM、Web限定動画では林原めぐみさんのバージョンも。

伊武雅刀さんの声と雰囲気で人気の《NURO光》CM、Web限定動画では林原めぐみさんのバージョンも。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、最速を誇るインターネット《NURO(ニューロ)》のWeb限定動画を本日9月12日(火)より順次公開します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト