2017年5月18日 更新

ソニーからCDラジカセ「CFD-S401」発売!現代的な機能を加えた新作!カセットテープは今10代に人気!

ソニーから、CDラジカセ「CFD-S401」が6月10日に発売されることが分かった。オープンプライスで、予想実売価格は¥14,000前後となっている。

2,646 view

ソニーから現代的な機能を加えたCDラジカセ「CFD-S401」が、6月に発売!

ソニーから、CDラジカセ「CFD-S401」が6月10日に発売されることが分かった。オープンプライスで、予想実売価格は¥14,000前後となっている。

同社によると現在、10代の若者を中心にカセットテープが見直されており、ラジカセの保有率も20代や30代よりも高いとのことで、かつての音楽機器に再び光が当たっているようだ。
CDラジカセ「CFD-S401」

CDラジカセ「CFD-S401」

本機は2010年に登場したロングセラーモデル「CFD-E501」の後継機。シンプルなデザインで、どのタイプの部屋の雰囲気にも合いそうだ。カラーはブラック、ホワイトベージュの3色。本体サイズは幅320×奥行き199×高さ134mm。

機能面では、Bluetoothが搭載され、スマートフォンやタブレット、ウォークマンの楽曲をワイヤレスで再生できるモデルとなり、NFCにも対応している。

さらに、USB端子が装備され、MP3、WMA、AACファイルが記録されたSDメモリーカードやUSB機器の再生に対応。「SD録音」ボタンまたは「USB録音」ボタンを押して、録音を簡単に行なえる。
また、バックライト付き大型液晶ディスプレイで、大きな文字と分かりやすい表示が特徴的。2015年6月以降に開局したワイドFMの局名表示にも対応している。
4 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

みんな好きだった懐かしのラジカセ

みんな好きだった懐かしのラジカセ

小中学生の時に親にねだって買ってもらったラジカセ。ダビングが楽しくて仕方なかったですよね。当時愛用していた、憧れていた懐かしのラジカセを画像とCM動画で振り返る。
きちんとチキン | 92,522 view
【MD/ミニディスク】レンタルCDを借りて来てMDにダビングしまくったあの頃を懐かしむ。

【MD/ミニディスク】レンタルCDを借りて来てMDにダビングしまくったあの頃を懐かしむ。

いまや過去の産物となったMD(ミニディスク)。登場した時代は流行し若者は「レンタルCD⇒MDにダビング」を繰り返しました。「CDを買わずに得しまくりだぜ!」なんて思っていたのも束の間、データ配信の時代がやってくるのでありました。そんな一時代を築いたMDを振り返ります。
青春の握り拳 | 20,570 view
「アイワ(aiwa)」ブランドが十和田オーディオで復活!今秋から続々と商品が発売へ!

「アイワ(aiwa)」ブランドが十和田オーディオで復活!今秋から続々と商品が発売へ!

ソニーからアイワ(aiwa)ブランドを譲渡された十和田オーディオ。今年新会社「アイワ株式会社」を設立。同社がアイワブランドを活用し、9月末からCDラジカセや4Kテレビなどを製造、発売していく。
ソニー(SONY)と藤原ヒロシがコラボ!ウォークマンをポーチ化するなどデザイン性の高いアイテムが発売!

ソニー(SONY)と藤原ヒロシがコラボ!ウォークマンをポーチ化するなどデザイン性の高いアイテムが発売!

2016年にソニーが創立70周年、ソニービルは開館50周年を迎えのを記念し、ソニーとファッションデザイナー、ミュージシャンなどの肩書で知られる藤原ヒロシがディレクションする「ザ・パーキング銀座(THE PARK・ING GINZA)」とのコラボが実現した。
カセットテープ音源をデジタル変換できるカセットテーププレーヤー「Tape Express」が11月30日に発売!

カセットテープ音源をデジタル変換できるカセットテーププレーヤー「Tape Express」が11月30日に発売!

inMusic Japanは、ポータブルカセットテーププレーヤー「Tape Express」を11月30日に発売する。「Tape Express」は、カセットテープの音源を、MP3やWAVなどのデジタルデータに変換するためのもので、カセットテープの再生も可能。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト