「紅白歌合戦」の年代ごとに違う魅力とは?時代を彩ってきたアーティストや傾向
2020年1月7日 更新

「紅白歌合戦」の年代ごとに違う魅力とは?時代を彩ってきたアーティストや傾向

ヒットソングが世に多く出たとされている1980年代の紅白から現在に至るまで振り返っていきます。時代ごとのアーティストや傾向の違いとは?

534 view
iVERY(アイベリー)」は街コンジャパン(株式会社リンクバル)が運営する、婚活と恋活を頑張るすべての女性を応援する「出会い」の情報サイトです。最新の婚活パーティー・恋活パーティーの情報や恋愛の攻略法まで、幅広くご紹介されています!

今回、iVERY(アイベリー)様から記事をご提供いただきました。ミドルエッジをご覧の女性に向けて、恋愛をテーマにした記事をご紹介します!!

「紅白歌合戦」の年代ごとに違う魅力とは?時代を彩ってきたアーティストや傾向

毎年大晦日に好例となっている「NHK紅白歌合戦」、通称「紅白」は1945年から行われている歴史ある番組です。

終戦直後に「新時代に相応しい歌番組を作ろう」という考えのもと誕生した紅白は、2019年の放送でなんと70回目を迎えます。

多くの人が一度は見たことのある紅白ですが、放送してきた年によって内容は違い、10年ごとに振り返ると時代の移り変わりが見えてきますよ。

そこで今回は、ヒットソングが世に多く出たとされている1980年代の紅白から現在に至るまで振り返っていきます。

ぜひ、時代ごとに流行った曲の移り変わりや、年によって違う紅白の魅力を知っていきましょう。

1. 1980年代

様々な有名歌手やアイドルが活躍の場を見せた80年代は、どの出場者も人気を集めるほど注目された年代です。

1980年に出場した歌手には松田聖子や田原俊彦が初登場しており、アイドル時代の突入を感じさせた紅白となりました。
 (2155898)

また、今となっては毎年豪華な衣装で注目集めている小林幸子は1980年が2回目の出場となっており、海援隊やさだまさしなど、今も活躍する人気の歌手も多数出場しています。

そんな有名アーティストが多く出揃った80年代初頭は、1981年第32回の紅白において初めて客席審査のカウントが始まり、より厳選な審査で勝敗が決まるようになっていったのです。

他にも、歌はじっくり聞かせる選出に変化していき、これまで出場者数が男女合わせて約46組から約40組へと減少したのもこの年代です。

さらには、昭和から平成へと移り変わる節目となった1989年では、放送時間が一気に拡大されました。
それまでは21時~23時45分までだった放送時間を大幅に伸ばし、2部構成の4時間25分という大ボリュームな番組に変化したのです。

第1部では戦後の日本を勇気付けてきたメロディーを中心に披露され、第2部では1年間を彩った思い出のヒット曲が競演しあい最高のステージとなりました。

これにより出場組数も増え、紅組白組共に27組とたくさんの歌手が紅白を盛り上げています。

2. 1990年代

90年代では今も多くの人が口ずさむようなヒット曲がたくさん披露されてきた年代になります。

1990年放送の紅白では坂本冬美やDREAMS COME TRUE、長渕剛といった、今も紅白に多く出場している歌手は多く、「21世紀に伝える日本の歌・世界の歌」をコンセプトに史上最多の出場組数の58組となりました。
 (2155902)

また、海外中継も実施されるようになり、国際的スターも参加した豪華な紅白になったのもこの年です。

バブル崩壊という激動の時代を歩む日本にとって、メッセージ性の高い歌が人気を集めていましたが、それと同じように人気を湧かせたのが出演者の衣装や演出になります。

91年には、とんねるずが度肝を抜いた衣装で客席を驚かせ、93年にはJリーグ開幕にちなみサッカー・コーナーの演出で大人だけではなく子どもからの注目も集めて視聴率は上昇。

美川憲一VS小林幸子の衣装対決がエスカレートし、歌のみが魅力を集める紅白からパフォーマンスに凝った紅白へと変化していったのです。

3. 2000年代

21世紀へと時代が移り変わった2000年代には、初出場のアーティストが多数集結。2002年にはBSデジタルハイビジョン放送においてお茶の間審査が始まりました。

これにより、視聴者も審査に加わるようになり、見る人にも審査に関わる楽しさが加わるようになったのです。
 (2155906)

この記事の続きは「婚活&恋愛コラムiVERY」でお楽しみ下さい。

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

『光GENJI SUPER5』って誰が残ったんだっけ?5人の「その後」も併せてまとめた!

『光GENJI SUPER5』って誰が残ったんだっけ?5人の「その後」も併せてまとめた!

80年代後半にジャニーズが生み出した、最後のスーパーアイドル『光GENJI』。1994年8月に大沢樹生と佐藤寛之が脱退し、『光GENJI SUPER 5』となった5人をご紹介。また、その後もまとめた。
ひで語録 | 17,657 view
【アニメと違いすぎて困惑?】あまり知られていない「あんみつ姫」リメイク漫画版を大調査!

【アニメと違いすぎて困惑?】あまり知られていない「あんみつ姫」リメイク漫画版を大調査!

「あんみつ姫」といえばアニメでもドラマでもとても大人気。1986年にアニメ版の「あんみつ姫」が放送される際、実は先行してリメイク漫画版も連載されていたんです。が!アニメと色々違い過ぎて読者は困惑したんだとか!?あまり知られていなリメイク漫画版の「あんみつ姫」についてまとめてみました。
ミチ | 644 view
【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

ハローキティやマイメロディと並ぶ大人気のサンリオキャラクター『リトルツインスターズ』!75年に生まれた双子の姉弟「キキ」と「ララ」を覚えていますか?
ロングアゴー | 3,571 view
川原由美子が描いた少女群像集『花盗人たちの夜』

川原由美子が描いた少女群像集『花盗人たちの夜』

はかなげな少女はいつの時だって私たちの心を奪いますね。川原由美子が描くのはそんなはっ!とさせられるうつくしい少女たち。元気でお転婆でときにはか細いほどに、繊細。どんな少女の姿をわたしたちに見せてくれるのでしょうか。今回の作品はこちら、『花盗人たちの夜』。
me*me | 426 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 12,445 view
爆発的ブームを生んだスイーツの数々!80年代~現在までの歴史をまとめてみた

爆発的ブームを生んだスイーツの数々!80年代~現在までの歴史をまとめてみた

1980年代から続くスイーツブーム。今回は、80年代から現在に至るまでどんなスイーツが流行ってきたのか、スイーツの歴史をまとめてみました!
iVERY | 205 view
2019年ブーム再来!一躍人気を巻き起こした80年代のスキーと人口減少となった歴史を振り返る

2019年ブーム再来!一躍人気を巻き起こした80年代のスキーと人口減少となった歴史を振り返る

一時はユーザーが減って低迷していたスキーですが、近年はスキーの人気が復活してきています。なぜスキーの人気は低迷し、今人気が復活してきているのでしょうか?そんなスキー特集です。
iVERY | 1,004 view
思わず恋愛したくなる!年代別にキュンキュンする恋愛ドラマをご紹介

思わず恋愛したくなる!年代別にキュンキュンする恋愛ドラマをご紹介

年代別に見たら思わず恋をしたくなるような、ときめきが感じられるおすすめの恋愛ドラマを集めました。婚活と恋活を頑張るすべての女性を応援する「出会い」の情報サイト「iVERY(アイベリー)」の提供です。
iVERY | 317 view
生涯未婚率が上昇している現状や独身の結婚への考え方とは?

生涯未婚率が上昇している現状や独身の結婚への考え方とは?

生涯未婚率が上昇している現状や独身でいる人の考え方などについて考えてみます。
iVERY | 712 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト