早く来て! みんなの憧れだったピーターパンの冒険
2015年11月26日 更新

早く来て! みんなの憧れだったピーターパンの冒険

魔法や妖精が登場するという、世界名作劇場シリーズでは唯一のファンタジー作品だったピーターパンの冒険。主人公のウェンディやピーターパン達だけではなく、フック船長やタイガー・リリーなど脇役も魅力的な作品でしたね!ここではそんなピーターパンの冒険について振り返ってみました。

5,973 view

「ピーターパンの冒険」とは?

 (1503148)

『ピーターパンの冒険』(ピーターパンのぼうけん)は、フジテレビ系の「ハウス世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。
原作はジェームス・マシュー・バリーの『ピーター・パンとウェンディ』(Peter Pan and Wendy)。

ピーターパンの冒険(小飛俠彼得潘) OP - YouTube

OPテーマ「一度ピーターパン」

ピーターパンの冒険ED ‐ ニコニコ動画:GINZA

EDテーマ:「夢よ開けゴマ!」
OP・EDともに秋元康さん作詞、元おニャン子クラブのゆうゆこと岩井由紀子さんが歌っています。
決して上手ではないのですが、あどけない歌声が子供たちのイメージにピッタリです。

「ピーターパンの冒険」のあらすじ

 (1503149)

舞台は1900年のロンドン。ある冬の日、住宅街に住んでいた少女ウェンディは海賊に襲われ、ピーターパンという少年に助けられる夢を見ます。不思議なことにその日は弟のジョンやマイケルもまったく同じ夢を見ていました。町の人やお母さんもピーターパンの事を知っており、ピーターパンは現実にいるんだ!と確信した3人は翌日の夜に寝ないで待っていると、ピーターパンが現れます。ウェンディが彼の影を縫ってあげたことをきっかけにピーターパンと仲良しになり、ウェンディたちはネバーランドへ案内されるのでした。

前半はお母さん代わりにいろいろと世話を焼くウェンディたちをとりまくネバーランドの生活や、宿敵フック船長と日々戦うピーターパンの手に汗握る攻防、そしてフック船長の命を狙うインディアンの少女タイガー・リリーとの交流といった原作に沿ったお話が中心です。
後半は原作にはないオリジナルストーリーが展開され、魔法の鏡とタイガー・リリーそっくりの少女・ルナをめぐって、ピーターパンとフック船長VSネバーランドを支配しようとする魔女・ダークネスとの戦いのお話がメインになります。
前半はドキドキワクワクするようなピーターパンの戦闘を中心とした冒険活劇が面白いです。しかし、一応主人公ではあるのですが、ピーターパンは永遠の子供のため基本的に心も体も成長する話があまり見られません。後半のダークネス編ではピーターパンよりもルナを守るために奮闘するウェンディの精神的な成長が見られます。後半の主人公は実質ウェンディなのかもしれません。

個性豊かなキャラクター

ピーターパン

ピーターパン

この物語の主人公。
ネバーランドに住む永遠の少年で、冒険といたずらが大好き。嫌いなことは退屈と、人の名前を覚えること。
ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング(通称ウェ...

ウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリング(通称ウェンディ)

ダーリング家の長女で、ネバーランドでは家事全般を担当し、みんなのお母さん代わりとして活躍する。しっかり者だが、少女趣味で子供っぽいところも。
ジョン・ジュリアン・ダーリング(通称ジョン)

ジョン・ジュリアン・ダーリング(通称ジョン)

ダーリング家の長男で、ウェンディの弟。海賊にあこがれているが、臆病で理屈っぽい性格。タイガーリリーに一目ぼれする。
マイケル・ダーリング(通称マイケル)

マイケル・ダーリング(通称マイケル)

ダーリング家の次男で、まだ幼い無邪気な男の子。
お風呂に入る夢を見ては、すぐにおねしょをしてしまう。
ティンカーベル(通称ティンク)

ティンカーベル(通称ティンク)

ネバーランドに住む妖精。嫉妬深い性格で、ウェンディとピーターパンと仲の良さを妬んでしょっちゅう意地悪をする。
ジェイムズ・フック(通称フック船長)

ジェイムズ・フック(通称フック船長)

ネバーランドの海賊のボスで、ピーターパンの宿敵。かなりの綺麗好きで、亡き母を尊敬している。以前の闘いで右手を食べられて以来、時計ワニを恐れている。
タイガーリリー

タイガーリリー

ネバーランドのインディアン、ピカニニ族の族長の娘。気が強く勇敢な性格で、フック船長の命を狙っている。ウェンディとは仲良し。
ルナ

ルナ

ネバーランドを支配しようと企む老婆ダークネスの孫で、タイガーリリーにそっくりの少女。ウェンディと仲良くなり、ダークネスの計画を阻止しようと奮闘するが、捕まって魔女になってしまう。
ダークネス

ダークネス

黒い鏡の力を使ってネバーランドを暗黒の世界に変えようと企むダークネスの城の魔術師。自身の余命が短いと悟り、孫のルナを後継者にしようと考えている。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 819 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
時代を先取りしすぎていた萌えアニメ!?牧場の少女カトリ

時代を先取りしすぎていた萌えアニメ!?牧場の少女カトリ

1982年から放送され、前年に放送された「おしん」の西洋版として紹介されることもあった牧場の少女カトリ。視聴率は低く打ち切りの危機にもあった本作ですが、ひたむきでかわいいカトリの平穏な日常と、フィンランドの戦争や独立といった歴史を丁寧に描いていた点が高く評価されており、シリーズ中で一番好きだというファンも多い作品です。
きゃとらん | 5,166 view
かわいい動物と家族の絆・・・隠れた名作!南の虹のルーシー

かわいい動物と家族の絆・・・隠れた名作!南の虹のルーシー

1982年から放送され、あまりなじみのなかったオーストラリアを日本人に定着させた南の虹のルーシー。世界名作劇場シリーズの中ではややマイナーですが、かわいい動物たちや個性豊かな登場人物が織り成す希望と笑顔に満ちたストーリーは、どの世代にもオススメできる作品です。
きゃとらん | 4,046 view
男の子の憧れだった!!トム・ソーヤーの冒険

男の子の憧れだった!!トム・ソーヤーの冒険

世界名作劇場の中では珍しく、男の子が主人公だった作品。家出して無人島で海賊ごっこをしたり、洞窟を探検したり・・・毎週どきどきしながら見ていました!ここではそんなトム・ソーヤーの冒険について振り返ってみました。
きゃとらん | 7,572 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト