2016年10月12日 更新

80年代のスペシャリティ・カー「フォードプローブ」とそのライバル達

1980年台後半から1990年代にかけて販売された、フォードとマツダの共同開発のスペシャリティ・カー「プローブ」。今回はフォード・プローブの性能と魅力について見てきます。当時のライバル車との性能も比較しながら、振り返っていきましょう。

13,239 view

フォードプローブってどんな車?

 (1762511)

フォードプローブは1988年から1997年の10年間にわたって販売された、日米共同開発のスペシャリティ・カーです。
当初はマスタングを日米共同開発で行おうとしていたことろ、諸般の事情でうまくいかず、プローブという新車種が誕生する運びになったようです。
リラクタブル・ヘッドライトの3ドアハッチバック・クーペで、アメリカ車にしてはさほど大きくなく、日本の道路事情でも扱いやすいサイズの車でした。

初代プローブ

 (1762498)

初代プローブ
初代プローブは1988年から1992年まで販売されました。フォードとマツダが共同開発して作った、FF仕様のハッチバック型スペシャリティ・クーペです。
シャーシなどのベース部分は、マツダ・カペラC2と共通しています。いわばカペラC2と初代プローブは姉妹車の関係になります。
 (1762494)

カペラC2
欧米では2,200ccのNAとターボ、3,000ccのNAの3種類が販売されましたが、日本で正規販売されたのは、2,200ccの2種類のみです。
スペック的にはパワーはさほど大きくないのですが、車体の軽さも影響しているのか、非常に加速が良く、軽快な走りを楽しめる車になっています。
アメリカでは発売1ヶ月で10万台を受注するという、ヒット作となりました。

懐かしいCM 1988 FORD PROBE Autorama

初代プローブのスペック

LX 2,860,000円

型式 E-1ZVT
全長×全幅×全高  4,520×1,725×1,315mm
エンジン型式 F2
最高出力    110ps/4,700rpm
最大トルク   17.9kg・m/3,000rpm
種類  水冷直列4気筒OHC12バルブ
総排気量  2,184cc
車両重量  1,280kg
燃費:10モード/10・15モード 8.0km/L

1988年9月カタログより
 (1762535)

GT 3,230,000円

型式 E-1ZVT
全長×全幅×全高  4,520×1,740×1,315mm
エンジン型式 F2
最高出力    145ps/4,300rpm
最大トルク   26.2kg・m/3,500rpm
種類  水冷直列4気筒OHC12バルブICターボ総排気量  2,184cc
車両重量  1,320kg
燃費:10モード/10・15モード 9.4km/L

1988年9月カタログより

2代目プローブ

 (1762499)

2代目プローブ
2代目プローブは1992年発売になりました。先代よりも少しボディサイズが大きくなり、より曲線を強調した優美なデザインになりました。
サイドのピラーがより細くなり、運転席の視界が非常に良くなったのも印象的です。シートも人間工学に基づき、長時間のドライブでも疲れにくいデザインになっています。

The Ford Our God

海外CM
エンジンは直列4気筒からV6に変更され、相変わらずの加速の良さに加え、スムースな走りを実現させています。
マツダMX-6と多くの部分を共有する姉妹車となっています。
 (1762502)

MX-6

2代目プローブのスペック

GT 2,690,000円

型式 E-1ZVTB
全長×全幅×全高  4,560×1,785×1,305mm
エンジン型式 KL
最高出力    165ps/5,600rpm
最大トルク   22.1kg・m/4,800rpm
種類  水冷V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,496cc
車両重量  1,320kg
燃費:10モード/10・15モード 9.5km/L

1994年6月カタログより

プローブのライバル車たち

80年代後半から90年代初頭にかけては、バブル景気の到来もあって、華やかで活気ある時代でした。車の流行もリッチな4ドアサルーンや、スタイリッシュでスポーティーなスペシャリティ・カーが持て囃された頃です。
そんな時代に登場したプローブですが、当時の日本市場には強力で魅力的なライバル車たちがいました。ここでは少し、80年代後半に輝いていた、ライバルのスペシャリティ・カーとのスペックを比較してみましょう。

トヨタ・ソアラ

 (1762528)

1981年から販売されているトヨタの2ドアスペシャリティ・クーペ。1986年発売の2代目ソアラは大ヒット車になった、バブルの申し子的存在です。

2.0GTツインターボ 2,990,000円

型式 E-GZ20
全長×全幅×全高  4,675×1,695×1,345mm
エンジン型式 1G-GTEU
最高出力    210ps/6,200rpm
最大トルク   28.0kg・m/3,800rpm
種類  直列6気筒DOHC24バルブICツインターボ
総排気量  1,988cc
車両重量  1,440kg
燃費:10モード/10・15モード 8.3km/L

1989年4月カタログより

日産レパード

 (1762529)

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-

バブル時期を筆頭に80-90年代は、車でのデートが定番でした。車がデートに欠かせない必須アイテムだったあの頃の定番「デートカー」を振り返ってみましょう!
ヤマダゴロー | 665,280 view
2代目【ホンダ・プレリュード】デートカーの代表格、懐かしのボレロのCMも振り返る

2代目【ホンダ・プレリュード】デートカーの代表格、懐かしのボレロのCMも振り返る

【ホンダ・プレリュード】と言えば、デートカー、スペシャリティカーの代表的な車ですが、ボレロのCMとキャッチフレーズの「FFスーパーボルテージ」も忘れられないですね。
M.E. | 13,137 view
『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

全国からクラシックカーやバイクが集まる『お台場旧車天国2017』が、11月19日に、お台場の特設会場で開催される。他にも会場では”懐かしさ”に焦点を当て、射的も楽しめたり、ソフト麺やミルメークなどの昔懐かしい校給食の飲食店も登場する。
遡るシリーズ!【1981年・昭和56年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1981年・昭和56年】のアレコレを振り返る

この年、アメリカではレーガン大統領が誕生し、スペースシャトルの打ち上げに成功。国内ではロッキード事件で大きな展開があり、揺れた年でもありました。そんな中、ソアラが発売、オレたちひょうきん族が放送開始、なめねこのブーム等があった1981年・昭和56年を振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 7,333 view
平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

平成の「聖子ちゃん」を探せ!あの「実話ナックルズ」がグラビアオーディションを開催中!!

「実話ナックルズ極ベスト 平成の聖子ちゃんを探せグラビアオーディション」が現在開催中!グランプリに輝くと「ナックルズ極ベスト」の表紙を飾れます!参加するなら今しかない!!
隣人速報 | 6,678 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト