80年代のスペシャリティ・カー「フォードプローブ」とそのライバル達
2016年10月12日 更新

80年代のスペシャリティ・カー「フォードプローブ」とそのライバル達

1980年台後半から1990年代にかけて販売された、フォードとマツダの共同開発のスペシャリティ・カー「プローブ」。今回はフォード・プローブの性能と魅力について見てきます。当時のライバル車との性能も比較しながら、振り返っていきましょう。

14,064 view

フォードプローブってどんな車?

 (1762511)

フォードプローブは1988年から1997年の10年間にわたって販売された、日米共同開発のスペシャリティ・カーです。
当初はマスタングを日米共同開発で行おうとしていたことろ、諸般の事情でうまくいかず、プローブという新車種が誕生する運びになったようです。
リラクタブル・ヘッドライトの3ドアハッチバック・クーペで、アメリカ車にしてはさほど大きくなく、日本の道路事情でも扱いやすいサイズの車でした。

初代プローブ

 (1762498)

初代プローブ
初代プローブは1988年から1992年まで販売されました。フォードとマツダが共同開発して作った、FF仕様のハッチバック型スペシャリティ・クーペです。
シャーシなどのベース部分は、マツダ・カペラC2と共通しています。いわばカペラC2と初代プローブは姉妹車の関係になります。
 (1762494)

カペラC2
欧米では2,200ccのNAとターボ、3,000ccのNAの3種類が販売されましたが、日本で正規販売されたのは、2,200ccの2種類のみです。
スペック的にはパワーはさほど大きくないのですが、車体の軽さも影響しているのか、非常に加速が良く、軽快な走りを楽しめる車になっています。
アメリカでは発売1ヶ月で10万台を受注するという、ヒット作となりました。

懐かしいCM 1988 FORD PROBE Autorama

初代プローブのスペック

LX 2,860,000円

型式 E-1ZVT
全長×全幅×全高  4,520×1,725×1,315mm
エンジン型式 F2
最高出力    110ps/4,700rpm
最大トルク   17.9kg・m/3,000rpm
種類  水冷直列4気筒OHC12バルブ
総排気量  2,184cc
車両重量  1,280kg
燃費:10モード/10・15モード 8.0km/L

1988年9月カタログより
 (1762535)

GT 3,230,000円

型式 E-1ZVT
全長×全幅×全高  4,520×1,740×1,315mm
エンジン型式 F2
最高出力    145ps/4,300rpm
最大トルク   26.2kg・m/3,500rpm
種類  水冷直列4気筒OHC12バルブICターボ総排気量  2,184cc
車両重量  1,320kg
燃費:10モード/10・15モード 9.4km/L

1988年9月カタログより

2代目プローブ

 (1762499)

2代目プローブ
2代目プローブは1992年発売になりました。先代よりも少しボディサイズが大きくなり、より曲線を強調した優美なデザインになりました。
サイドのピラーがより細くなり、運転席の視界が非常に良くなったのも印象的です。シートも人間工学に基づき、長時間のドライブでも疲れにくいデザインになっています。

The Ford Our God

海外CM
エンジンは直列4気筒からV6に変更され、相変わらずの加速の良さに加え、スムースな走りを実現させています。
マツダMX-6と多くの部分を共有する姉妹車となっています。
 (1762502)

MX-6

2代目プローブのスペック

GT 2,690,000円

型式 E-1ZVTB
全長×全幅×全高  4,560×1,785×1,305mm
エンジン型式 KL
最高出力    165ps/5,600rpm
最大トルク   22.1kg・m/4,800rpm
種類  水冷V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量  2,496cc
車両重量  1,320kg
燃費:10モード/10・15モード 9.5km/L

1994年6月カタログより

プローブのライバル車たち

80年代後半から90年代初頭にかけては、バブル景気の到来もあって、華やかで活気ある時代でした。車の流行もリッチな4ドアサルーンや、スタイリッシュでスポーティーなスペシャリティ・カーが持て囃された頃です。
そんな時代に登場したプローブですが、当時の日本市場には強力で魅力的なライバル車たちがいました。ここでは少し、80年代後半に輝いていた、ライバルのスペシャリティ・カーとのスペックを比較してみましょう。

トヨタ・ソアラ

 (1762528)

1981年から販売されているトヨタの2ドアスペシャリティ・クーペ。1986年発売の2代目ソアラは大ヒット車になった、バブルの申し子的存在です。

2.0GTツインターボ 2,990,000円

型式 E-GZ20
全長×全幅×全高  4,675×1,695×1,345mm
エンジン型式 1G-GTEU
最高出力    210ps/6,200rpm
最大トルク   28.0kg・m/3,800rpm
種類  直列6気筒DOHC24バルブICツインターボ
総排気量  1,988cc
車両重量  1,440kg
燃費:10モード/10・15モード 8.3km/L

1989年4月カタログより

日産レパード

 (1762529)

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-

バブル時期を筆頭に80-90年代は、車でのデートが定番でした。車がデートに欠かせない必須アイテムだったあの頃の定番「デートカー」を振り返ってみましょう!
ヤマダゴロー | 680,748 view
2代目【ホンダ・プレリュード】デートカーの代表格、懐かしのボレロのCMも振り返る

2代目【ホンダ・プレリュード】デートカーの代表格、懐かしのボレロのCMも振り返る

【ホンダ・プレリュード】と言えば、デートカー、スペシャリティカーの代表的な車ですが、ボレロのCMとキャッチフレーズの「FFスーパーボルテージ」も忘れられないですね。
M.E. | 16,392 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 2,659 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 6,712 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト