「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-
2018年11月12日 更新

「プレリュード」「ソアラ」「シルビア」等、かつての「デートカー」を振り返る!-あの頃、男たちはモテるために車を買った-

バブル時期を筆頭に80-90年代は、車でのデートが定番でした。車がデートに欠かせない必須アイテムだったあの頃の定番「デートカー」を振り返ってみましょう!

694,318 view
かつては“クルマ”を持っているヤツがモテるという時代が確かにありました。バブル時期(1980年代後半~1990年代初頭)はその筆頭でしょう。

クルマがデートに欠かせない必須アイテムだったあの頃、世の男たちは“女のコにウケる車”にこぞって乗ったものです。

ということで、バブル時代のモテ車、「デートカー」を振り返ってみましょう!!

ホンダ・プレリュード

2代目プレリュード

2代目プレリュード(1982-1987年)

2代目プレリュード(1982-1987年)

デートに特化した「スペシャルティカー」の代表格ともいえるクルマ。
1本だけのワイパー、ボンネットは先代より約10cm低く、日本車離れしたワイド&ローのプロポーションが実にカッコいい。格納式のリトラクタブルヘッドライトは「おしゃれー」と女性にウケました。
このクルマに乗ってるだけでモテまくりの元祖「デートカー」です。
スペシャルティカー (Specialty car) とは、自動車の一カテゴリに対する日本での呼称。スペシャリティカー、スポーティーカー、デートカーともいう。

多くの場合が実用型大衆車のプラットフォームとコンポーネンツを基に、スポーツカーにも通じるスタイリッシュなクーペ、もしくはハードトップボディを架装している。比較的低廉な価格で、スポーツカーやGTカーのムード(雰囲気)が味わえるのが特徴で、1970年代初頭から1990年代初頭にかけてデートのための車として多くの若者たちの人気を集めた。

1982 HONDA PRELUDE BOLERO 1 Ad - YouTube

ボレロのメロディーにのって、気持ちはいやがおうでもスーパー盛り上がってしまうCM。

これぞ元祖デートカーたる所以、通称スケベノブ!

プレリュードは運転席から助手席が倒せるムフフなクルマでした(笑)

デートカーの面目躍如と言わんばかりに、助手席リクライニングノブ(通称スケベノブ?)が運転席側にもついてありましたね♪

また、「リトラクタブルヘッドライト」といってライト点灯でフタが開くというメカ的要素が人気でしたね♪
同じく「リトラクタブルヘッドライト」で、当時、人気を博...

同じく「リトラクタブルヘッドライト」で、当時、人気を博したマツダの初代RX-7

こちらはスポーツカーとして純粋に人気がありましたね。

3代目プレリュード

3代目プレリュード(1987-1991年)

3代目プレリュード(1987-1991年)

総生産台数が60万台以上という、「スペシャルティカー」としては異例のヒット作となった2代目の後を受け、1987年に登場した3代目プレリュード。
画期的な装備「4WS」(前輪のハンドル切れ角によって、後輪が逆を向く)も大きな話題を呼び、2代目同様この3代目も大ヒット!シルビア(S13型)の登場まで、デートカーとして一世を風靡しました。

1987 HONDA PRELUDE Ad La Melodie en Sous-Sol 1 - YouTube

話題を呼んだのが、量産車としては世界初となる機械式の4WS(4輪操舵システム)。前輪の舵角が小さいときは同位相、大きくなると逆位相に後輪がステアする機構で、その働きを最大限にアピールしたテレビCMは見る者に強い印象を残した。
(ホンダ・プレリュード - Wikipedia)

プレリュードといえば、デートに大活躍の「サンルーフ」を標準装備

屋根が開く「サンルーフ」はデートカーの定番。
海辺にクルマを止め、夜空を見上げた人も少なくないはず!?

トヨタ・ソアラ

2代目ソアラ[Z20](1986-1991年)

2代目ソアラ[Z20](1986-1991年)

ヨーロッパの高級・高性能GTと肩を並べるモデルとして1981年に登場してヒットし、ハイソカー・ブームを創出した初代の後を受け、86年にデビューした2代目ソアラ。

ちなみに、プレリュードは赤や紺などのカラーも人気だったのに対し、ソアラは圧倒的に白!
元祖デートカー・プレリュードの対抗として、ソアラをあげる人は多いのではないでしょうか。ただ、ソアラは、高級ゆえに「ハイソカー」とも言われていました。

若い人には“ハイソ”の意味も通じないでしょうが、ハイソサエティ=上流階級の意味です。今時でいえば“セレブ”といった言葉に該当するといえば通じるでしょうか(笑)
ハイテクのイメージ

ハイテクのイメージ

上級車種にはツインカムエンジン・目的地到着予定時刻を自動計算するドライブコンピューター・電子制御式エアサスペンションなどの先端技術を備え、バブル全盛期に生まれた車らしい贅沢の限りがつくされたクルマ。スープラやセリカ、ニッサンシルビアに比べても明らかに格上で、若者が乗っているだけで一目置かれました。

巷では、ゴキブリホイホイならぬ「女子大生ホイホイ」とまで言われたとか

女子大生がゴキブリホイホイのごとく乗り込んで来た“昭和の良き時代”のデートカーです。
97 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

自動車について懐かしいネタをクイズにしてみました。車好きならきっと分かるはず!
【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

【自動車クイズ】車種当てクイズ!テールランプ・フロント編!オジさんならすぐ分かる!?

自動車の写真を見て車種当てクイズに答えよう!今回は、テールランプやフロントライト等にフォーカスして写真をピックアップしました。
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
1990年代のRVブームに発売されたSUVまとめ パジェロ、ランドクルーザー、テラノ、ビックホーン等

1990年代のRVブームに発売されたSUVまとめ パジェロ、ランドクルーザー、テラノ、ビックホーン等

今日でも人気のSUVですが、1990年代にもRVブームと言われた時代に多くのSUVが発売されました。人気があった車両を中心にピックアップしてみました。
M.E. | 45,195 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト