野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?
2017年7月28日 更新

野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?

侍や武士、柔術、柔道、剣道・・・など色々のキーワードから武道の神様は結構認知されていると思われますが、こちらはご存知でしょうか?それは・・・球技の神様!はい、京都にいらっしゃいます。今回はこちらをば。日本に古くから存在する球技というと何か。それは…「蹴鞠」!

206 view
時代劇を見ていると、道場の神棚に「鹿島大明神」「香取大明神」などが祀られています。
今でも剣道場などで見られるかも?と思います。大明神とありますが、鹿島大明神は鹿島神宮の武甕槌神(たけみかづちのかみ)、香取大明神は香取神宮の経津主神(ふつぬしのかみ)です。ともに武芸・武道の神として古来より信仰されております。

侍や武士、柔術、柔道、剣道・・・など色々のキーワードから武道の神様は結構認知されていると思われますが、こちらはご存知でしょうか?
それは・・・球技の神様!はい、京都にいらっしゃいます。
今回はこちらをば。

日本に古来より存在する球技といえば?

日本に古くから存在する球技というと何か。それは…「蹴鞠」!

蹴鞠とは鹿の革2枚を円形に縫い合わせて作った鞠を、地面に落とさないように参加者で蹴り上げ続けて、その回数を競う球戯です。見た目の美しさや蹴り続けるための思いやりや礼儀などが重視され、決して勝敗を競うものではありません。また、蹴鞠には現在のようにユニフォームがある訳ではなく、普段着のままで行います。現在では直垂・狩衣で行われているかと思いますが、これは室町時代あたりからです。

下鴨神社で蹴鞠初め

とはいえ球を蹴り上げる以上、それは技ですから名人も出現します。平安時代末期、蹴鞠の名手と称えられたのは藤原成通(ふじわらのなりみち)です。彼は要するにリフティングの名人。清水寺の大舞台の欄干の上に飛び乗って、端から端まで鞠を蹴り上げ続けながら何往復も出来たというのですから。

平安時代までには中国大陸から日本に伝来したとされる「蹴鞠」

そんな蹴鞠。平安時代までには中国大陸から日本に伝来したとされていますが、記録上からは把握できません。平安時代中ごろには蹴鞠の会「鞠会(まりえ)」が盛んになり、鎌倉時代には武士も遊びだし、江戸時代になる頃には庶民にも広がりましたが、明治維新で一旦途絶えます。その後、明治36年(1903)に京都白峰神宮を拠点に、有志での蹴鞠保存会が誕生し現在も活動を続けておられます。保存会で伝える蹴鞠は「飛鳥井流」の蹴鞠です。

飛鳥井流と難波流、2つの流派がある「蹴鞠」

そう。蹴鞠には流派があるのです。実は2つありました。「飛鳥井(あすかい)流」と「難波(なんば)流」です。この開祖も平安時代の名人たちに関係します。平安時代に刑部卿(おさかべきょう)と藤原頼輔(ふじわらよりすけ)という名人たちがいたのですが、その孫にあたる飛鳥井雅経(あすかいまさつね)と難波宗長(なんばむねなが)がそれぞれ流派を立ち上げ「蹴鞠道」を確立しました。その後、難波流は衰退してしまうのですが、飛鳥井流は脈々と受け継がれ、最終的に明治維新後、飛鳥井流を伝承した飛鳥井家の京都の邸宅跡は白峰神宮(しらみねじんぐう)になっております。

球技全般の神様として信仰を集める「精大明神」

この神社には鞠の神「精大明神(せいだいみょうじん。まり精大明神とも)」が祀られておりまして、七夕の神でもあるのですが、蹴鞠そして日本の球技全般の神様として現在も信仰を集めております。

全国でも珍しい、サッカーボールやバレーボールが奉納される神社です。このボールを拝見するだけでも面白いかと思います。日本サッカー協会や日本バレーボール協会からの奉納もあるので、是非♪
11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

その昔日本には「経験した男性の数だけ鍋を被る祭」があったんです。

関係した男性の人数だけ鍋を頭に被る?今はもう行えない内容の祭りがかつて存在しました。5月の「鍋冠祭(なべかぶりまつり)」。滋賀件米原市の筑摩神社に伝わる祭です
山崎敬子 | 3,131 view
日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

日本版七夕伝説は「聞き間違いで年に1回デートになった」???

7月間近なこの頃。何となく世間が「七夕」を打ち出し中です。七夕と言えば短冊に願い事を書く、7月7日の行事です。学校や世間で聞く七夕の由来と言うと、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)のラブストーリーではないでしょうか?
山崎敬子 | 740 view
「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

「地獄絵には女性が嫉妬しすぎると落ちる地獄があるんだよ」というコネタ。

最近、タレントさんなどの不倫報道が多い気がします。個人的には他人の不倫はどうでもいいのですが、不倫に関わる地獄が日本にはあったなあ・・・と思い出したので、今回は不倫の地獄ネタ。
山崎敬子 | 3,450 view
手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

手足も髭もボーボー眉毛も!全国のダルマあれこれをご紹介。

先日、高崎に行きました。高崎名物といえば駅弁「だるま弁当」♪…ではなく、いや、合ってるけども、どちらかというと達磨(ダルマ)本体が名物かと思います。多くは赤色の張子(はりこ)で製作され、目の部分は書き入れずに空白のままに残すイメージが強いかと思います。そして高崎以外のダルマに目を向けてみますと、目玉があるダルマさんは勿論、手足があるダルマさんも居たりして、奥が深いです。
山崎敬子 | 115 view
北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?

北海道登別温泉に、鬼がぶち上げる花火があるのをご存知ですか?

時が過ぎるのは早いもので、世間にはそろそろ夏の情報も出始める今日この頃。夏のエンタメといえば、花火を思い浮かべる人もいらっしゃるかと思います。そこで、民俗コネタ的にオススメ花火をば。北海道登別温泉には鬼がぶち上げる花火があるんです。
山崎敬子 | 172 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト