アースウインド&ファイアーには夢が詰まってる
2016年2月19日 更新

アースウインド&ファイアーには夢が詰まってる

夢のある音楽といえばアースウインド&ファイアーに決まり。なんかやたらと派手な服装、いかしたベースラインなんかがあればもう完成。ということで懐かしのアースウインド&ファイアーで今年を決めよう。

6,113 view

どんな奴ら

 (1577741)

派手な人たちです。
1970年代の全盛期は、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルに重厚なホーンセクションが特徴であった[1]。1980年代前半には、他バンドに先駆けてコンピューターを利用した電子音を採り入れ、実験的な曲創りにも取り組んだ。アメリカ国内だけでなく日本をはじめ世界的な人気も高く、1970年代から何度か活動停止と再開を繰り返しつつも定期的にヒット曲を放ち、世界でのCD・レコード総売上は9000万枚以上[1]。グラミー賞を6回受賞し、2000年にロックの殿堂入りを果たしている[1]。
ロックではないでしょう。

衣装が派手

 (1577747)

 (1577750)

派手だし笑顔だし
出典 www.izu.to
 (1577751)

こんなんがデートに来たら帰ります。
 (1577753)

真面目な格好もします。

ベースはこの人

 (1577757)

歯茎が凄い
アメリカ合衆国のシカゴで生まれ育つ。医者である父親は、ヴァーダインもその道を歩むことを願ったそうだが、その道にカスリすらしない音楽の道を歩むことになる。ベースとの出会いは、オーケストラのクラスでアップライトベースを見たことから始まる。何かしらの運命を感じたようである。

シカゴ交響楽団で数年演奏を行った後は、シカゴ周辺地域のジャズクラブでエレクトリック・ベースを演奏し、プロとしてのキャリアを歩む。さらにその後、兄のモーリス・ホワイトと合流し、後にヒット作を連発することになるアース・ウィンド・アンド・ファイアーにベーシストとして参加することになる。

世界中をツアーすることになるアース・ウィンド・アンド・ファイアーだが、その中でもヴァーダイン・ホワイトはバンドのパフォーマンス面の向上に大きく寄与している。派手なステージ衣装、レーザーを使った照明、花火、ダンスをふんだんに採り入れたライブ・パフォーマンスはアース・ウィンド・アンド・ファイアーの大きな個性の一つにもなっている。
 (1577758)

EWF (Verdine White Performance) - Rio 2008 - YouTube

16/02/2008 Earth, Wind & Fire Live at VivoRio - Rio de Janeiro, Brazil Recorded by a Sony DSC-T200

Verdine White - Performs "September" | GRAMMYs - YouTube

しかし兄が死亡し…

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【3人目のB'z】忘年会のカラオケでは声を大切に【明石昌夫さんが教えてくれるシリーズ】

【3人目のB'z】忘年会のカラオケでは声を大切に【明石昌夫さんが教えてくれるシリーズ】

B'zのコアなファンなら誰でも知っている、初期のB'zのほとんどのアレンジを手掛け、ベーシストでもある明石昌夫さん。明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれる本がありましたので、そこからいくつかご紹介します。今回は、歌手がなりやすい「ポリープ」について教えてくれています。
【3人目のB'z】明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれたよ!!【お金編】

【3人目のB'z】明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれたよ!!【お金編】

B'zのコアなファンなら誰でも知っている、初期のB'zのほとんどのアレンジを手掛け、ベーシストでもある明石昌夫さん。明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれる本がありましたので、そこからいくつかご紹介します。今回は「お金」と「音楽」との関係です。
ジバニャンLOVE | 4,237 view
【3人目のB'z】明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれたよ!!

【3人目のB'z】明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれたよ!!

B'zのコアなファンなら誰でも知っている、初期のB'zのほとんどのアレンジを手掛け、ベーシストでもある明石昌夫さん。明石昌夫さんが音楽業界のことを教えてくれる本がありましたので、そこからいくつかご紹介します。
ジバニャンLOVE | 10,332 view
YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

YMOを結成する前、70年代の細野晴臣は日本の音楽界にとってある意味YMO以上に重要な作品を残しているんです。

確かにイエロー・マジック・オーケストラは、日本の音楽の歴史を塗り替え、世界的にも多くのアーティストに多大な影響を与えました。しかし、細野晴臣がYMOを結成する前に作り上げた一連のソロ・アルバムの素晴らしさときたら筆舌に尽くし難いものがあります。全作名盤というマニアのものだけにしておくには勿体ないですよ!
obladioblada | 5,166 view
X JAPANの初代ベーシスト『TAIJI』を振り返る

X JAPANの初代ベーシスト『TAIJI』を振り返る

長きに渡って、カリスマ的人気を誇り続けているモンスターバンド・X JAPAN。その元ベーシストとして今なおファンから絶大な支持を集めているのが、TAIJIこと沢田泰司です。Xのメンバーとして栄光を極めながら、一時はホームレスにまで身をやつした彼の波乱万丈すぎる人生を振り返っていきます。
こじへい | 33,650 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト