ダイイチルビー “華麗なる一族”のラストガールは希代の名牝となった
2019年10月2日 更新

ダイイチルビー “華麗なる一族”のラストガールは希代の名牝となった

ダイイチルビーは、1990年~1991年に大活躍した人気の牝馬です。今でこそ古馬牝馬の混合のG1勝ちは当たり前ですが、90年代初頭の安田記念、スプリンターズステークスの勝利はかなりセンセーショナルでした。1991年のJRA賞最優秀5歳以上牝馬およびJRA賞最優秀スプリンターを獲得したのも当然の結果だと思います。戦績 国内:18戦6勝  総賞金 43171.2万円

1,588 view

華麗なる一族

「華麗なる一族」とは「白い巨塔」、「大地の子」で有名な山崎豊子が1973年に発表した小説で、映画化され、2度テレビドラマ化されています。(テレビはその後何度か作られてますね。)

野心的な財閥一族を描いたこの作品が発表されたころに、中央競馬界では、牝馬のイットーが活躍していました。

この牝馬の血統を当時、関西テレビで解説者が“華麗なる一族”と命名したことが当時の競馬界で受け入れられ、有名になりました。

一族の活躍馬は非常に気性が荒い一方、大変なスピードで逃げるのが一番の特徴です。

1970年代初頭から1990年代初頭の全盛期には日本のサラブレッド牝馬の系統としては、戦前の下総御料牧場の輸入牝馬、小岩井農場の輸入牝馬に匹敵する名門とされました。

キューピット

1957年に輸入された英国の牝馬“マイリー”はスエズ動乱の影響を受け、到着が遅れ横浜港の検疫所で子供を産みます。

そしてキューピットと名付けられたその馬は、気性の荒いスピード馬で競走成績は35戦9勝、朝日チャレンジカップ、阪神牝馬特別など2着10回。

重賞は阪神牝馬特別に勝ちました。引退して繁殖牝馬となって荻伏牧場に戻り、ヤマピットとミスマルミチを産んだ以外には子供はできませんでした。

そして、後年、ミスマルミチの子孫から活躍馬が続出し、この牝系がのちに“華麗なる一族“となっていくのでした。

ヤマピット

“華麗なる一族”の初期の活躍馬で、その素晴らしいスピードはで1967年のオークスを逃げ切って優勝。

1966年に最優秀3歳牝馬、1967年に最優秀4歳牝馬、1968年に最優秀古牝馬に選ばれました。
主戦騎手は後の名調教師、池江泰郎が務めました。

1967 オークス ヤマピツト

イットー

姉のヤマピットはたったたった1頭しか産駒を残しませんでしたが、妹のミスマルミチはそのかわりのように優秀な子供を続々と送りだしました。

一番有名なのは高松宮杯やスワンステークスの優勝馬のイットーで、1973年の優駿賞最優秀3歳牝馬、1975年に同最優秀5歳以上牝馬を受賞。

繁殖牝馬としても大きな成功を収め、二冠牝馬ハギノトップレディ、宝塚記念優勝馬ハギノカムイオーらを輩出。

“華麗なる一族”の中興の祖となりました。

ハギノトップレディ

戦後競馬史に残る天才少女。新馬戦1000m 57秒2の日本レコードの後、骨折するも
激戦の桜花賞を逃げ切りました。単なるスプリンターではないことは、エリザベス女王杯の勝利で証明、最優秀4歳牝馬に選ばれました。

半弟(父・テスコボーイ)にハギノカムイオーとともに“華麗なる一族“の象徴的存在でした。

1980 桜花賞 ハギノトップレディ

1980 エリザベス女王杯 ハギノトップレディ

ハギノカムイオー

1979年に北海道静内町でのセリ市において、当時の史上最高価格となる1億8500万円で落札され、その落札額から「黄金の馬」とも称され、競馬の世界にとどまらず、当時マスコミでも大きな話題となりました。

その後競走馬となり、1983年の高松宮杯、宝塚記念など重賞6勝を挙げその“華麗なる血統”を証明してみせました。

1983(昭和58)高松宮杯 ハギノカムイオー

ハギノカムイオー 宝塚記念 1983.6 - YouTube

ダイイチルビー その生い立ちと出生秘話

トウショウボーイ

ルビーの父トウショウボーイは、80年代、テンポイント、グリーングラスとともに、競馬の一大ブームを作り上げた名馬として有名です。
66 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 710 view
給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

給食でおなじみの「ミルメーク」50周年!多くの人に愛され、親しまれる牛乳調味品!!

主に学校給食向けに販売されている牛乳調味品「ミルメーク」が、今年50周年を迎えた。「ミルメーク」には、粉末タイプとスポイト状の液体タイプの2種類がある。
red | 2,701 view
「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

「リカちゃん」誕生50周年記念、公式クロニクル本が発売!22日から「リカちゃん展」も開催!!

講談社は、日本一有名な女の子「リカちゃん」の誕生50周年記念して、「公式 リカちゃん完全読本 50th ANNIVERSARY」を発売。また、銀座の松屋銀座では、「リカちゃん展」が22日から開催される。
red | 1,970 view
50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 2,566 view
芸道55周年を迎えた北島三郎!所属レコード会社の垣根を越えて、歌手7人とデュエット挑戦!

芸道55周年を迎えた北島三郎!所属レコード会社の垣根を越えて、歌手7人とデュエット挑戦!

今年で芸道55周年の北島三郎がまたもや挑戦を表明!吉幾三ら歌手7人とデュエットをした「サブちゃんとデュエットシリーズ」を5月18日に発売すると発表しました!まだまだ活動的なサブちゃんから目が離せません!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト