斎藤佑樹投手を見ると思い出す。元プロ野球選手島田直也投手
2020年2月28日 更新

斎藤佑樹投手を見ると思い出す。元プロ野球選手島田直也投手

私には、斎藤佑樹投手を見ると思い出す、そして比較してしまう投手がいます。それは元プロ野球選手島田直也投手です。

507 view

斎藤佑樹投手を見ると思い出す。元プロ野球選手島田直也投手

私には、斎藤佑樹投手を見ると思い出す、そして比較してしまう投手がいます。それは元プロ野球選手島田直也投手です。
【類似点】
類似点としては、両投手とも高校3年時に甲子園に現れ、夏には決勝に進出。ルックスもよくアイドル的でした。ライバル校も、島田投手にはPL学園。斎藤投手には駒大苫小牧と、その当時の絶対的な強豪校がありました。両投手とも身長は175㎝くらい。最初の入団チームも日本ハムファイターズ。投球スタイルも両コーナー低めにストレート、変化球をバランスよく投げ分けるタイプだったと思います。このように類似点が多いことも思い出す要因なのかなと思います。
島田直也

島田直也

【島田投手について】
・プロ入り前
出身は千葉県柏市。高校は茨城県の常総学院です。1987年、高校3年春、初めて甲子園のマウンドにあがりましたが初戦敗退。しかし、夏には決勝でPL学園に敗れるも、準優勝投手となりました。

【プロ入り】
1.日本ハムファイターズ
1987年のドラフトでは島田投手はどの球団にも指名されず、ドラフト外で日本ハムファイターズに入団します。島田投手同様、春夏の甲子園で活躍したでドラフト6位入団の芝草宇宙投手と共にSSコンビとして売り出されます。しかし在籍した1991年まで、思ったような成績は残せませんでした。

2.横浜ベイスターズ
横浜ベイスターズ移籍後、島田投手は活躍します。移籍初年度の1992年から中継ぎ中心に、1994年から中継ぎに専念して活躍。1997年には最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得、そして1998年には横浜38年ぶりの日本一に貢献と大活躍でした。1999年は初のオールスターゲームにも出場します。
しかしその後成績を落とし、2000年オフに自由契約となってしまいます。

3.ヤクルトスワローズ
移籍した2001年復活し、ヤクルトの日本一に貢献しました。

4.近鉄バッファローズ
2003年に近鉄バッファローズに移籍しましたが、この年で引退となりました。

【引退後】
日本ハムファイターズの打撃投手を経験後、独立リーグで指導者となります。4年間信濃グランセローズの投手コーチをし、2011年からは徳島インディゴソックスの投手コーチになります。2012年からは徳島の監督に就任し優勝もしました。その後2015年から横浜DeNAベイスターズの二軍投手コーチになり、NPBに復帰しました。
島田直也

島田直也

【最後に】
島田投手が入団当時、日本ハムファイターズは北海道移転前で、まだ人気のない球団でした。当時の自分の勝手な印象では、SSコンビは戦力としてはあまり期待できなく、完全に球団人気のために獲得された選手という印象でした。しかしSSコンビのプロ入り後の活躍は十分なものでした。今でも当時の私の印象は、とても失礼だったなと思います。逆に、斎藤佑樹投手が日本ハムファイターズに入団した時は、日本ハムはすでに北海道移転後で人気球団となっていました。もちろん斎藤投手の抜群の人気は、獲得の大きな理由になったことは否めないと思いますが、斎藤投手の大学での圧倒的な実績は、プロ球団が獲得を目指すに十分なものかと思われます。ですが残念ながら現在まで、斎藤投手は十分な活躍ができているとはいえないと思います。確かに、プロ入り前に「斎藤投手はプロで通用するのか?」という声も多くありました。失礼ながら自分もそう思っていた一人でした。そしてプロ入り後、先発として活躍ができない斎藤投手に、類似している島田投手のように中継ぎならいけるのでは?と勝手に思っていました。なので日本ハムの栗山監督が、斎藤投手を中継ぎで起用するといった時には、ひそかにいけると思っていました。しかし残念ながら斎藤投手は中継ぎでも結果を残せていません。正直、私ももう厳しいかなと思ってしまっていますが、もしなんらかの形で、斎藤投手と島田投手に接点ができた場合(選手とコーチの関係など)に、島田投手からの指導、経験からのアドバイス等により斎藤投手が結果を残してくれたら、個人的には大変うれしいなと思っています。
7 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知と言えば巨人軍の投手として記憶に残っている方も多いと思います。今回は宮本和知選手の現役時代に関する成績やエピソードなどを振り返りつつ、現在はどのような活躍をしているのかを紹介します。
ゆうなパパ | 765 view
5月27日、オリックスが阪急ブレーブスのユニフォームを着用して試合!山田久志氏も登場!

5月27日、オリックスが阪急ブレーブスのユニフォームを着用して試合!山田久志氏も登場!

5月27日(日)、オリックスは2年ぶりに、わかさスタジアム京都で開催する公式戦(対千葉ロッテマリーンズ)で、阪急ブレーブス復刻イベントを開催。阪急ブレーブスOB・山田久志氏が招かれ、セレモニアルピッチを行う。
上原浩治が巨人に復帰!『雑草魂』で新人ながら最多勝等を総なめした1999年を振り返る!

上原浩治が巨人に復帰!『雑草魂』で新人ながら最多勝等を総なめした1999年を振り返る!

メジャーリーグで活躍した上原浩治投手(42)が、巨人入りする事が分かった。古巣への復帰は2008年以来となり、背番号は「11」が用意される予定。新人だった1999年の大活躍を、流行語大賞にも選ばれた「雑草魂」と共に振り返る。
【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

【巨人戦・プロ初登板・ノーヒットノーラン】中日・近藤真一さん

1987年8月9日、プロ初登板・巨人戦・ノーヒットノーランという、前代未聞の金字塔を打ち立てた投手、中日ドラゴンズの近藤真一さん。(現:近藤真市さん。)その怪物・近藤さんにインタビューした本がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 4,891 view
清原のバットが飛ぶ!大乱闘を演じた【平沼定晴投手】第二の職業人生

清原のバットが飛ぶ!大乱闘を演じた【平沼定晴投手】第二の職業人生

1989年9月23日、プロ野球西武対ロッテ戦で、大乱闘事件が起きました。左ひじに直撃の投球を受けた清原和博氏が、怒ってまずバットを投げつけて、そして跳び蹴りを食らわすという激しい乱闘。その投手、平沼定晴さんのその後について書かれている本がありましたので、ご紹介します。
ジバニャンLOVE | 5,754 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト