2017年8月7日 更新

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。

3,546 view

「しんどいけど楽しい!」大山峻護のプロレスチャレンジ

柔道から総合格闘家の道を歩み、パンクラスでそのキャリアを終えた大山峻護が3月20日、42歳にしてDDTプロレスリングさいたまスーパーアリーナ大会のリングに登場。

格闘家生活を終え、FIGHTNESS主宰として次なるキャリアを切り拓いている大山氏が、いまなぜプロレスへのチャレンジに踏み切ったのか。

そんな質問を投げかけるべく取材の場をいただいたミドルエッジ編集部(ミド編)に、大山氏は屈託のない笑顔でこう言った。

「しんどいけど楽しい!」

PRIDE、HERO'S、パンクラスと闘いの場を求め続けた格闘家・大山峻護

2001年5月27日、PRIDE.14。
当時無敵を誇ったヴァンダレイ・シウバとの一戦で一躍全国区の知名度となった格闘家・大山峻護。

PRIDEやHERO'S、パンクラスに闘いの場を求め、眩いばかりのスポットを浴びる一方で、網膜剥離の発症やときに峻烈極まる罵声に晒されるなど、決して平坦ではない格闘家人生を歩み続けた彼は、2014年に40歳でその現役生活に終止符を打った。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!の対ピーター・アーツ戦

大山峻護VSピーター・アーツ

「不屈の日本男子」「魂の格闘家」などと称された大山峻護。
今回、大山氏へのインタビュー機会に恵まれたミド編。

40歳を過ぎて事業家としてのセカンドキャリアを切り拓いている大山氏が42歳の今、プロレスという新たなリングに挑戦する姿を取材した。

-取材を通して-

 -大山氏が格闘家人生で得たもの
 -格闘家人生で得たものをセカンドキャリアにどう生かそうと考えたか
 -プロレスチャレンジに対する想い

自然体の大山氏の口から出る言葉の一つ一つは、同世代の私たちにとって心地よい地に足の着いた言葉。それでいて一切の悲観や厭世的な考えを含まない、着実に歩み続ける男の言葉。

そんな大山氏の言葉を、チャレンジを続ける同世代の言葉として読者の皆様にお届けしたい。

格闘家人生を終えて2年、42歳にしてプロレスのリングに挑戦

プロレスチャレンジを決断した3つの理由

1 子供の頃からの夢の実現
2 高木三四郎氏(DDTプロレスリング代表)の誠実さに惹かれて
3 さいたまスーパーアリーナという大舞台で闘う姿を仲間たちに見てもらいたい

この3つからも、その人柄が滲み出る大山氏。
自身の半生、とくに格闘家現役から引退後に至るまでの心境面を中心に取材に応えていただいた。

子供の頃の想いを形に出来る最後のチャンス

幼少期はウルトラマンが大好きで、すぐにプロレスに惹かれていったと語る大山氏。

「小学校時代はいつも『プロレスラーになるんだ!』と言っては父親から『お前なんかになれるわけないだろ』と、そんな日常でした(笑。」
プロレスへのリスペクトを込めた試合にしたいんだ!

プロレスへのリスペクトを込めた試合にしたいんだ!

「子供の頃の想いを形に出来る最後のチャンス」と語っていただいた。

引退して2年、コンディションを戻せるギリギリの時間

(ミド編)42歳にしてのプロレスチャレンジです

「引退して2年は、コンディションを戻せるギリギリの時間でした。
3年、4年経ってしまっていたとしたら厳しかったかもしれません。」

「練習では現役時代の当たり前の動作でも肉離れ、まさに42歳(笑。
昔はまず心が突っ走って、それに耐えうる肉体を作っていましたが、
現在の自分を受け入れた上で、コンディションを作っています。」

「受け身もロープワークも練習は痛い!(笑」

(ミド編)格闘技とプロレスの違いに戸惑うことはありますか?

「相手の技を受ける前提で試合を作るということ。
受け身の取り方、柔道よりも”受けを伝える”ことを意識。
逃がさずに受け止める、という戸惑いですね。」

最初で最後のチャレンジだからこそ「格闘家がプロレスに参戦した」を超えた試合に

「格闘技は相手を倒せばいい、不細工な勝ち方でも勝ちは勝ち。
だけどプロレスには”伝える””表現する”意識と目線が大事。」

「”格闘家がプロレスに参戦した”という評価は超えていきたい。
パンチやキックで成立させるのでなく、ちゃんとプロレスをしたい!」

柔道も格闘技もプロレスも、全部勢い! 踏みだしてから考えた(笑

(ミド編)決して平坦ではないキャリアです、なぜ次に挑戦する意欲が尽きないのでしょう

「今回は特に”俺の人生だから俺の好きにやろう”と。
シンプルに子供のころから大好きだったプロレスのリングに立てるんだ!って。

現役の時は常に周りを意識していました。メディアやファンはどう感じるだろうか?って。
でも、結局そこはコントロール出来ない。自分にとってベストでも、評価は周りがするもの。

自分でコントロール出来ないことを意識しても、前に進めなくなるだけ。
だから”自分の人生だから自分のやりたいことをやる”とシンプルになりました。」
「俺の人生だから俺の好きにやろう」

「俺の人生だから俺の好きにやろう」

「自分でコントロールできないことを意識しても、前に進めなくなるだけ。」と格闘家人生を振り返る。
ちなみに、現役格闘家時代の大山峻護は33戦で14勝19敗。
メディアの祝福と洗礼を共に浴びている。

PRIDEでヴァンダレイ・シウバ相手に華々しくデビューしたときは、大山氏曰く

「俺のことをこんなにたくさんの人が愛してくれている(笑!」と。

ところがグレイシー一族との対戦では評価が一変、今度は誹謗中傷の渦中に。

「人っていうのは、すごく暖かい部分と残酷な部分。
愛情深い部分とクールな部分があるんだなと知りました(笑。」

凄まじく落ち込んでからは、確実にタフになったと述懐する大山氏。
「だからこそ、いまは地に足付けていられるんです。」と。

常に自分より前、上に憧れの存在がいた

「子供の頃はウルトラマン、プロレスラーに憧れて。
柔道を始めてからは古賀稔彦、格闘家になると桜庭和志。

憧れの存在がいたから、自分の浮き沈みに一喜一憂するより
追いかけたい気持ちが常に上回っていました。」

現役時代は自分がどのくらいのポジションで、どのくらい応援されているのかが分からないもの。
そんな中でも、常に会場を沸かせた上で勝利を掴む桜庭和志の存在は、大山氏にとって憧れ、永遠の目標だったのだそう。

格闘家を引退した後も挑戦、自分で志した事業「FIGHTNESS」

現役を辞めて何をしようか考えたとき、社会において「鬱」が大きな問題になっていることに着目。

体と心が連動していることを体感してきた立場から、体験型の研修を企業に提案していこうと考案したのが「FIGHTNESS」。

自分で考え自分で営業、これまでアスリートが取り組んできたことが世の中にプラスに貢献するのではないか。アスリートのセカンドキャリアの道標になれたらと。

スポットライトの当たる舞台から降りて、自ら稼ぐ現場に

(ミド編)スポットライトの下で闘い続けた格闘家から一転、セカンドキャリアの道を切り拓いています

「引退直後は、わりとギリギリなところにいたんです。
それなりの人脈もあったし、誰か声かけてくれるだろうとおもいきや・・・
引退した時に、誰も浮き輪を投げてくれなかった(笑。
でも、だからこそ自分で泳がなきゃ!と思って今があるんです。」
「ただ目標が変わるだけ、ただ闘うフィールドが変わるだけ」

「ただ目標が変わるだけ、ただ闘うフィールドが変わるだけ」

アスリートは現役引退後、自分が必要とされていないんじゃないかという疎外感と向き合うことが試練だと語る大山氏。

【閑話休題】40代におススメな、日々の簡単ストレッチ!

(ミド編)私たち40代におススメの日々のストレッチを教えてください!

スクワットです!

「足をちょっと広めにスタンスをとって四股を踏むように。深めにスクワットをゆっくり10回とかですね。
人間の筋肉の2/3が下半身なので、やはり足腰を鍛えるのが大事だと思います。」

(ミド編)腕立てや腹筋よりもスクワットですか?

「うん、ゆっくり深めにスクワットが一番のおススメです!」

「FIGHTNESS」事業についても熱い大山氏

自ら情熱的に営業に飛び回る「FIGHTNESS」。

あるとき、交通機関の影響で遅刻してしまい「もうやらなくていい!」といわれたときのエピソードが大山氏らしい。

「とにかく誠意をもって謝る、謝り続ける。伝わるまで。」

大舞台のど真ん中で脚光を浴びていた格闘家の根底には、フィールドは違っても闘い続ける精神が流れている。

「逃げずに向き合う」

シンプルかもしれないが、今の若い人たちにも感じてもらいたいといったら偏見だろうか。

「”どうして出来ないんだろう?”から逃げていくんじゃなくて、”どうしたら出来るんだろう?”で向き合っていく修練だと思うんです。」

体と心は連動している

「体と心は連動している」の一例としてスマホを見るときの...

「体と心は連動している」の一例としてスマホを見るときの姿勢をあげた

落ち込んだ時の姿勢にネガティブな思考が入れば、なかなか抜け出せないと語る大山氏。
51 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロな居酒屋、仕切るのはインディーレスラー「KUDO」!

東京・新宿歌舞伎町のど真ん中に昭和レトロ風居酒屋「エビスコ酒場」あり。プロレスファンならお馴染みのこの居酒屋を仕切るのは、DDTプロレスリングのトップレスラーKUDO選手。プロレスキャリア16年、今なおレスラーとして第一線で活躍を続ける一方、この土地で8年間飲食業を営むKUDO選手が淡々と語る、インディーレスラーとしての覚悟、そしてプロレス愛。
孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

孤高の求道者は今なおボクシングの夢を追う、西島洋介山!

日本クルーザー級のパイオニアとしてその名を轟かせた西島洋介山を知らない人はいないだろう。手裏剣パンチを武器に闘った地下足袋ファイターは、そのボクサー人生の多くをアメリカで過ごした。またボクサーとして現役を退いた後には、日本国内で総合格闘技やキックボクシングにも出陣することに。様々なバックボーンを持ったファイター達とリング上で相見えてきた西島洋介山、孤高のボクサーはその拳にどんな想いを乗せて闘っていたのだろうか。
3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

3月20日、DDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会! 屋台村から始まった高木三四郎のプロレス挑戦、辿り着いたのはさいたまスーパーアリーナ!

DDTプロレスリング社長兼レスラー、高木三四郎。現在のプロレス界において屈指の経営者、アイデアマンと呼ばれる彼が3月20日、さいたまスーパーアリーナにおいてDDTプロレスリング旗揚げ20周年記念大会を開催する。1990年代、新日、全日、UWF、FMWといった系譜とは異なる「屋台村プロレス」を発祥とする高木三四郎社長率いるDDTプロレスリングの強み、そして観客を魅了する仕掛け。プロレス界の異端児とも称される高木三四郎社長にお話を伺った。
【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

マルチタレントを目指した若き日から一転、猪木モノマネ一筋16年!アントニオ小猪木!!

お笑いプロレス「西口プロレス」を代表する人気タレント、アントニオ小猪木!小柄ながらそのキレッキレの動きを武器に「とんねるずのみなさんのおかげでした」名物コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で一躍ブレイクしたことを憶えている方も多いのでは?猪木モノマネ一筋16年、アントニオ小猪木がそこに辿り着いた道程を伺った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト