2018年1月13日 更新

美少女アイドルがパンチラを披露しながら戦う『ワンダーモモ』はナムコご乱心ゲームの先駆的一品!?

『ワンダーモモ』は、1987年にナムコから発売されたアーケードゲームであり、アクション系ギャルゲーの金字塔です。本作は、「舞台劇『ワンダーモモ』上演中」という設定で進行される横スクロールアクションゲームで、正義の変身ヒロイン「ワンダーモモ」を操作し、悪の怪人軍団をミニスカハイキックで倒していきます(笑)。ヒロインのお色気、待ち構えるカメラ小僧など独特な世界観とノリが話題を呼び、ギャルゲーの先駆けと評されました。

4,920 view

舞台劇『ワンダーモモ』上演中!!…という設定

『ワンダーモモ』PCエンジン移植版パッケージ

『ワンダーモモ』PCエンジン移植版パッケージ

安心してください、全年齢対象ですよ!

概要

本作は、キャラ作りに定評のあるナムコが80年代末期に世に送り出したアクションゲームです。
80年代のアイドルブームと特撮ヒロインという要素を組み合わせた独特な舞台設定を持つゲームで、当時のアーケードゲーム界隈でもまだまだ珍しかった、「女性が主人公のゲーム」として大きな話題になりました。

特撮ヒロインショーをモチーフにしたアイドルショーの舞台上で、美少女アイドルがあられもなくパンチラを披露しながら敵と戦うという、ナムコ黄金期のゲーム全般に漂っていた漢らしい硬派なイメージを覆すシチュエーションが当時のオールドナムコファンにとっては(いろんな意味で)すこぶる衝撃的であり、「ナムコ終わった」「ナムコが狂った」等散々な評判が飛び交い、見た目の軟派さとは裏腹な難易度の高さが賛否を呼びました。

なんとも形容しがたい独特な一品ですが、女の子を主人公に据えた先進的な設定からギャルゲーの先駆的作品として、そして80年代末期におけるナムコ黄金期の終息の象徴として、良くも悪くも評価されている作品です。

ギャルゲーとは

念のため補足しますと、ギャルゲーとは、「ギャルゲーム」(Gal game)の略で、主に魅力的な女性が登場することを売り物とするタイプのコンピュータゲームの俗称です。

コンピュータゲームの技術の発展に伴いゲーム内に登場するキャラクターの表現力も上がっていきました。その中で、魅力的な女性が登場する(もしくはプレイヤーキャラとして操作できる)ことを売りにしたゲームが登場するようになりました。これがギャルゲーと呼ばれるものです。

類似の概念に美少女ゲーム(ギャルゲーとアダルトゲームをまとめた概念)、萌えゲーム等がありますが、男性向け恋愛ゲームという意味でも使用されます。

ゲーム内容、特徴など

ロリコット星からやってきた正義の変身ヒロイン・モモ(神田桃)を操作し、ワンダーモモに変身して地球の平和を乱す悪の怪人軍団ワルデモンと戦う…という設定の特撮ヒロインモチーフのアイドルショー」。そんな少々ややこしい設定の世界観の元に展開する横スクロールアクションゲームです。全4話16ステージの活劇になっています。

尚、主人公のモモは変身前、変身後ともミニスカートでアクションをするため、ちょっとジャンプするだけでパンチラ、キックしてもパンチラ、転んでパンチラ等、多彩なパンチラシーンを披露します。更には客席からローアングルで撮影されると、スカートを押さえてへたり込んでしまう等、パンチラへのこだわりが半端ではありません。(笑)

ステージはショー劇場の舞台

3画面分あるステージはアイドルショー上演中の劇場の舞台上。これを行ったり来たりしながら戦うため、行動の領域は案外狭いです。
敵は舞台上のみならず舞台下にもいます。ステージ開始後、一定の間隔で舞台の左右端のどちらかからカメラ小僧が現れて移動するモモを執拗に追いかけ、立ち止まった隙に「フォーカスチャンス!」の掛け声とともにカメラのフラッシュを炊いてきます。これをくらうと恥ずかしがってしゃがみこみ、一定時間硬直して大きな隙ができてしまいます。
「…ミニスカでハイキックしまくっているくせに」は禁句。(「事務所の指示で嫌々ながらやらされてるんだな」と思えば、ほら、良いでしょう?)
また、ジャンプ中に舞台袖に激突すると弾き飛ばされて転倒してしまいます。ただしノーダメージで無敵状態になるので、これを利用して敵の包囲から脱出するというテクニックもあります。

各ステージはエピソード仕立て

ステージはエピソード仕立てになっており、全4話16ステージという構成です。

第1話「恐怖!怪人軍団」 第2話「吸血フラワーの謎」
第3話「狙われた女学生」 第4話「変身!最終決戦」

各ステージの固定ボスキャラを倒すとクリア。
ライフ制でHPが尽きた時点でゲームオーバー。コンティニューするとプレイ中のエピソードの冒頭ステージからやり直しになります。
筐体設定でラウンドセレクトをONにしていた場合、ゲーム開始前に自由にステージを選択できるようになります。

操作方法など

操作系統は8方向レバー(斜め入力なし)+ジャンプとアタックの2ボタンです。
レバー左右…横方向き中に軽く入力すると正面を向きます。横向き中にレバーを倒すと横方向へ歩き出します。
レバー上…ジャンプボタンと組み合わせることでジャンプの高さが2倍になります。
レバー下…しゃがみます。
アタックボタン…キックで攻撃します。体勢によってキックの種類が変わります。
正面向きでアタックボタン連打…ワンダーモモに変身します。この操作では隙が大きいですが、舞台上に時々現れるつむじ風に入ることで自動的に変身することも可能です。(変身中は敵の動きが停止し完全無敵状態となります)
変身条件はザコ敵を倒すことで上昇するワンダーメーター(画面左上の体力メーターの下段)が1メモリ以上貯まっていること。貯まっていないと変身自体が行えず、つむじ風もきません。
変身するとパワーアップして自機の性能が上がりますが、変身中は敵を倒してもメーターは上昇せず、時間経過と共に減少し0になると変身が解けてしまいます。
このため、効率よくクリアするには敵の出現パターンと変身のタイミングを覚え、パターン化する必要があります。

変身中の効果

ジャンプ力、防御力が2倍になります。
また、破壊不可能な敵弾の一部を破壊可能になり、投擲武器ワンダーリングを装備します。
横方向への攻撃はこれで固定となり、横向き時のキックはリングを手放さないと出せなくなります。
カメラ小僧のフォーカスショットに怯まなくなります。(変身後はアンダースコート…?)
他にもダメージを受けて転倒した際の復帰時間が変身前より短くなったり、自機に働く慣性が緩くなり、全体的に動きが機敏になったりします。

ちょっとだけキャラクター紹介

『ワンダーモモ』テレカ

『ワンダーモモ』テレカ

なんとテレカを発見!オークションだと大体4000円くらいです。

モモ/ワンダーモモ

ナムコシアターで大人気の舞台劇「ワンダーモモ」の主人公。人気アイドル「神田 桃(かんだ もも)」が演じています。
ごく普通の女の子ですが、その正体は地球の平和を守るためロリコット星からやってきた愛の戦士「ワンダーモモ」なのです。平和を乱す怪人軍団ワルデモンを倒すべく、得意技のキックを駆使して戦います。超ミニスカート姿と大胆な衣装で、お邪魔キャラクター「カメラ小僧」に写真を取られると恥ずかしがって硬直し、隙ができてしまいます。PCエンジン版の幕間の1枚絵でスリーサイズが確認できます(82・57・84とのこと)。なお、ゲーム中のボイスは当時ナムコに勤務していた女性社員が担当しています。


ワンダーモモについて

ワンダーパワーで変身したモモの戦闘時の姿です。一定条件下で特定のアクションを取ることでかけ声と共に変身し、一定時間キャラクターの性能が強化されます。

個性的な敵キャラ達

怪人軍団ワルデモン
地球の平和を乱す悪の異次元怪人軍団で、モモの宿敵です。

カメラ小僧
舞台最前列でカメラを構えてうろつくお邪魔キャラクターです。ステージの端々で現れてはローアングルを狙い、カメラのフラッシュを浴びせモモを硬直させてしまいます(ダメージは受けませんが)。変身中であれば写真を撮られても硬直しません。

ここでプレイ動画を見てみましょう

『ワンダーモモ』プレイ動画

こちらはアーケード版『ワンダーモモ』です。
とにかくパンチラしていますね。(笑)

移植版と見比べてみよう

PCエンジン版 『ワンダーモモ』

こちらはPCエンジン版です。容量の関係から一部変更が加えられており、一定のステージをクリアするごとにビジュアルシーンが挿入されるようになったり、ギャルゲー色が強まっています。入浴シーンなどのちょっときわどいCGもあり、「あれは泡か、はたまた…」という議論も起きました。(笑)

評価点

明るくコミカルな作風と流行りを取り入れたスタイル

キャラ作りに定評のあるナムコらしい、マッピーやパックマンなどのポップでかわいいキャラクターをメインにした作品と同様の、明るくどこか能天気な雰囲気が良い感じです。
80年代の特撮番組とアイドルブームという、80年代当時の流行を取り入れた独特な舞台設定でした。

コミカルに、変身時にはカッコよく決めてくれるBGM

本作のBGMはプログラムを担当した弓達公雄氏が制作しました(サウンドスタッフが他のプロジェクトで多忙だったため)。
後に本作のメインBGMと変身BGMがボーカルアレンジされ、当時定期的にリリースされていたナムコゲームミュージックのアレンジアルバムシリーズに収録されました。2人の歌手による交互歌唱で変身ヒロインの日常と戦士の悲哀をコミカルかつシリアスに歌い上げた名曲です。
更に2005年に歌手兼声優・桃井はるこ氏による書き下ろしの歌詞と、「日本ブレイク工業社歌」で脚光を浴びたミュージシャンmanzo氏の手がけた新規アレンジによるパロディ的カバー楽曲「ワンダーモモーイ」が家庭用『太鼓の達人 とびっきり! アニメスペシャル』に収録されます。AC版『8』『9』に限定収録された他、後に新録シングル版がリリースされました。

『ワンダーモモの歌』

名アレンジです。

敵味方ともボイス付きでよく喋り、演出もセンスがいい

ほとんど棒読みですが(敵味方全て社員が演じているため)声のパターンは非常に多かったです。
演出も凝っていて、ステージ開始時に主役のモモが描かれた緞帳が上がってスタートし、ステージクリアすると緞帳が下りてきます。3面で敵に捕らわれた女学生を助け出すと「どーもありがと」と(棒読みで)お礼を言ってくれたりと、舞台劇という設定を活かした演出にもなかなかのこだわりが感じられます。
エピソード仕立ての構成によりささやかながらもストーリー性が含まれており、特撮ヒロインものならではの熱いノリを感じさせてくれます。
また1プレイあたりのプレイ時間が20分程と短いので、慣れさえすればサクサク進めテンポも良いです。

ヒロインのモモがかわいい

ついつい大見出しにしてしまうくらいに、モモが可愛らしいです。
なんだかんだ賛否両論ながら、主人公のモモは80年代のナムコを代表する人気女性キャラクターとなりました。『ドルアーガシリーズ』のカイ、『ワルキューレシリーズ』のワルキューレと合わせて当時のナムコ三大ヒロインとして多大な人気を集め、一時期ゲーメストの人気キャラ投票で三者で上位を独占するほどの人気を誇っていました。

問題点

操作性の悪さに起因する難易度の高さと舞台劇故の難点

歩くスピード自体は速いものの、自機に慣性が働いているため左右へ方向転換する際の反応が鈍い上に、転倒後の復帰中の無敵時間が極わずかしかなく、硬直時間も長です。
慣れない内は転倒したまま体勢を立て直せず畳み掛けるように敵の攻撃を食らってあっという間にゲームオーバーという事態が頻発し易いため、ストレスが溜まりやすいでしょう。
ちなみによく言われている「左右への向きの転換には正面を挟む」というのは誤りで、横方向を向いた状態で反対方向にレバーを倒すだけで振り向くようになっている。振り向くと同時に歩き出すため、振り向きざまに敵にぶつからないよう、隙を減らすために正面を経由して振り向いているというのが正しい解釈です。この点はインストラクションカード(アーケードゲームの筐体についている説明書みたいなもの)に明記されていなかったため、独特の操作性と相まって多くのプレイヤーが難儀させられました。

今でこそPS移植版やWiiの配信版でパッドでのプレイが可能なので多少は緩和されていますが、当時はただでさえ自由の利きにくいアーケード筐体のレバーであるため、なおのこと動かしにくかった…。この点が本作の難易度を上げている大きな要因であり、敬遠される原因のひとつでもありました。
また、舞台劇という設定上、背景はステージによって変わるもののただの書割(芝居の大道具の一つ)であり、敵以外の障害物やアスレチックなどのギミックも皆無です。
「ザコを倒し力を溜める→ボスキャラ出現→変身してボスを倒しクリア」…と、同じことの繰り返しなので、ゲーム的には単調かもしれません。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

衝撃の鬱展開!子供がやるのは明らかに危険なナムコの異色作『スプラッターハウス』の救いのない絶望を見たか。

これまで『パックマン』や『ゼビウス』『ドルアーガの塔』など主に明るいイメージがあったナムコが、ホラー映画ブームの真っ只中であった80年代に世に放ったホラーアクションゲームの紹介です。今となっては版権的にやばそうなジェイソン似のマスクを被った主人公が、パンチやキックで館に蔓延る異形の怪物をなぎ倒しながら突き進みます。本作はアクションゲームとして名作であると同時に、世代によっては「欝ゲーの代名詞」とも言える作品でもあります。
岸辺ミル | 4,534 view
トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

トランポリンやドアを駆使するナムコの「マッピー」は『相手に倒される=死』ではないところもよかった♪

軽快な音楽と爽快なアクションで人気だったナムコの「マッピー」。私はファミコン版で楽しんだものです。マッピーは難易度はしっかりと高くなっていくのですが「キャラクターが倒される=死」ではなかったり、トランポリンやドアを駆使する世界観がコミカルで、ついついハマってしまうゲームでした。
青春の握り拳 | 7,156 view
傷だらけのランナーの孤独な戦い、ゴールを目指してひたすら走る「メトロクロス」

傷だらけのランナーの孤独な戦い、ゴールを目指してひたすら走る「メトロクロス」

元々アーケードゲームで人気だったメトロクロスがファミコンへ。操作はとってもシンプルで、ジャンプか、走るだけ。それなのにこんなに熱中するゲームがあったんです。とにかく時間内にゴールを目指せ!
baton07 | 2,395 view
ファミコン世代の名作「マッピー」のスマホアプリに新機能が追加!始めるなら今がチャンス!

ファミコン世代の名作「マッピー」のスマホアプリに新機能が追加!始めるなら今がチャンス!

バンダイナムコエンターテインメントのスマホアプリ「タッチ・ザ・マッピー 復活のニャームコ団」に、新機能「チャレンジモード」や新ステージが追加されました。かつてマッピーを楽しんだ方は必見です!
隣人速報 | 638 view
「お姫様がビキニ一丁で武器を振り回す」というインパクト抜群のキャラビジュアルで少年たちの度肝を抜いた80年代の傑作『アテナ』をご紹介!

「お姫様がビキニ一丁で武器を振り回す」というインパクト抜群のキャラビジュアルで少年たちの度肝を抜いた80年代の傑作『アテナ』をご紹介!

1986年にアーケードゲームとしてSNKよりリリースされた、アイテム取得による成長要素を含んだアクションゲームが本作『アテナ』です。当時の水準としてはかなり美麗な色遣いで描かれたカラフルでポップな世界観と、「一国の王女がビキニ水着一丁で武器を振り回す」というインパクトでゲーマー少年に(大人も?)人気を博し、80年代におけるSNKの代表作のひとつとなりました。
岸辺ミル | 6,128 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト