【カルチャー・クラブ】「あの懐かしい曲を聴きたい」に必ず入る彼らを振り返ってみます(バンドエイドもあり)。
2016年4月23日 更新

【カルチャー・クラブ】「あの懐かしい曲を聴きたい」に必ず入る彼らを振り返ってみます(バンドエイドもあり)。

 1982年にデビューしたカルチャー・クラブは、ボーカルのボーイ・ジョージの奇抜なファッションとソウルフルな歌声で80年代のポップ・スターとなりました。「カーマは気まぐれ」「ポイズン・マインド」「ミス・ミー・ブラインド」などのヒット曲…きらびやかな容姿の裏で、その実は、寂しさや虚しさを歌詞に込めたものだった…。第2弾となります。あわせて、うーくんさんの記事もご参考ください。

9,001 view

カルチャー・クラブ

カルチャー・クラブ(80年代)

カルチャー・クラブ(80年代)

 こちら、うーくんさんの記事もぜひともご参考に!
 カルチャー・クラブ (Culture Club) は、1981年、イギリスのロンドンで結成したポップ・ミュージック・バンドである。
 バンドの中心人物は奇抜な女装(ゲイファッション)とソウルフルな歌声で世間を釘付けにしたボーイ・ジョージである。ビジュアル面で注目されることが多かったバンドであるが、ソウルミュージック、特にモータウンの影響を受けた楽曲の秀逸さでも評価される。また「カーマは気まぐれ」などのストーリー性のあるPVも当時話題を呼んだ。
 デュラン・デュランやカジャ・グーグーなど…大人気でしたね!
 そのカルチャー・クラブをはじめ、デュラン・デュランなどは、「ニュー・ロマンティック」と呼ばれることもありました。
デュラン・デュラン(80年代)

デュラン・デュラン(80年代)

デュラン・デュランは、なんとなくカルチャー・クラブのライバルのような感じでなかったですか?

ニューロマンティック

 ニューロマンティック(ニューロマンティックス、ニューロマンティクス)とは、1970年代後半のロンドンで、ニュー・ウェイヴシーンから派生した音楽ジャンルのひとつ。イギリスでYMOを最初に紹介したとされるスティーヴ・ストレンジが主宰していたクラブ・ビリーズで開催されていた「デヴィッド・ボウイ・ナイト」が発祥と言われ、スティーヴ・ストレンジのバンド“ヴィサージ”が元祖ニューロマンティックであり、後にデュラン・デュラン、カルチャー・クラブなどが登場してきた。
 ニューロマンティックのサウンド面は、基本的にはシンセサイザーを多用したエレクトロ・ポップが主体であるが、生演奏主体のバンドも多く存在するため音楽性は様々である。 ルーツとしては、デヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージック系等のグラム・ロックの流れからのダンディズムが構築されていったとされる。 巧みなビジュアル戦略により、1980年代前半のアメリカで第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれる一大ブームを巻き起こした。
 日本では、後のヴィジュアル系等にも影響を与えることとなった。
ヴィサージ

ヴィサージ

元祖。

メンバー

ボーイ・ジョージ

ボーイ・ジョージ

ボーカル。
ジョン・モス

ジョン・モス

ドラム、リーダー。
一見、ボーイ・ジョージがリーダーのようですが、ジョンがリーダーです。
ロイ・ヘイ

ロイ・ヘイ

ギター。
マイキー・クレイグ

マイキー・クレイグ

ベース。
 外国のバンドはメンバーの流動が激しいのが常ですが、彼らは一時的に離散したりを繰り返しながらも不動のメンバーです。1981年結成以来、メンバー・チェンジなし、オリジナル・メンバーのまま…というバンドはとても珍しいし、貴重なことでもありますね!
雑誌「8ビートギャグ」より

雑誌「8ビートギャグ」より

当時は、ボーイ・ジョージとリーダーのジョンがつきあっている(恋人同士??)ということも、雑誌などでは話題になっておりました。
これは音楽雑誌「音楽専科」のコーナーの一つ「8ビートギャグ」からです。

デビュー、そしてヒット曲を連発!

ホワイト・ボーイ(White Boy)

Culture Club - White Boy (Performance) - YouTube

Culture Club performing their wonderful first single "White Boy" on Countdown, 1984. Taken from their debut 1982 album release "Kissing To Be Clever"
「ホワイト・ボーイ」
出典 youtu.be
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

みんなが憧れた80's洋楽の華、ニュー・ロマンティックとは?

80年代、MTVの登場により、華やかなヴィジュアルでファンを魅了するアーティストが多数生まれました。中でも、ロンドン発のニュー・ロマンティックと呼ばれるムーヴメントからは、デュラン・デュランをはじめ、派手な衣装やヘアースタイル、メイク、を施した、まるで少女漫画に登場する王子様のようなスターも続々と登場。今回は、そんなニュー・ロマンティックのスターたちをご紹介します!
Gaffa | 13,918 view
あの「キッス」が最後のツアーを現在開催中!幻の激レア曲「It's My Life」をついに初演奏!!

あの「キッス」が最後のツアーを現在開催中!幻の激レア曲「It's My Life」をついに初演奏!!

アメリカを代表するロックバンド「キッス」が、最後のツアーと銘打った「End Of The Road World Tour」を2019年1月より開催中です。幻の楽曲「It's My Life」がついにお目見え!
隣人速報 | 888 view
リンキン・パークのチェスター・ベニントン、圧倒的なシャウトで魅せてくれたボーカリストの早すぎる死。

リンキン・パークのチェスター・ベニントン、圧倒的なシャウトで魅せてくれたボーカリストの早すぎる死。

2000年代初頭はリンキン・パークを聴きまくっていました。通勤時はいつも「Hybrid Theory」「 Meteora」を聴いて気持ちを高めたものです。圧倒的なシャウトとバラードの声で魅せてくれたボーカリストのチェスター・ベニントンは2017年に41歳で自殺、あまりにも早すぎる死でした。
【悲報】伝説の「ウッドストック」がついに50周年!記念フェスの開催が予定されるも会場選びが難航!!

【悲報】伝説の「ウッドストック」がついに50周年!記念フェスの開催が予定されるも会場選びが難航!!

ロックファンであれば誰もが知る伝説のイベント「ウッドストック・フェスティバル」。1969年8月に開催されたウッドストックは、今年で50周年を迎えます。近日、それを記念した公式フェス「ウッドストック50」の開催が予定されているのですが、会場選びが難航していることが明らかとなりました。
隣人速報 | 433 view
2019年6月25日、マイケル・ジャクソンの死去から丸10年が経過!近年のマイケル関連の動向は?

2019年6月25日、マイケル・ジャクソンの死去から丸10年が経過!近年のマイケル関連の動向は?

マイケル・ジャクソンが2009年に亡くなってから、今年で丸10年が経過しました。死後も常に注目を集めているマイケルですが、近年はどのような動きがあるのでしょうか?
隣人速報 | 956 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト