【綾辻行人】館シリーズで有名な売れっ子ミステリー作家!おすすめ作品もご紹介!
2020年12月24日 更新

【綾辻行人】館シリーズで有名な売れっ子ミステリー作家!おすすめ作品もご紹介!

館シリーズや『Another』などの代表作で知られる綾辻行人さん。奥様の小野不由美さんと並び、ご夫婦で小説家であることも有名です。今回の記事では、綾辻行人さんにスポットを当て、生い立ちや奥様との馴れ初めを紹介させていただきます。独自におすすめ作品もピックアップしていきたいと思いますので、ぜひ記事をご覧になってくださいね。

328 view

売れっ子のミステリー作家・綾辻行人さん

綾辻行人さんのプロフィール

綾辻行人さんのプロフィール

本名  :内田直行
生年月日:1960年12月23日
出身地 :京都府京都市
職業  :小説家
活動期間:1987年~
配偶者 :小野不由美

綾辻行人さんの経歴

1960年、京都府京都市に生まれた綾辻行人さん。小学6年生の夏休みには短編の推理小説を10篇も書き上げたそうで、幼少期からミステリー作家としての片鱗を覗かせています。
1979年、地元の公立高校を卒業した綾辻行人さんは京都大学・教育学部に入学しました。在学中は推理小説研究会に所属し、4年生のときには江戸川乱歩賞の一次選考を通過しています。
https://www.amazon.co.jp/%E5%8D%81%E8%A7%92%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%89-%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E7%B6%BE%E8%BE%BB%E8%A1%8C%E4%BA%BA-ebook/dp/B081JHXRZF/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%8D%81%E8%A7%92%E9%A4%A8&qid=1607933107&s=books&sr=1-3 (2246962)

1982年、東都大学の大学院・教育学研究科に進学し、逸脱行動論を専攻。大学院に在学中、小野富士子さんと結婚し、『十角館の殺人』で作家デビューを果たしました。
大学院は2年で修士課程を修了し、博士後期課程に進んで3年は在籍したものの、その後、博士論文を書かずに休学。さらに、その3年後には自主退学しています。
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%8E%A8%E7%90%86%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E4%BD%9C%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%8868%E3%80%89%E6%99%82%E8%A8%88%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B6%BE%E8%BE%BB-%E8%A1%8C%E4%BA%BA/dp/4575658677/ref=sr_1_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E6%99%82%E8%A8%88%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA&qid=1607933163&s=books&sr=1-6 (2246964)

1992年からは専業の作家となり、その年に発表した『時計館の殺人』は日本推理作家協会賞・長編部門に入賞しました。
『十角館の殺人』『時計館の殺人』などに代表される館シリーズの人気は高く、累計発行部数は400万部を超えるロングセラーとなっています。その他にも数々のヒットシリーズを生み出し、ミステリー作家として確固たる地位を確立されました。
さらには文学賞の選考委員も歴任しており、江戸川乱歩賞など、ミステリー分野では作品を評価する立場としても活躍されています。

綾辻行人さんにまつわるエピソード

ペンネーム『綾辻行人』の由来

https://kakijun.jp/page/tsuji05200.html (2246968)

この名前を考えてくれたのは小説家・島田荘司さんなのだそうで、綾辻行人のデビュー作『十角館の殺人』の推薦文を書くときに名付けてくださったといいます。当初の”辻”の字は、しんにょうの点が一つだったようで、姓名判断上でも完璧な画数だったようです。
出典 kakijun.jp
しかし、綾辻行人さん自身が”辻”の旧字体である点が二つの表記の”辻”に変更しています。
現在では”辻”の漢字は、しんにょうを二つの点で表記するのが主流になりつつあるようなのですよ。そこも合わせてチェックしておきたいですね。

妻・小野不由美さんについて

https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E9%8A%80%E3%81%AE%E5%A2%9F-%E7%8E%84%E3%81%AE%E6%9C%88-%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%B7%BB-%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B0%8F%E9%87%8E-%E4%B8%8D%E7%94%B1%E7%BE%8E/dp/4101240620/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%BD%E8%A8%98&qid=1607933291&s=books&sr=1-1 (2246971)

綾辻行人さんの妻は、人気作家として有名な小野不由美さん。悪霊シリーズや『十二国記』『屍鬼』などの作品で有名ですよね。そんな小野不由美さんと綾辻行人さんが出会ったのは京都大学の推理小説研究会で、サークル仲間でもあった二人は約3年の交際期間を経てゴールインされました。
同じ志をもち、誕生日も1日違いというお二人。まさに運命といえる出会いだったのかもしれませんね。綾辻行人さんの作品に小野不由美さんが関わることもあるみたいで、建物などの図面は綾辻行人さんが概要図を作り、小野不由美さん正式なものが引くという共同作業もあるのだそうです。

多趣味な綾辻行人さん

麻雀歴は長く、双葉社主催の麻雀名人戦では第30期の名人位に就くほどの腕前なのだとか。他にもゲーム好きというエピソードも有名で、プレイステーション用のソフトの制作にも関わったこともあるそうです。
さらにはアイドルグループは『欅坂46』、プロ野球では子供の頃から広島カープのファンであることも公言されていて、こういった多趣味さが綾辻行人さんの作品にも大きく影響しているのは間違いありません。
執筆というと忙しそうなイメージがありますが、綾辻行人さんは意外とアクティブに趣味を謳歌しているようで、人生をしっかり楽しんでいる感じがしますよね。

綾辻行人さんのおすすめ作品

『十角館の殺人』

『十角館の殺人』

発売時期:1987年
メーカー:講談社
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

昭和の未解決事件にスポットを当てた『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が好評発売中!

宝島社より、昭和の文豪・松本清張がノンフィクション作品で取り上げた未解決事件について特集した『昭和の黒い霧 証言・松本清張が追った未解決事件簿』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,460 view
1話10秒で読める『三円小説』発売中!“令和の星 新一”とされる作品の中身に迫る!

1話10秒で読める『三円小説』発売中!“令和の星 新一”とされる作品の中身に迫る!

株式会社デジカルが運営する出版社「金風舎」より、読書嫌いの小中学生や活字が苦手な大人でも気軽に読める、原田剛による1ページ1話完結の超短編小説『三円小説』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 647 view
夏樹静子の小説「Wの悲劇」が再び映像化!11月23日にNHK BSプレミアムで放送決定!!

夏樹静子の小説「Wの悲劇」が再び映像化!11月23日にNHK BSプレミアムで放送決定!!

夏樹静子のミステリー小説「Wの悲劇」が、NHK BSプレミアム リバイバルドラマ「Wの悲劇」として映像化されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,151 view
遺体から舌が消失し、謎の放射性物質が検出!ソ連で発生した怪事件「ディアトロフ峠事件」とは?

遺体から舌が消失し、謎の放射性物質が検出!ソ連で発生した怪事件「ディアトロフ峠事件」とは?

皆さんは「ディアトロフ峠事件」をご存知でしょうか?1959年に当時のソ連で発生した、雪山で男女9人が不可解な死を遂げた事件で、その遺体の異常さから、事件の原因として様々な推測がなされています。
となりきんじょ | 25,486 view
元死刑囚・永山則夫が起こした「連続ピストル射殺事件」彼が獄中で執筆した作品とは?

元死刑囚・永山則夫が起こした「連続ピストル射殺事件」彼が獄中で執筆した作品とは?

皆さんは元死刑囚・永山則夫の名前をご存知でしょうか?1968年10月から11月にかけて発生した連続ピストル射殺事件の犯人であり、東京拘置所に収監されている間、小説の執筆など幅広い創作活動を行い日本文学界に多大な影響を与えたことでも有名です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト