井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!
2018年6月28日 更新

井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!

50年近いキャリアを誇る井上陽水。その間には多くのヒット曲を放ち、膨大な数のライブも行ってきています。それにもかかわらずライブ・アルバムは5枚しか出ていません。しかも、その内の2枚はCDにもなっていないなんて。

671 view

ライブ_井上陽水

井上陽水といえば、日本初のミリオンサラーアルバム「氷の世界」をはじめ数々のメガヒットを放ち、知らない者はこの日本にはいないと言えるほどの存在ですね。
下積み時代があったとはいえ、1973年3月発売のシングル「夢の中へ」、同年9月発売のシングル「心もよう」が大ヒットしてからは今日に至るまで快進撃は留まることを知りません。
井上陽水

井上陽水

出生名:井上 陽水(いのうえ あきみ)
生誕:1948年8月30日
出身地:福岡県
活動期間:1969年~現在
50年近いキャリアを誇り、ヒット曲は星の数ほどあり、信じられないほど素晴らしい声を持っているというのに、公式に発売されているライブ音源が少ないのはどうしたことでしょう?
井上陽水の歌声はライブでは尚一層輝くというのに、公式なライブ・アルバムは僅かに5枚。しかもそのうちの2枚はCDにすらなっていません。何故だ!

リバーサイドホテル

1992 SPARKLING BLUE (日本武道館)
近年ではアルバム(音源)よりもDVD等の映像の方が主流になっているからということが考えられなくもありません。
井上陽水/ライヴ’88~夜のシミュレーション

井上陽水/ライヴ’88~夜のシミュレーション

(1)東へ西へ
2)ワカンナイ
3)ムーン
4)映画に行こう
5)全部GO
6)ネガティヴ
7)氷の世界
8)この頃,妙だ
9)飾りじゃないのよ,涙は
10)ウィ・アー魚
11)海へ来なさい
12)招待状のないショー
13)ジェラシー
14)ダンスはうまく踊れない
15)闇夜の国から
16)ホワイ
17)いっそセレナーデ
18)暑い夜
19)眠りにさそわれ
いえ、それにしたって僅かに7本。デビュー当時はテレビに出演することもほとんどなく、映像媒体自体が発達していませんでしたからねぇ。しかし、ガッカリしていても仕方ありません。残されている5枚のライブ・アルバムを振り返ってみます。

もどり道

井上陽水の最も古いライブ音源となるのが1973年7月に発売された「陽水ライヴ もどり道」です。
内容は、新宿厚生年金会館小ホールで1973年4月14日におこなわれたライブ「陽水リサイタル」から収録されており、この時点でのベスト・アルバム的なものとなっています。
陽水ライヴ もどり道

陽水ライヴ もどり道

SIDE A
夏まつり
いつのまにか少女は
紙飛行機
あかずの踏切り
たいくつ
人生が二度あれば
帰郷(危篤電報を受け取って)

SIDE B
感謝知らずの女
愛は君
東へ西へ
家へお帰り
傘がない
星(終りのテーマ)
夢の中へ
初期とは言えさすがに名曲ばかりです。1973年4月といえばシングル「夢の中へ」が発売されてから一ヶ月後ですね。このアルバムには収録されていませんが半年後には「心もよう」が大ヒットするわけで、その影響でしょうか「もどり道」も売れに売れまくります。オリコンの1973年度年間アルバムランキング9位。まぁ、これだけでも素晴らしいですが、なんと1974年度には年間3位、さらに1975年度も年間7位を記録しているのです。実はこのアルバムが日本で最も売れたライブ・アルバムなんです。

「もどり道」についてTHE ALFEEの坂崎幸之助がとても面白いコメントを残しています。

坂崎幸之助が語る、陽水ライヴ もどり道

(Audio) 井上陽水 夏祭り S.ヤイリ 1973年 新宿厚生年金会館 小ホール

東京ワシントンクラブ

2枚目のライブ・アルバムが1976年12月5日に発売された「東京ワシントンクラブ」です。古くからの陽水ファンでないかぎり聞いたことのないアルバムだと思います。実はこのアルバムは未だにCD化されていないんです。
東京ワシントンクラブ

東京ワシントンクラブ

SIDE A
1.氷の世界
2.かんかん照り
3.御免
4.小春おばさん
5.あかずの踏切り76

SIDE B
1.東京ワシントンクラブ  
2.ゼンマイじかけのカブト虫
3.子供への唄
4.心もよう
5.招待状のないショー
6.夜のバス
ファンであればグッとくるような、実に興味深い曲が収録されています。しかし、残念ながら当時の映像を見つけることが出来ませんでした。
1979年の映像ですが、多少参考になるかもしれません。

東へ西へ

1979年
アレンジも面白いし、声もいい。しかし、この映像は衣装に目を奪われてしまいますね。

アルバム「東京ワシントンクラブ」は、「GOING ONツアー」からのライブ音源とは別に、自宅スタジオで録音した2曲が入っているという、ちょっと変わったライブ盤なんです。
「あかずの踏切り'76」と「東京ワシントンクラブ」の2曲がそれにあたります。

陽水ライブ<ジェラシー>

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水と玉置浩二がNHK総合の音楽番組「SONGSスペシャル」で、1986年発売の「夏の終わりのハーモニー」を31年振りにデュエットする。放送は11月10日(金)午後10時から。
井上陽水&玉置浩二『夏の終りのハーモニー』 2人の天才によって生まれた至極の名曲

井上陽水&玉置浩二『夏の終りのハーモニー』 2人の天才によって生まれた至極の名曲

夏の終わりを感じると無性に聴きたくなる…。情緒溢れる繊細なメロディーと、井上陽水&玉置浩二の艶やかな歌声が見事に調和した名曲「夏の終りのハーモニー」にまつわるエピソードや必見の動画を紹介。
小さいおっさん | 86,545 view
【安全地帯とCMソング】甘い歌声に甘いワイン、安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声がCMの世界観を作り上げます。

【安全地帯とCMソング】甘い歌声に甘いワイン、安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声がCMの世界観を作り上げます。

昔とすっかりキャラ変わりした玉置浩二率いる安全地帯。あの甘い歌声は赤玉パンチのCMソングでした。そう、あの甘いワインです。安全地帯のメロディーと玉置浩二の歌声が醸し出す世界観はCMでも強烈に存在感を放っていましたね。そんな安全地帯が務めたCMソングを振り返ってみました。
かけつけ3杯 | 16,111 view
J-WAVEの「GOOD NEIGHBORS」に陽水や民生など豪華ゲストが続々登場!9月4日から!

J-WAVEの「GOOD NEIGHBORS」に陽水や民生など豪華ゲストが続々登場!9月4日から!

9月4日から7日まで、J-WAVEで放送されている午後のワイド番組「GOOD NEIGHBORS」に「井上陽水」「奥田民生」といったミドル世代感涙の豪華ゲストが続々と登場!最近ラジオから離れていた方もいかがですか?
隣人速報 | 176 view
昭和の男性アーティスト(邦楽)は化粧していることが多かった(何故?)。

昭和の男性アーティスト(邦楽)は化粧していることが多かった(何故?)。

沢田研二さんをはじめ、YMO、BOØWY、吉川晃司さん、安全地帯(玉置浩二さん)、忌野清志郎さん(RCサクセション)など1970年代から80年代にかけては、男性でもお化粧をしているアーティストがたくさんいました。それは何故なのかを、懐かしい音楽や画像とともに探ってみましょう。
Yam | 14,914 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト