1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す
2018年11月18日 更新

1970年代に活躍したさだまさしと吉田正美のフォークデュオ【グレープ】の名曲「無縁坂」を聴き直す

1970年代に活躍したフォークデュオ【グレープ】は、さだまさしさんと吉田正美さんのフォークデュオでした。今回はその【グレープ】が残した名曲「無縁坂」を中心に聴き直してみたいと思います。

369 view

グレープとは

グレープは、さだまさしと吉田正美(現・吉田政美)による日本のフォークデュオ。1972年結成、1976年解散
Amazon | グレープ 12CD-1057A | グレープ | 歌謡曲・演歌 | 音楽 (2064362)

今でも第一線で活躍しているさだまさしさんのデビューは、このグレープというフォークデュオでした。

デビュー当時、なかなかレコードが売れない中、東海ラジオが毎週のように曲を流してくれたことがキッカケとなり、全国的に知れ渡る人気フォークデュオとなりました。

しかし、ヒット曲が暗い曲であった為、「グレープ = 暗い」のイメージを払拭出来ず、自分たちがやりたい音楽とはかけ離れてしまっていたことから、解散に至ります。

尚、再結成した時は、グレープではなくレーズンという名前に変更されていました。
時間が経ってしまった為に、葡萄(グレープ)がレーズンになってしまったという洒落ですね(笑)

さだまさし

さだまさしさんは日本を代表するシンガーソングライターとして、今でも活躍されていますよね!

このグレープ解散後、就職活動をされたそうなのですが、結局ソロデビューをすることになり、数々のヒット曲を世に送り出しました。

「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」などなど、数えきれないくらいの名曲がありますよね(^^)/

吉田正美

吉田正美さんは、グレープ解散後には「吉田正美と茶坊主」というグループでの活動を行った後、吉田政美と名前を変えてレコードディレクター/プロデューサーに転身しました。

最近ではさだまさしさんのコンサートにゲストとして呼ばれ、2人で歌唱することもあるそうです。

無縁坂とは

「無縁坂」は1975年11月に発売されたグレープの6枚目のシングルです。

この曲は、日本テレビのドラマ『ひまわりの詩』の主題歌に使用されました。
無縁坂LP 表面

無縁坂LP 表面

さだまさしさんの作詞・作曲であり、ト短調の楽曲になります。

東京都文京区湯島四丁目にある坂、無縁坂を舞台に、息子の年老いた母に対する想いを歌った名曲です。

無縁坂LP 裏面

無縁坂LP 裏面

歌詞を聴いていると、母の若い頃と年老いてからの手の違い、そして母の言葉の回想などがグッとくる曲です。

私の母もだいぶ歳をとりました。この曲にはとても感慨深いものがあります。

暗い曲ではありますが、名曲であることには間違いありません。
是非聴き直してみてくださいね。

無縁坂(昭和50年)さだまさし

グレープのその他の名曲

グレープはどうしても暗い曲のイメージがあり、ヒットした曲も暗い曲でした。

そんな中で、最もヒットしたのが「精霊流し」という曲です。

グレープといったら「精霊流し」という方も多いのではないでしょうか?

精霊流し

この曲は、毎年8月15日にさだまさしさんの故郷である長崎県長崎市で行われる精霊流しを題材とした曲です。

第16回日本レコード大賞作詩賞を受賞したこの曲は、後にさだまさしさんのソロアルバムである『帰郷』などでもセルフカバーしています。
Amazon | グレープ ベスト EJS-6193 | グレープ | 歌謡曲・演歌 | 音楽 (2064364)

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
さだまさしが「和風PPAP」を発表!しかも再生回数が150万回を突破する勢い!!

さだまさしが「和風PPAP」を発表!しかも再生回数が150万回を突破する勢い!!

シンガーソングライターのさだまさしが1月1日、自身のYouTubeチャンネル「さだまさしオフィシャルYouTubeチャンネル」に「PPAP」の和風アレンジバージョンを公開し、再生回数が約150万回を記録している。
1975年にリリースされた【キャンディーズ】の「ハートのエースが出てこない」を聴き直す

1975年にリリースされた【キャンディーズ】の「ハートのエースが出てこない」を聴き直す

1970年代を代表するアイドルグループのキャンディーズ。多くのヒット曲を世に送り出しましたが、今回はその中から活動中期にリリースされた「ハートのエースが出てこない」を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 318 view
1975年11月にリリースされた【内藤やす子】のデビューシングル「弟よ」を聴き直す

1975年11月にリリースされた【内藤やす子】のデビューシングル「弟よ」を聴き直す

1975年に「弟よ」でデビューした内藤やす子さん。活動休止を余儀なくされたこともありましたが、今でも現役で歌い続けています。今回はそんな内藤やす子さんのデビュー曲を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 263 view
大相撲時代から歌手活動をしていた【増位山太志郎】 昔から歌が上手かったと評判でした!

大相撲時代から歌手活動をしていた【増位山太志郎】 昔から歌が上手かったと評判でした!

「そんな夕子にほれました」「そんな女のひとりごと」などのヒット曲をもつ増位山太志郎さんは、元大相撲の大関まで上り詰めた方でした。大相撲時代から歌が上手かった増位山太志郎さんは演歌歌手としても成功しましたね(^^)/
つきねこ | 192 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト