『こっちむいてみい子』は実は二つの原作からできたアニメだった!?
2020年5月13日 更新

『こっちむいてみい子』は実は二つの原作からできたアニメだった!?

1998年に放送されていた大人気アニメ『こっちむいてみい子』のストーリーは、実は二つの原作をもとにされていたことをご存知でしたか?今回はストーリーや登場人物の他に、アニメの元になった原作についてご紹介したいと思います。

219 view

どんなお話だったか思い出してみよう

こっちむいて!みい子 12巻

こっちむいて!みい子 12巻

『ちゃお』で連載が続いている「こっちむいて!みい子」の単行本第12巻です。

放送期間と放送時間はどうだった?

小学館から発行されていた、漫画雑誌『ちゃお』で1995年1月号より連載が始まり、現在も連載中の『こっちむいて!みい子」を元にアニメ化されました。

放送期間・・・1998年2月14日~1999年2月6日までの1年間
放送局・・・テレビ朝日系の『アニメ週刊DX!みいファぷー』というアニメ3本を放送するアニメコンプレックス枠にて全国放送
放送時間・・・毎週土曜日 18時30分~19時00分(関西ABCは17時00分~17時30分)内の約10分間

『アニメ週刊DX!みいファぷー』は放送回数が全47回で放送されましたが、「ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー」のみの放送日が5回あったため、「こっちむいてみい子」の放送回数は全42話となっています。

どんなストーリーだった?

主人公の山田みい子は、小学5年生なのに幼稚園児程の身長122cmというコンプレックスを持つ女の子です。親友である、まりとユッコと毎日を楽しく過ごしているみい子ですが、小学5年生といえばそろそろお年頃の時期ですね。
学校生活を楽しみつつも、周りを見渡せばあっちでもこっちでも”好きな人の話”をしていたり小さな恋が花開く子もいて、体が小さなみい子も少し男の子が気になり始めたり・・・。
みい子を中心に巻き起こるクラスメイトとの友情・小さな恋や色々な大騒動を描いています。笑いあり涙あり、小学生って結構大変なんですよ。
また、番外編の『みい子の大江戸大変記』などオリジナルエピソードも放送されています。

主な登場人物はこちら!

こっちむいて!みい子 32巻

こっちむいて!みい子 32巻

1995年1月号の『ちゃお』で連載が始まった「こっちむいて!みい子」の単行本第32巻です。

山田みい子

声・・・天神有海
生年月日・・・5月5日生まれ
血液型・・・B型
趣味・・・長電話
特徴・・・明るく元気、友達想い、少し頼りない、運動と勉強はそこそこ、片づけが大の苦手、かなりの食いしん坊、料理は下手、大豆・ムニエル・ほうれん草・ブロッコリーが苦手

杉ノ木小学校に通う小学5年生なのに身長が122cmと小さく、幼稚園児や小学校の低学年によく間違われてしまい、身長が低いことにコンプレックスを持っています。マンガを描くのが得意なまりと、しっかり者のユッコが親友で毎日楽しいけれど、クラスメイトの竜平とはいつも喧嘩ばかりしてしまいます。
親友のまりと一緒にマンガクラブに所属しています。

江口竜平(えぐち たっぺい)

声・・・松野太紀
血液型・・・AB型
特技・・・野球
特徴・・・ぶっきらぼうで口が悪い、根は優しい、スポーツ万能だが勉強はそこそこ

みい子のクラスメイトで、みい子がピンチの時には助けることもあるほど、みい子のことが気になっていて放っておけない性格です。そのせいか、みい子とは喧嘩になることも多いです。
みい子の弟のまもると同じ野球クラブに所属していて、まもるとは先輩・後輩の仲です。
家族は、カメラマンの父と、雑貨店「レイジームーン」を経営している母がいます。

志村まり

声・・・渡辺久美子
誕生日・・・8月1日生まれ
血液型・・・O型
特徴・・・気が強く、やや強引、わがまま、背が小さくぽっちゃり、お菓子が大好き、魚が苦手

みい子のクラスメイトで親友、お菓子を食べてストレス発散するタイプの女の子です。気が強くわがままな性格でも、“自分が悪かった”と気付いた時はしっかりと謝ることができる素直な一面もあります。
漫画家を目指していて、少女マンガ雑誌の『おちゃ』にマンガを投稿していて、みい子とはマンガクラブに所属しています。
家族は両親と姉2人(高1と中2)がいます。

小川ゆう子(ユッコ)

声・・・永野愛
誕生日・・・3月14日生まれ
血液型・・・A型
趣味・・・料理と手芸
特徴・・・優しくてしっかり者、気が利く、美人、頭がいい、滅多に怒らない、怒ると誰よりも怖い、左右三つ編み

みい子のクラスメイトで親友で、みんなからは“ユッコ”と呼ばれています。優しくてしっかり者で、気が利く、美人で頭がいいと誰もが憧れる女の子なので、男の子たちからも人気がありますが、ケンタと付き合っています。
料理でストレス発散するタイプで、普段は滅多に怒ることがなく穏やかですが、いざ怒る時には誰よりも怖いのです。
家族は、両親とまだ小さい弟と妹がいます。

佐藤ケンタ

声・・・私市淳
血液型・・・O型
特徴・・・明るくひょうきん、運動神経はよい

みい子のクラスメイトで竜平の親友で、ユッコの彼氏でもあります。人気のユッコの彼氏ということから、クラスメイトからは羨ましがられているのです。
実はみい子とは同じ保育園に通っていたため、小さな頃は「みい子」、「ケンタ」と名前で呼び合っていたこともあります。

両親はパン屋「佐藤ベーカリー」を営んでいて、小学1年生の弟(カンタ)がいます。

小林ゆか

声・・・小西寛子
特徴・・・可憐な少女、フリルの服装

みい子の弟・まもるのクラスメイトで、まもるのガールフレンドです。いつも女の子らしいフリフリの洋服を着ていて静かめということもあり、自分と真逆の活発なみい子に憧れています。
みい子に憧れるあまり、みい子のマネをしてカジュアルな服にチャレンジしてみたことが一度だけあります。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

『25時のシンデレラ』ー『前略ミルクハウス』で人気!川原由美子が描く!!!普通の女の子のシンデレラストーリー!はたしてシンデレラはその後幸せになったのか?ー

『25時のシンデレラ』ー『前略ミルクハウス』で人気!川原由美子が描く!!!普通の女の子のシンデレラストーリー!はた...

川原由美子といえば、“少女”!「ストップ!!ひばりくん!」の少女漫画版ともいえる『前略ミルクハウス』は人気を博し、1987年にはテレビドラマ化を果たしました。瑞々しく柔らかな少女の繊細な内面を体現化して描く才能は、色気を匂わせる“美少女”を描く江口寿史とは方向性を異にしますが、全くひけにとりません!!!さあ川原由美子さんワールドへ参りましょう。
me*me | 1,208 view
【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

80年代を代表するサンリオキャラクターといえば、たぬきのぽこぽんがかわいい『ぽこぽん日記』です!懐かしのキャラクターを振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 1,843 view
かつて女子の間で流行った懐かしのヘアスタイルをまとめてみました♪

かつて女子の間で流行った懐かしのヘアスタイルをまとめてみました♪

時代とともにどんどん変っていく流行りのヘアスタイル。流行の服に合わせてその服に合った髪型が流行ったり、人気の有名人の髪型が流行ったりするのは、今も昔も変わりませんね。 あなたはどんな髪型にしていましたか??
おにいちゃん | 49,953 view
現代アートを代表するキース・ヘリングとバービーがコラボ!

現代アートを代表するキース・ヘリングとバービーがコラボ!

今年デビュー60周年を迎えた「バービー」から、ストリートアートの先駆けとして、亡くなって来年30年を迎える今なお世界的な人気を誇るキース・ヘリングとのコラボバービー「キース・ヘリング バービー」が発売されました。

関連する記事こんな記事も人気です♪

「愛と勇気のピッグガール とんでぶーりん」は20周年記念DVDが発売されていた!!

「愛と勇気のピッグガール とんでぶーりん」は20周年記念DVDが発売されていた!!

1994年~1995年の1年間放送されていた、「愛と勇気のピッグガールとんでぶーりん」は、たくさんの女の子たちから絶大な人気を集めていました。その人でだった「愛と勇気のビッグガールとんでぶーりん」の20周年記念DVDが発売されているのをご存知ですか?今回はぶーりん主題歌やストーリーを思い出しつつ、記念DVDについても少しご紹介します。
がきんこ | 96 view
戦う花嫁の美少女戦士! 『愛天使ウエディングピーチ』

戦う花嫁の美少女戦士! 『愛天使ウエディングピーチ』

ごく普通の中学生「花咲 ももこ」が聖なる力で戦う花嫁「エンジェルピーチ」に変身して悪魔族と戦う美少女戦士アニメ「愛天使ウエディングピーチ」の魅力を紹介! 愛天使ウエディングピーチは、とってもご機嫌ナナメだわ!
1000零式 | 8,278 view
『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でゴーピンクこと巽マツリを演じた!坂口望二香は!!

『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でゴーピンクこと巽マツリを演じた!坂口望二香は!!

1999年2から2000年2月までテレビ朝日系で放送された特撮テレビドラマ『救急戦隊ゴーゴーファイブ』でゴーピンクこと巽マツリを演じた坂口望二香さん意外な所で活躍していた。
ギャング | 491 view
あの頃最大級のエロだと思っていた!「♂(アダム)と♀(イブ)の方程式」覚えてる?

あの頃最大級のエロだと思っていた!「♂(アダム)と♀(イブ)の方程式」覚えてる?

小学生の頃、ドキドキしながら読んだ「♂(アダム)と♀(イブ)の方程式」覚えていますか?母親の前では読めずにこそこそっと読んでいた記憶があります。どんな内容だったのか今一度振り返ってみたいと思います!
名探偵コナン 14番目の標的・小五郎がヘッポコ親父じゃなかった

名探偵コナン 14番目の標的・小五郎がヘッポコ親父じゃなかった

1998年に上映された「名探偵コナン」シリーズ2作目の劇場版アニメ「名探偵コナン14番目の標的」。前作「時計じかけの摩天楼」がヒットしていたこともあり、「14番目の標的」も注目されていましたね!「小五郎がかっこよかった」と言われている「14番目の標的」のストーリーをご紹介します。
やすたけ | 179 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト