2018年2月9日 更新

【緊急告知】「第10回 Nostalgic 2days」ミドルエッジブースに我が愛車「オペル・マンタ」が参戦するわよ!

日本最大級のクラシックモーターショー「Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)」記念すべき第10回イベントにミドルエッジが参戦よ!ステージでは懐かしいイントロクイズ大会、ブースではお宝グッズ満載のプレミアくじ大会とミドルエッジらしさを満載なんだけど、なんとそのブースのど真ん中に我が愛車!「オペル・マンタ」がド真ん中に登場よ!え?「マンタ」って何?知らない方は予習して行って頂戴!!そして、滅多に見れない実車を見て頂戴!!

2,945 view

第10回 Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)って何よ?

今年は「ミドルエッジ」がブースとしてそしてステージコンテンツとしても参戦よ!

ブースのど真ん中に珍車?迷車?何言ってるのよ!「名車」よ!「オペル・マンタ」登場よ!

オペル マンタA SR

オペル マンタA SR

実車を見たことある方、何人いらっしゃるかしら?一見どこの国の車かわからない方も多いと思うわ!そのマイナーさが又魅力なの!
出典 k・yamamoto

スペック

年式 1971年型
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン 直4ガソリンSOHC 1,897cc 
変速機 FR
変速機 3速AT
サスペンション 前:独立 ダブルウィッシュボーン・横置きリーフ
後:固定 4リンク パナールロッド・コイル
全長 4340mm
全幅 1630mm
ホイールベース 430mm


ヒストリー

マンタA(Bはラリーでも活躍したマンタ400を含む皆さんもご存知のデザイン)と言われるこのモデルは、1970年に登場するの。当時は「フォード・カプリ」のライバルなんて言われたわ。マンタの初代モデルにあたるこの車は、エンジンはレコルトC、アスコナAやカデットAと共通なの。マンタの最大の魅力はなんと言ってもそのスタイリングよ!有名な日本人デザイナー「児玉英雄」も参画したデザインは、どこから見ても最高のデザインなのよ!(自画自賛)

あたしと「オペル・マンタ」との出会い

あたしの「マンタ初号機」の雄姿よ!

あたしの「マンタ初号機」の雄姿よ!

1993年に「ニューイヤーズ ミーティング(横浜)」のパレードに参加してたのよ!当時は、ファンキーに乗っていたわ(笑)
出典 k・hirotsu
あたしが「オペル・マンタ」と出会ったのが25歳の時なの。当時、行きつけのクルマ屋さんの奥に飾ってあった「謎の車」に一目惚れだったわ。オレンジ色でボンネットが艶消しブラックのその車は社長のクルマで、1972年製の1900CC、SOHCの4速ミッションだったわ。勿論、側買いよ!「運命的」なものを感じたんですもの。でもこれは「マンタ」とのほんの「序章」だったのよ。

壮絶なマンタとの30年の歴史の幕開けよ!

マンタAにしかついていない「マンタ(エイ)」のエンブレ...

マンタAにしかついていない「マンタ(エイ)」のエンブレムは必見よ!

マンタAには特別なエンブレムがついてるの。それがこの「マンタ」よ!車体のデザインイメージである「マンタ」をモチーフしたこの美しいサイドエンブレムは、現代の車にはないクラシカルさを醸し出しているの。
出典 k・nezu
納車の日がやってきたの。前日は興奮気味で寝不足。目をこすりながら店に行くと様子が変なの。お店のクルマが私の「マンタ」以外ないの!事務所に入ると知らない怖いお兄さん達が沢山いるわけ。尋ねるとどうも、車屋さんは夜逃げ。集金のプロの方々だったの。そのお兄さん達にお金は入金済みで今日が納車だった事を伝えると1台しか残ってない「正体不明」のポンコツの車のオーナーであることをすぐに把握してくれたわ。(でも何故か皆さん笑ったいたのよ!)カギを頂き逃げ帰るように帰ったあたしを待ち受けていたのが本当の闘いの日々だった事は、乗り出してから解ってきたわ。

足立ナンバー?木の杭?これ何ですか?そして初号機との壮絶な別れ!

OOTA CAR FES(千葉・流山市)での2号機の雄姿よ!

OOTA CAR FES(千葉・流山市)での2号機の雄姿よ!

クラシックカーフェスに積極的に参加し「昭和の伝道師」として「ミドルエッジ」「20世紀交歓所」そして「オペル」の普及に努めるわ!
出典 k・yamamoto
どうにか手に入れた「マンタ」なんだけどなにか「違和感」を感じたの。そう!ナンバーが変わってなかったの!「足立55」ってあたしは「マツド」よ!車検証を見てみると夜逃げ社長の名義のまま!?初号機の最大の悲劇は書類上、私のクルマになることはなかった事なの(泣)

「OPEL」オーナー初心者のあたしはまず、エンジンルームに書いてあったディーラー「東邦モータース」に行くことにしたわ。もちろん「マンタ」の部品やメンテの事で相談しによ!ところが絶句よ!ディーラーに行くと若い営業さんから「どこのクルマですか?」と言われたわ!ベテラン営業の方からは「懐かしい!」と言ってもらったけど「部品は皆無」との死亡宣告まで頂く始末。

その時にエンジンルームにあった「意味不明」木の杭を抜いて捨てた事に更なる事件が起きるの。しばらくたってから交差点で急カーブを切ったときに「ゴト」って大きな音と共に室内が煙だらけに。何事かと思ってエンジンルームを開けると配線がすべて燃えてい焦げていたの。そう。「木の杭」はバッテリーが倒れないように挿してあったのよ(笑)

地元の車屋さんに嫌がられながらも修理していた初号機との別れは突然きたの。二度の全塗装をし愛情を注いだ「マンタ」は10年目にキャブレターの不調の為、ほぼ不動になったわ。そこで思い切って修理に出すことにしたの。もちろん動かないのでレッカーで移動する事に。しかし、それが「マンタ」との長い別れになるとは夢にも思ってなかったわ。なんと牽引中に何がどうなったかわからないけど、カーブで電信柱に横からぶつけられたのよ!「マンタ」はくの字になり大破。もちろん外装部品が出る訳もなく泣く泣く廃車となったの。

マンタを探して三千里?やってきたのは手違いで「オペル・レコルト」!?

オペル レコルトD 1972年型

オペル レコルトD 1972年型

2013年 ニューイヤーズ・ミーティングに参戦した「オペル・レコルトD」よ!この車も維持は大変だったわ!このニューイヤーズ・ミーティングではドイツ車コンテストで入賞したのよ!
出典 k・yamamoto
マンタを失ってから15年。色んな車に乗ったわ。でも何故か「マンタ」にまた乗りたくなったの。そしていろんな方に声をかけていたら「見つかった」との連絡を頂いたわ!うれしかった!ところがそこへ行って見ると見たことのないデカイ車が・・・・。エンブレムを見ると「REKORD」と。え?「マンタ」じゃなっかたの。「オペル・レコルトD」だったのよ(笑)でも当然買うことになるわ(笑)しかし、「マンタ」より手ごわかったのよ。この「ノスタルジック2DAYS」では2011年の「読者の選ばれし10台」にも登場したの!覚えてるかしら?現在も不動だけど手元にある「レコルト」は現在は「マンタ」2号機に命を吹き込んでいるの!

マンタ2号機に初めて出会ったのは10年前だった!

「後美人(バックシャン)」とはこの車の最大の誉め言葉!

「後美人(バックシャン)」とはこの車の最大の誉め言葉!

マンタの魅力をよく人に聞かれるわ!必ず言うのがこの後ろ姿よ!「ノスタルジック2ディズ」でも
この後ろ姿を堪能して頂戴!
出典 k・nezu
今の2号機マンタを所有したのは2年前(名義変更ってこと)。でも手元にあったのは5年前なの。あたしのオペルの師匠である「O氏」の手元に来たのが2013年だったのよ。師匠はいつかこの車はあなたが乗るのよ!と言ってくれていたわ。そしてついにオーナとなったわ訳。ただ出会いは実は10年前にあったのよ。前オーナーが私がマンタを探しているという話を聞いてアクセスしてきたの。そこで師匠と当時、都内にお住いのオーナー宅に。最高にカッコよかったわ。欲しいと思ったわ。でも価格は「150万」だったの。レコルトも所有していたあたしにはちょっと無理だったわ。そうしたら師匠が耳元でささやいたの。「大丈夫。この車は必ずあたしたちの所へ来るわ。」と。そのとおり5年にマンタは帰ってきたわ。多少ボロボロになっていたけど。そして、主治医である「オートプロ」さんのおかげで路上復帰したわけ。

50台以上の自動車所有遍歴をもつあたしの最後の車!それがこの「マンタSR」よ!

2018年 ニューイヤーズミーティングに参戦した「マン...

2018年 ニューイヤーズミーティングに参戦した「マンタ」2号機の雄姿!

これからたくさんのイベントに参加したいわ!会場であたしを見たら声かけて頂戴!あ?当日は音楽担当でブースを離れていることが多いかもしれないわ!よろしくね!
出典 T・fujisaki
長々と書いた「マンタ」のこと。少しはわかって頂けたかしら?とにかく実車を見て頂戴!見たことのないマンタの魅力に引き込まれること間違いないわよ!(100人に1人程度だけど)

あ、余談だけど「マンタ」は特撮でも活躍したのよ!

「スーパーロボット レッドバロン」のアイアンホーク号

「スーパーロボット レッドバロン」のアイアンホーク号

1973年に放映された「スーパーロボット レッドバロン」に「SSI」の「アイアンホーク号」プラモデルよ!超貴重よ!知ってたかしら?
出典 k・yamamoto
1973年に放映された「スーパーロボット レッドバロン」の地球を守る「SSI」のメカとしてマンタは登場してるの。フロントと屋根にはロケット砲やマシンガンを装着し外見は守りつつも当時の「東邦モータース」の後押し(想像よ)で活躍していたわ。アスコナとよく間違えられるのが玉に瑕ね。このプラモデルはあたしのコレクションよ!
さあ これであなたはもう「マンタ」を見たくなったでしょ?2月17日、18日はパシフィコ横浜でお待ちしてるわ!皆さん「ノスタルジック2DAYS」に是非来て「ミドルエッジ」ブースに寄って頂戴!
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵 マツ・ド・デラックス」のキャラクターから読者の皆様が見落としているかもしれない部分をひも解いて見るわ!18回の連載で色々なキャラクターや車が登場したけど、意外と「サー」っと流して読んだ方、いやいや気づいていましたよっていう方がいると思うんだけど、そこをあたし「マツ・ド・デラックス」がWikipedia風に紹介するわ!かるーく楽しんで頂戴!あっ!細かいことは気にしちゃダメよ!
【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
【緊急告知】「第10回 Nostalgic 2days」にミドルエッジが参戦します!

【緊急告知】「第10回 Nostalgic 2days」にミドルエッジが参戦します!

日本最大級のクラシックモーターショー「Nostalgic 2days(ノスタルジックツーデイズ)」記念すべき第10回イベントにミドルエッジが参戦!ステージでは懐かしいイントロクイズ大会、ブースではお宝グッズ満載のプレミアくじ大会と、ミドルエッジらしさを詰め込んで来場者の方々にお届けいたします。
【週刊 20世紀Walker】Vol.10 「ウルトラマン」に「ゴジラ」「モスラ」レアキャラ「エビラ」「カマキラス」まで!20世紀交歓所はソフビの宝石箱や~!

【週刊 20世紀Walker】Vol.10 「ウルトラマン」に「ゴジラ」「モスラ」レアキャラ「エビラ」「カマキラス」まで!20世紀交歓所はソフビの宝石箱や~!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第2ケースは「日産レパード」に続き「いすゞピアッツァ」。ちょっと辛口な娘と誰かにそっくりの父が繰り広げる「親子愛」に「ピアッツア」がどう関わって行くのか?時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト