ロジャームーアの『007 ユア・アイズ・オンリー』。今度のボンドガールはクールビューティ!!
2017年1月24日 更新

ロジャームーアの『007 ユア・アイズ・オンリー』。今度のボンドガールはクールビューティ!!

12作目となった今回の007は、前作(ムーンレイカー)のSF的なアクションムービーから一転、空中・スキー・水中・ロッククライミング・カーチェイスなどのスリリングなスタントシーン満載の映画となりました。

5,154 view

スキー場で

 (1808178)

出ました!赤のエスプリ!!
これでスキー場になんて行った日には
大大大注目になっちゃいますよねぇ。
スパイクを履いたバイクにジャンプ台にそしてボブスレーの競技場。もうハチャメチャですね。
でも、ハラハラドキドキのスタントシーンが次から次へと展開して、スリル満点のアクションシーンとなっています。
 (1808183)

出典 ameblo.jp

岸壁で

 (1808182)

ATAC奪還のために岸壁をロッククライミング。
御年54歳のロジャームーア。
頑張っております。
 (1808184)

CG無しの体当たりアクション!!
ロープ1本で宙吊り。
いやぁ、これはシビレます。
出典 ameblo.jp

水中で

 (1808189)

ボンドとキャロルが捕まってしまって、
ロープで縛られたうえ、モーターボートに
引きずられての海中遊泳なんですが。
これ、相当息が上がるでしょうね。
出典 ameblo.jp
 (1808188)

チラ見えの黒いパンツが色っぽいシーンですが、
キャロルではないのです。。。
 (1808185)

このシーン、実は水中ではないのです。
よく見ると髪の毛は濡れてないですね。
CGのない時代に、素晴らしい撮影技術です。
ブーケは鼻の病気で水中に潜ることが出来なかった。そのため、水中にいるように見せかけるため機械で風を送り、スローモーションで撮って泡を付け加えた。この映像美は高く評価された。

エンディング

無事に悪党一味をやっつけたボンドとキャロルのラストは、やっぱりこうなりますよねぇ。
ジェームスボンドですから。
でも、キスシーンもお色気シーンもなくジ・エンドになっちゃうのです。
最後の最後までクールビューティのキャロルなのでした。
 (1808434)

おまけ

ラストシーンの一部を飾っているのがこのシーン。何やらちょっと高齢の夫婦なのですが、
この女性はイギリスのマーガレット・サッチャー首相なんですね。その隣は旦那さんです。

もちろんそっくりさんでジャネット・ブラウンという方なのですが、よく似ています。
ちなみに旦那さんの方は、プロデューサーで脚本家のジョン・ウェルズです。
 (1808461)

 (1808462)

このシーンはコントのようなワンシーンですが、
ホントにそっくりです。
お色気は少々、でもアクションシーンが次々と繰り出され、ドキドキの連続となった今回の007。
一般的には原点回帰と言われていますが、まさしくそのとおりの作品に仕上がっています。
見ていて飽きの来ない、オーソドックスな007が久しぶりに登場した感じです。
ぜひ、本編をごらんください。
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ロジャー・ムーア最後のジェームス・ボンド、『007/美しき獲物たち』。

ロジャー・ムーア最後のジェームス・ボンド、『007/美しき獲物たち』。

58歳を迎えるロジャー・ムーアの最後の007となった本作品は、タニア・ロバーツ、グレース・ジョーンズのボンドガールを迎え、悪役はアカデミー助演男優賞のクリストファー・ウォーケンが演じた力作となりました。それでは、ラスト・ムーア・ボンドをご紹介しましょう。
ナベゲン | 4,718 view
007、25周年記念『007 リビング・デイライツ』。シリアスなスパイ映画に一変!

007、25周年記念『007 リビング・デイライツ』。シリアスなスパイ映画に一変!

ティモシー・ダルトン第1作目。老齢のロジャー・ムーアから若返りを図るとともに、ストーリー展開もコメディタッチからシリアスものに変更して、新生007の誕生です。新たなジェームズ・ボンドをご紹介しましょう。
ナベゲン | 4,301 view
ロジャー・ムーア第2作、『007私を愛したスパイ』。潜水車・ロータスと鋼鉄の歯・ジョーズが凄かった!!

ロジャー・ムーア第2作、『007私を愛したスパイ』。潜水車・ロータスと鋼鉄の歯・ジョーズが凄かった!!

きれいでナイスバディのボンドガールも健在、そして今回の目玉は潜水できる水陸両用車(ロータスエスプリ)と鋼鉄の歯を持つ不死身の男・ジョーズ(なにしろデカイ大男)。面白アイデア満載の大ヒット作をご紹介。
ナベゲン | 8,342 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,693 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト