『DIE IN CRIES(ダイ・イン・クライズ)』XのHIDEによる伝説バンドのボーカルだったKYOが立ち上げたバンドだった!!
2016年9月30日 更新

『DIE IN CRIES(ダイ・イン・クライズ)』XのHIDEによる伝説バンドのボーカルだったKYOが立ち上げたバンドだった!!

DIE IN CRIESは、HIDEによる伝説のバンド横須賀サーベルタイガーや、D'ERLANGERでボーカルとして活躍したKYOが立ち上げたヴィジアル系バンドです。ビート・サウンドに刹那系のメロディ・ラインが特徴的でした。

16,998 view

DIE IN CRIES(ダイ・イン・クライズ)

DIE IN CRIES

DIE IN CRIES

1990年に結成、1995年解散。
ロックバンド。
このバンドが登場したのが、ヴィジュアル系ブームが来る98年以前であり、Xを中心にムーブメントを巻き起こした90年頃~98年頃の「過渡期」だった。イカ天・ホコ天・ジャパメタブームの後、厳しい状況の中、次世代にバトンを渡す役割を果たしたのがDIE IN CRIESだったと言えよう。

デビューまでの流れとメンバー紹介

※DIE IN CRIESを結成する前にKYOは、XのHIDEによる伝説のバンド横須賀サーベルタイガーのボーカルをしており、ドラムの菊地哲の2人と瀧川一郎が一緒になってD'ERLANGERを結成して活動していました。しかし、1990年にバンドは解散します。
1990/12 ZI:KILLが ロンドンにて デビューアルバム『DESERT TOWN』のトラックダウンに出かけた時(1990/12/03~17) YUKIHIROは「ZI:KILL辞めたから一緒にバンドやろう」とロンドンから KYOに電話する。その時は「もう一度話し合え」と 言われたが 結局は 一緒にする事に
KYOはD'ERLANGER解散後「今まで接してくれてた人がいきなり冷たくなったり、連絡が取れなくなり人間不信になった。その時似たような境遇のYUKIHIROから連絡をもらって運命的なものを感じた」と語っている。
KYO(ボーカル)

KYO(ボーカル)

バンド経歴
(ex.横須賀サーベルタイガー→D'ERLANGER→DIE IN CRIES→ソロ→BUG,D'ERLANGER→D'ERLANGER)
渋谷公会堂のZI:KILL復活ライブで2人は再会する事になる。皮肉にもこのライブのドラマーが元D'ERLANGERのTETSUの"ZI:KILLデビュー"ライブとなってしまう。関係者の席にはZIGGYのボーカル、森重樹一がおり、挨拶に行ったKYOとYUKIHIROに「珍しい組み合わせだね。2人でバンドでも組むの?」と尋ねられ、どういう音楽をやるのか決まっていないのにも関わらず、KYOが「はい、そのつもりです」と返答。KYOはその時の事を「誰にも相手にされなかった時、森重さんが自分の事を心配してくれてたのがとても嬉しかった」とロッキンFのインタビューでコメントしている。
YUKIHIRO(ドラム)

YUKIHIRO(ドラム)

バンド経歴
(ex.ZI:KILL→OPTIC NERVE→DIE IN CRIES→L'Arc〜en〜Ciel, acid android, geek sleep sheep)
マッドカプセル時代のSHINとZI:KILL時代のYUKIHIROは横浜で対バンしたことがある。KYOがDIE IN CRIESを結成する際「いいギタリスト知らないか?」と相談した所「パンクなのにポップなことやってクビになったヤツなら心当たりある」と話を持ちかけたのがSHINである
室姫深(SHIN)

室姫深(SHIN)

バンド経歴
(ex.THE MAD CAPSULE MARKETS→DIE IN CRIES→BLOODY IMITATION SOCIETY→BUG→LIV, THE SPIN, Creature Creature, TETSUYA, AA=→AA=, SUSIE LOVE, Acid Black Cherry)
SHINが使用するギターの♂♀柄はフェルナンデスの布袋...

SHINが使用するギターの♂♀柄はフェルナンデスの布袋モデルを参考にしている。

バンドを結成するにあたり、ベーシスト探しでとても難航する。SHINが「1人思い当たるヤツがいる」と声をかけたのがTAKASHIである。ちなみにTAKASHIは当時、横須賀のスタジオでバイトをしており、KYOとYUKIHIROはTAKASHIがバイトをしていたスタジオでインディーズ時代、それぞれのバンドでリハーサルを行なっている。SHINがスタジオにTAKASHIを連れてきた時、それぞれが顔見知りなことに驚き、その日に加入が決まった。
TAKASHI

TAKASHI

バンド経歴
(→FAME(後に“HybriD”と改名)→BUG, Cracker Jack→BUG)
~大まかな流れ~

~大まかな流れ~

D'ERLANGER解散後、KYOのソロプロジェクトとして始動。 ソロプロジェクト第一弾のリリースとなった『NOTHINGNESS TO REVOLUTION』には、YUKIHIROとSHINのユニット"OPTIC NERVE"が参加、そこにTAKASHIが加わりバンドとしての活動が始まった。
当初、KYOは「喜怒哀楽」の足りない部分を表現する事をテーマとして、ドイツ語で「3つの表情」と言う意味を持つバンド名にする予定であったが、最終的にはRain Tree Crow(ジャパン再結成時のバンド)の歌詞中にある"DIE IN CRIES"をバンド名とする。
メンバー的には、当時としては知名度が高いのはボーカルのkyoくらいで、他はまあ知っている人は知っている…くらいな感じのギターの室姫深、ドラムのYUKIHIRO、ベースのTAKASHIという面子。今では、YUKIHIROはラルクのドラムとして、知っている人は多いですね
KYO(Vo) → あまり歌上手くないけどやたら情熱込めた歌唱。低音がセクシー。
室姫深(Gt) → 軽めの無機的なギター。ギター・シンセで変な音を出すのが好き。
TAKASHI(Ba) → 動きまくるベース。かなりのテクニシャン。
YUKIHIRO(Dr) → 音は軽いが正確無比で無機的なドラム。
1991年8月10日に1st.アルバム『NOTHINGNESS TO REVOLUTION』をリリース。

NOTHINGNESS TO REVOLUTION

366
GUEST MUSICIANにSHINやyukihiroを迎えて制作されているが、 この段階では、ex D'ERLANGERのKYOのソロワークス的色合いが強く、非常に前衛的でアヴァンギャルド。アンビエント要素が濃い。その上尺長な楽曲が多いという後の音楽性からは想像も出来ない方向性。
63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ZIGZO(ジグゾ)』L'Arc〜en〜Cielなど有名ヴィジュアル系の元メンバーが集結したロックバンドだった!!

『ZIGZO(ジグゾ)』L'Arc〜en〜Cielなど有名ヴィジュアル系の元メンバーが集結したロックバンドだった!!

バンド『ZIGZO(ジグゾ)』は、1999年に結成されたロックバンドです。有名ヴィジュアル系バンドの元メンバーが結成し、バンド名を明かさず開催したシークレット・ライブでは、チケットが瞬く間に完売するという伝説のバンドです。
星ゾラ | 6,194 view
SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 463 view
BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

伝説のロックバンド「BOØWY」のデビューから今年で35周年。それを記念し、解散宣言を行った87年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の「完全版」が発売されます。果たしてどんな内容なのか?全BOØWY世代必見!
隣人速報 | 3,781 view
『Raphael 』絶大な人気を誇っていたヴィジュアル系バンドで、メンバー同士の絆が深かった!!

『Raphael 』絶大な人気を誇っていたヴィジュアル系バンドで、メンバー同士の絆が深かった!!

10代の男性4人組が1997年に結成したヴィジュアル系バンドです。ギター兼コンセプトリーダーであった華月中心に活動していたバンドでしたが、華月が死去。それでもバンドは、活動休止しながらも2016年まで活動を行い解散しました。
星ゾラ | 15,582 view
バンド『KidsAlive(キッズ・アライヴ)』”第2のGLAY”と呼ばれていた3人組バンドだった!!

バンド『KidsAlive(キッズ・アライヴ)』”第2のGLAY”と呼ばれていた3人組バンドだった!!

KidsAliv(キッズ・アライヴ)は、北海道出身の現役高校生3人による若手バンドでした。デビュー当時は、「第2のGLAY!」としてもてはやされ、クオリティの高い楽曲を披露していました。
星ゾラ | 3,469 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト