ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー
2020年4月9日 更新

ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー

1985年からりぼんで連載されていた水沢めぐみの「ポニーテール白書」を覚えていますか?主人公の結と初恋と結の家族について描いた作品です。あらすじからラストまでご紹介していきますね。

4,008 view

ポニーテール白書はいつ連載されていたの?

ポニーテール白書は少女漫画雑誌「りぼん」の1985年8月号から1987年4月号まで連載されていました。単行本は全5巻。

作者は「姫ちゃんのりぼん」、「空色のメロディ」などでおなじみの水沢めぐみさんです。「ポニーテール白書」は水沢めぐみさんの初の連載作品で、連載中はまだ大学生だったんですよ。大学生で漫画の連載なんてすごいですよね。

ポニーテール白書のあらすじ

ポニーテール白書 1 (集英社文庫(コミック版)) | 水沢 めぐみ |本 | 通販 | Amazon (2181879)

ポニーテール白書はタイトルの通り、ポニーテールの女の子、相原結が主人公。いつも元気な結ですが、ある日きょうだいの中で自分だけ赤ちゃんの写真がないことに気が付きました。

そのことがきっかけで家族と口論になって結は家を飛び出します。そこで出会ったのは剣道の素振りをしている少年でした。同じ年くらいの男の子なのですが、どこか影があり、結は心惹かれます。そして、その男の子の影響で剣道部に所属することになるんです。中学生くらいの頃って行動力がすごいですよね。

中学2年生になった結は剣道部でその男の子に再会します。男の子の名前は郡司くん。結の初恋の人となるのでした。郡司くんはクールでかっこよく、憧れていた人も多いのでは?当時の少女漫画のヒーローは現実にはなかなかいないカッコイイ男の子が多かった気がします。実際の中学生はもっと幼いですからね、

その後、結のことを好きなアメリカ人のフレディが登場したり、結の両親がじつは叔父叔母であり、本当の両親はすでに亡くなっていたことを知ったり、結の初恋と家族について描いた作品です。

「りぼん」の漫画というと子ども向けのイメージがありますが、初恋だけでなく複雑な家庭環境についてなども描かれていて大人になって再び読み返してみても楽しめる作品ですよ。

ポニーテール白書 コミック 全3巻完結セット (集英社文庫―コミック版) | 水沢 めぐみ |本 | 通販 | Amazon

1,150
ポニーテール白書のりぼんマスコットコミックスは絶版ですが、文庫版全3巻が発売されています。もう一度読みたいという方はぜひどうぞ。

ポニーテール白書の登場人物

ポニーテール白書の登場人物を振り返ってみましょう。

相原結

ポニーテールがトレードマーク。剣道部に所属している元気な女の子。

ポニーテールは小さい頃泣いていた結に母親が「元気が出る魔法」として結んでくれていたもの。今でもその言葉を支えにポニーテールをしているんですよ。

育ての両親は叔父叔母であり、実の父母は他界しています。

郡司一平

結の同級生でどこかクールな少年。小さい頃から剣道をしていますが、道場やクラブには所属していません。そのため、一匹狼だと思われていました。

実は新聞記者である父と女優である母の仲が悪く、悩んでいたのでした。だんだん結の明るさに惹かれ中学3年生からは剣道部にも所属するようになります。

フレディ・レイン

結の両親の友人の息子でアメリカ人。結の実の父小田切実からの輸血で命を助けてもらったという過去がある。

結が好きで結の影響で剣道を始めます。始めたのは遅いですが郡司と主将を争うほどの腕前に。

ルビー・トンプソン

フレディの幼馴染でフレディのことが好きなアメリカ人の少女。明るい性格で結とも仲がいい。アメリカンスクールに通っています。

相原寿子

結の母親。実は叔母。次男を出産したときに、兄夫婦を失い、一人娘の結を養女として迎え入れます。結に愛情を持っていて我が子と同じように接しています。

結にポニーテールの魔法をかけてあげたのも寿子ですよ。

ポニーテール白書の最後は結局どうなった?

 (2181877)

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • カワ(・∀・)イイ!! 剣 🎀 2023/7/9 21:40

    主な「ぽにて」
    大映モノ(80年代)「ポニーテールはふりむかない」
    A㎅48「ポニーテールとシュシュ」

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

80年代、りぼんに掲載されていた漫画「プラスティック・ドール」大人っぽい絵とカッコいい主人公 篤郎が懐かしい

80年代、りぼんに掲載されていた漫画「プラスティック・ドール」大人っぽい絵とカッコいい主人公 篤郎が懐かしい

1982年から1983年、りぼんで連載された、高橋由佳利先生のプラスティックドール。今も昔もみんな大好き、普通の高校生が芸能界に巻き込まれる系漫画。ただ、この作品は、主人公が17歳男子なのに、女性シンガーの影武者をさせられるという設定が斬新でした。
bllack-mymerody | 1,491 view
実写化された懐かしの少女漫画まとめ<講談社編>

実写化された懐かしの少女漫画まとめ<講談社編>

テレビ、映画などに実写化された懐かしの少女漫画をまとめていきます。今回は「なかよし」「フレンド」など講談社の少女誌に連載されていた漫画の特集です!
saiko | 571 view
石原さとみ主演で実写化も!漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」

石原さとみ主演で実写化も!漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」

佐々木倫子さんの漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」1999年の漫画ですが、20年の時を経て2019年に実写化もされています。改めてこの原作漫画、そしてドラマについても見ていきましょう。
saiko | 223 view
男子も女子も身に覚えあり?バレンタインデーにまつわる「あるある」!!

男子も女子も身に覚えあり?バレンタインデーにまつわる「あるある」!!

日本の冬の一大イベントと化した、2月14日のバレンタインデー。この記事では、バレンタインにありがちなエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

関連する記事こんな記事も人気です♪

水沢めぐみの隠れた名作?「チャイム」を振り返ってみよう!

水沢めぐみの隠れた名作?「チャイム」を振り返ってみよう!

「姫ちゃんのりぼん」のようなファンタジー作品が有名な水沢めぐみさんですが、普通の中学生を主人公にした作品も人気があります。今回ご紹介するのは「チャイム」。恋と友情を描いた名作ラブストーリーです。
saiko | 1,970 view
矢沢あいファンなら「マリンブルーの風に抱かれて」もチェック!

矢沢あいファンなら「マリンブルーの風に抱かれて」もチェック!

「マリンブルーの風に抱かれて」通称「マリブル」。「NANA」、「天使なんかじゃない」、「ご近所物語」などおしゃれ漫画のイメージが強い矢沢あいさんの作品です。最近の作品とはちょっとイメージが違うかもしれませんが、ファンの多い作品ですよ!
saiko | 1,987 view
男勝りな主人公に共感!漫画「ピーターパンの空」

男勝りな主人公に共感!漫画「ピーターパンの空」

りぼんで掲載されていた椎名あゆみさんの「ピーターパンの空」。昔の少女漫画は女性らしい主人公が多かったですが、男勝りなキャラクターが増えてきたのもこの頃。男勝りで素直になれない主人公に共感した人も多いのではないでしょうか。「ピーターパンの空」を振り返ってみましょう!
saiko | 541 view
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
天使なんかじゃない、ご近所物語、NANA…矢沢あいの展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催決定!!

天使なんかじゃない、ご近所物語、NANA…矢沢あいの展覧会『ALL TIME BEST 矢沢あい展』が開催決定!!

人気漫画家・矢沢あいの展覧会「ALL TIME BEST 矢沢あい展」が、2022年夏に第1会場となる東京・新宿髙島屋を皮切りに、大阪髙島屋、横浜髙島屋で開催されることが決定しました。
隣人速報 | 610 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト