悪霊島(横溝正史・原作)「鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい‥‥」隠された禍々しい過去‥‥
2018年4月5日 更新

悪霊島(横溝正史・原作)「鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい‥‥」隠された禍々しい過去‥‥

ビートルズの「レット・イット・ビー」がバックに流れ「鵺の鳴く夜は恐ろしい」というキャッチコピーが鮮烈だった映画「悪霊島」は、1981年に公開された横溝正史シリーズのミステリー(角川映画)。二面性がキーワードのようになっており、役者も一人二役を演じるなど、スリリングな展開が見ものでした。またその後、1990年代にはドラマ化もされています。

16,657 view
無賃乗車!

無賃乗車!

三津木五郎と無賃乗車で駅員さんに追いかけられる金田一さんです!

五郎役の古尾谷雅人の服装などが、ヒッピー風なのもかなりノスタルジックでした。

一人で二役

一人で二役

真帆と片帆の双子姉妹を一人二役で演じるのは、岸本加代子。
可憐でかわいかったです。
一人二役同士!

一人二役同士!

手前、これまた一人二役、巴御寮人とふぶきを演じるのは、岩下志麻。
今回も美しく、そして妖しく、月のように輝いていました。

テレビドラマ版「悪霊島」

テレビでも、1991年と99年にドラマ化されている「悪霊島」。
では1991年から見てみましょう。

「横溝正史シリーズ・悪霊島」1991年

テレビドラマ 「悪霊島」

テレビドラマ 「悪霊島」

フジテレビ系列の2時間ドラマ「金曜ドラマシアター」で放送されました。
舞台を昭和20年代に移しての映像化作品。簡略化されているが原作に比較的忠実な内容。
しかし本作の重要なポイントであるシャム双生児「太郎丸・次郎丸」の骸は倫理上から改変され、単独の死児に変更されている。
キャストは、金田一耕助役に片岡鶴太郎。巴御寮人には山本陽子。
そして、「お!」と目を引いたのが、三津木五十子(三津木五郎ではない)役に、 牧瀬里穂。
回想としての巴役に、宮沢りえ。
という、かつてCMの女王、3Mと呼ばれたお二人も出演されています。

「名探偵・金田一耕助シリーズ・悪霊島」1999年版

金田一耕助シリーズ 悪霊島

金田一耕助シリーズ 悪霊島

BS系列の2時間ドラマ「月曜ドラマスペシャル」で放送されました。
登場人物は統合省略されており、越智家の若者である「越智拓郎」がオリジナルで登場するということが特徴である。
原作の要素は散見されるも、ストーリー自体は変更されている。
金田一耕助役は、古谷一行。刑部巴役に再度、山本陽子。
99年版では、少しオリジナル要素も加わっている‥‥ということで、見ていない者にとっては、どんなふうになっているのか一度見てみたい気もします。

「悪霊島」ちょっとしたまとめ

この他にも漫画版も発売されていたり‥‥「悪霊島」を様々なヴァージョンで楽しむこともできます。
映画にドラマに、漫画に‥‥と再現されるのは、原作のおもしろさがあったからでしょう。
往々にして推理小説では、登場人物が多くて「これは誰だったかな? どんな関係の人だったっけ?」と見直したりすることもありますが、「悪霊島」の場合、更に、双子姉妹(顔はそっくり、性格は似ていない)も登場! 
金田一探偵だけでなく、読者、または映画やドラマを見ている方も混乱に陥ることも、一つの事件の謎となって物語を一層おもしろく展開させている要素でした。
禍々しく冷たい狂気に隠された、悲しくあり、炎のような情熱‥‥。
(まだお話を知らない方のためにも、ネタバレはほどほどにしておきます!)
そんな意味でも「二面性」を感じた作品です。

「鵺の鳴く夜は恐ろしい」‥‥

もう一度、再読、また映画も再度、見てみたい作品です。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!

余命3ヶ月で新作を撮り切った大林宣彦!角川映画や家族と共に振り返る『文藝別冊 大林宣彦 』が発売!

70年代後半から、日本映画界を支え続けてきた映画作家・大林宣彦。新作『花筐/HANAGATAMI』の公開を前に大林宣彦監督のこれまでの軌跡を振り返る、文藝別冊『大林宣彦 「ウソからマコト」の映画』が河出書房新社より発売された。
松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

松田優作が10kg減量、奥歯を4本抜き、あるシーンでまばたきすらしなかった映画『野獣死すべし』

1980年公開、松田優作主演の映画『野獣死すべし』。狂気の殺人者が描かれた本作には、妖艶な雰囲気を持った小林麻美も出演。美人過ぎる画像も集めた。「まばたき無し」の長回しシーンなど逸話だらけの映画『野獣死すべし』を特集する。
ひで語録 | 17,547 view
【北陸一の毒婦・球磨子語録】やんちゃすぎる桃井かおり主演『疑惑』

【北陸一の毒婦・球磨子語録】やんちゃすぎる桃井かおり主演『疑惑』

1982年公開の映画「疑惑」。原作は松本清張。強烈な個性の持ち主、悪女と言うより悪!の鬼塚球磨子を桃井かおり、美しいがやはりクセのある女弁護士を岩下志麻が演じています。原作を超えた傑作を球磨子の名言と共に振り返ります。
けん | 25,138 view
日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

バブル真っ只中の1988年、文化遺産・莫高窟に隠された経典等をもとに作られた超大作。人間の欲望、男女愛の葛藤等を背景に、それぞれの男たちが、それぞれの守るべきものを命を懸けて必死に守ろうとする姿を描いた作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 13,350 view
角川3人娘・渡辺典子の初々しい初主演映画「晴れ、ときどき殺人」!

角川3人娘・渡辺典子の初々しい初主演映画「晴れ、ときどき殺人」!

赤川次郎の同名小説が原作。1984年に映画化。「晴れ、ときどき殺人」のタイトル通り殺人事件が題材。ミステリーであり、コメディでもある作品。角川3人娘・渡辺典子が突然事件に巻き込まれるヒロインを好演している。
ひで語録 | 3,075 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト