2017年5月23日 更新

G1競馬2017【オークス】あなたの1着予想はズバリどの馬!~過去データを振り返るクイズ付~

日本のクラシック競走のひとつとされる【オークス】。第78回を迎える2017年の日程は5月21日(日)。2017年、歴史あるG1レース【オークス】で、最速のパフォーマンスを魅せる牝馬は!?

288 view
 (1867804)

1965年以降、「オークス」という副称が付いた【優駿牝馬(オークス)】。桜花賞同様、3歳牝馬限定で行われるこちらのレースは、スピードとスタミナを兼ね備えた繁殖牝馬を選定するためのレースと言われている。第78回を迎える【優駿牝馬(オークス)】。2017年「樫の女王」と呼ばれるのははたして!?あなたの勝ち馬予想と、ミドルエッジ世代の競馬ファンには懐かしい、G1レース【優駿牝馬(オークス)】のクイズでお楽しみください!

【第1問】第54回(1993年)優駿牝馬(オークス)の勝馬は?

正解!

不正解

正解は「ベガ」。第54回優駿牝馬(オークス)は7枠13番、「ベガ」が勝利。単勝は1番人気の340円だった。

【第2問】1995年・1996年と連覇を果たした「武豊」騎手が、1997年に騎乗した馬は?

正解!

不正解

正解は「ダイイチシガー」。1997年は単勝4番人気で、3着でレースを終え3連覇は惜しくも果たせなかった。

【第3問】かつてない接戦といわれた、1983年第44回優駿牝馬(オークス)を制した騎手は?

正解!

不正解

正解は「岡部幸雄」。1着から5着までが、「2:30.9」の同タイム!着差は「ハナ・アタマ・ハナ・アタマ」という結果でした。

【第4問】優駿牝馬(オークス)第77回までの歴史の中で、唯一1着が同着だった年は何年?

正解!

不正解

正解は「2010年」。8枠17番の「アパパネ」と同じく8枠18番の「サンテミリオン」が長い写真判定の末、JRAのG1では史上初となる1着同着という結果となった。

【第5問】2016年までに優駿牝馬(オークス)における最高配当はいくら?

正解!

不正解

正解は「54万8,190円」。3連単「4-18-12」819番人気。1着馬は7番人気の「エリンコート(後藤浩輝)」、2着馬8番人気「ピュアブリーゼ(柴田善臣)」、3着馬2番人気「ホエールキャプチャ(池添謙一)」。

【第78回優駿牝馬(オークス)】(2017)あなたの1着予想はズバリどの馬!結果はこちら!

 (1870023)

第78回優駿牝馬(オークス)、予想アンケートご協力頂きありがとうございました!
ミドルエッジの予想アンケートでは、「ソウルスターリング(C.ルメール)」が一番人気でした。
アンケートにお答え頂いた皆さん、おめでとうございます!
桜花賞では3着に終わった「ソウルスターリング」ですが、見事が2度目のGI制覇を成し遂げました!

それでは次回のG1レースもお楽しみに!
14 件

問正解

最初から

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【桜花賞】クイズで振り返るG1競馬~第77回予想アンケート付~

【桜花賞】クイズで振り返るG1競馬~第77回予想アンケート付~

5大クラシック競争の第1弾として行われる【桜花賞】。第77回を迎える2017年の日程は4月9日(日)。数々の伝説を生んだこのレースをクイズ形式で振り返ってみましょう!
【天皇賞(春)】クイズで振り返るG1競馬~第155回予想アンケート付~

【天皇賞(春)】クイズで振り返るG1競馬~第155回予想アンケート付~

春・秋に年2回行われる【天皇賞】。日本のG1の中で長い歴史を持つレースで、2017年は第155回をむかえます。そんな過去の【天皇賞(春)】をクイズ形式で振り返ってみましょう!
【皐月賞】クイズで振り返るG1競馬~第77回予想アンケート付~

【皐月賞】クイズで振り返るG1競馬~第77回予想アンケート付~

桜花賞に続く5大クラシック競争の第2弾として行われる【皐月賞】。第77回を迎える2017年の日程は4月16日(日)。数々の伝説を生んだこのレースをクイズ形式で振り返ってみましょう!
最強の三冠馬は「ナリタブライアン」に決まってると言いつづけて早20年

最強の三冠馬は「ナリタブライアン」に決まってると言いつづけて早20年

「最強のサラブレッドは?」そんな質問には決まって「ナリタブライアン」と答えてきた。 ナリタブライアンの後にも三冠馬は存在したけど、ナリタブライアンの存在感に勝つ馬は未だ出てきていないと個人的な感想。
レイルウェイズ | 14,098 view
レジェンド「芦毛の怪物」オグリキャップ

レジェンド「芦毛の怪物」オグリキャップ

世紀の芦毛対決と言われたオグリキャップとタマモクロスの初対戦や宿敵タマモクロスにリベンジを果たした第33回有馬記念、「オグリキャップのベストバトル」また「1989年のベストマッチ」ともいわれる第40回毎日王冠。「奇跡の復活」「感動のラストラン」と言われる第35回有馬記念を振り返ります。レジェンドレースを満喫しましょう。
ガンモ | 1,988 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事