青春白書ここにあり!柴門ふみ原作ドラマ
2016年3月22日 更新

青春白書ここにあり!柴門ふみ原作ドラマ

柴門ふみと言えば、バブル期の恋愛バイブルとも言われた女性向け漫画家で、ミドルエッジ世代でも多くのファンがいるが、男性もトレンディドラマの原作として多くの作品で観ているのです。そこで、ここでは青春白書ここにあり!柴門ふみ原作のトレンディドラマをプレイバックしていきましょう!

1,849 view

青春白書ここにあり!柴門ふみ原作ドラマ

柴門ふみと言えば、バブル期の恋愛バイブルとも言われた女性向け漫画家で、ミドルエッジ世代でも多くのファンがいるが、男性もトレンディドラマの原作として多くの作品で観ているのです。そこで、ここでは青春白書ここにあり!柴門ふみ原作のトレンディドラマをプレイバックしていきましょう!

柴門ふみとは?

徳島県徳島市出身。幼い頃より漫画を描くことが趣味で、一条ゆかりの『デザイナー』などに影響を受ける。徳島市立高等学校卒業後に上京し、お茶の水女子大学文教育学部哲学科に入学。湯田伸子らがいた漫画研究会に所属し、同人誌を精力的に発表する。(当時の筆名はケン吉。同名義で漫画情報誌『ぱふ』に作品を掲載したことがある)。この時期から弘兼憲史のアシスタントを務める。

大学卒業後の1979年に、「少年マガジン増刊号」にて「クモ男フンばる!」でデビュー。柴門は当初「カンダタ白書」というタイトルを考えていたが、担当編集者の思い付きで「クモ男…」に無理矢理変更された。

翌1980年に弘兼憲史と結婚した。1981年から連載を開始した学園ロマコメ漫画 『P.S. 元気です、俊平』で人気作家となる。

女性青年漫画家の草分けの一人。必ずしも「かわいらしくない」絵柄で、リアルな女性像を描く。読者の好き嫌いがはっきりしがちな作家であるが、女性から圧倒的な人気を得る。テレビドラマ化され話題となった作品も多数ある。また、恋愛のエキスパートとして、『恋愛論』など女性向けのエッセイの著書も多数ある。特に『恋愛論』は恋愛の教科書と絶賛され、70万部を売り上げた。

単行本全4巻で250万部以上を売り上げた『東京ラブストーリー』は、1991年にフジテレビでドラマ化され、大ヒットした。柴門の代表作であるだけではなく、以降1990年代の大きな流れとなったトレンディドラマの中核作品となった。
 (1607064)

同・級・生

 (1607068)

1989年にフジテレビ系(月9ドラマ)で放送された安田成美、緒方直人によるトレンディ恋愛ドラマ。緒方直人が、広告代理店の若手エリートビジネスマンで、広告代理店に憧れる若者が増えた。
有名広告代理店に勤める若手エリートサラリーマンの主人公と彼の周辺の人間との間に繰り広げられる、恋愛トレンディドラマ。バブル期に見られる「トレンディドラマ=優柔不断男」の象徴を緒形直人が演じた。坂元裕二の連続ドラマ初脚本作品である。また、当時フジテレビアナウンサーであった中井美穂の女優デビュー作としても話題になった。

ドラマ『同・級・生』 第13話(最終話) 3 4 lyO5ynxNu8 - YouTube

出典 youtu.be

東京ラブストーリー

 (1607074)

最高視聴率32.3%を記録し、社会現象にもなった1991年に放送されたフジテレビ月9ドラマの代表的作品。鈴木保奈美が演じた男性も引っ張っていくような積極的快活女性・リカは、当時とても斬新で話題になった。
主題歌である小田和正の「ラブストーリーは突然に」もメガヒット!ミリオンセールス時代の先駆けだった。
永尾完治を「カンチ」と呼ぶ同僚の赤名リカは、自由気ままに生き、まっすぐに恋をする。リカから想いを寄せられ、最初は戸惑っていたカンチもリカに惹かれるが、同郷の同級生である三上健一と関口さとみとの三角関係が絡み合い、恋は複雑に展開していく。

Tokyo Love Story Ep 11 Eng Sub 東京ラブストーリー - YouTube

出典 youtu.be

あすなろ白書

 (1607081)

出典 topicks.jp
このドラマを観て、大学でのキャンパスライフに憧れた中学生・高校生も多発した1993年の月9ドラマ。木村拓哉が後ろから抱きしめる「あすなろ抱き」は、ドラマ終了後も、独立して名称が残っているほど話題騒然だった。
若き日の西島秀俊が、衝撃のゲイ役で主要メンバーとして出演している。
主題歌、藤井フミヤの「TRUELOVE」はもちろんのこと、S.E.N.Sが奏でる美しい劇中音楽も記憶に残っている人が多いのでは!?
女子大生・なるみを中心にした男女5人を描いた作品。なるみと保の結ばれては離れる恋愛模様を縦糸に、2人を取り巻く恋や友情が横糸として絡まり合い、『あすなろ会』というサークルを通じ、恋愛と友情の狭間で、20歳の日々の苦悩や喜び、時間の経過の重さや大切さ等の、若さの証の全てを描いた青春群像劇。

保はこの『あすなろ会』 を園田なるみのフルネーム(アナグラム。SONODA NARUMI -> ASUNARO MIND)から思い浮かんだという。樹木の翌檜(あすなろ)とは全く関係ない。

Asunaro Hakusho ep 11 あすなろ白書 ベストフルHDムービー - YouTube

出典 youtu.be
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

シルバニアファミリーで女子力を上げた幼少時代

シルバニアファミリーで女子力を上げた幼少時代

今も昔も子供も大人も!女子の全てが愛するシルバニアファミリー! 1985年発売初期、子供だった私がいかに生活に浸透していたか、遊び方からレアキャラまで紹介いたします!!
♡女の子の憧れがつまった、ジェニーちゃんシリーズ♡

♡女の子の憧れがつまった、ジェニーちゃんシリーズ♡

着せ替え人形リカちゃんが幼児と小学生児童対象にたいして、若干上の年齢層をメインターゲットに開発された着せ替え人形ジェニーちゃん。リカちゃんともバービーとも違った魅力で現在もなお、世の女子を魅了し続けています。その歴史と現在までの人気に迫ります。
☆女子たちみんなが憧れた!ポップでキラキラしていた一昔前のコスメたち☆

☆女子たちみんなが憧れた!ポップでキラキラしていた一昔前のコスメたち☆

最近は、ナチュラルでヌーディーなメイクが主流となっていて、アイシャドウはブラウン系を使用している人が多いですね。昔は、例えばブルーやグリーンなどのカラフルなアイシャドウをしている人をよく見ましたが、最近は普段使いしている人はあまり見なくなりました。パッケージもチープで可愛いものが多くて、女子中学生から女子大生まで、みんなが虜になりました。ラメを多用していたり、パーリーなものが多かったです。そんな一昔前のコスメをご紹介します☆
おにいちゃん | 1,657 view
「ぶ~け」という少女マンガ雑誌を知っていますか

「ぶ~け」という少女マンガ雑誌を知っていますか

「ブーケ」でもなく「ぶーけ」でもなく「ぶ~け」。ちょっと小さめで分厚い月刊少女マンガ雑誌。1980年代を中心に意識高めの女子の心の友だった雑誌を見てみます。
ケロリン | 3,224 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

最高視聴率30%を超えたドラマの主題歌だった8センチシングル10選

最高視聴率30%を超えたドラマの主題歌だった8センチシングル10選

「僕は死にましぇ~ん!」「同情するなら金をくれ!」「ロンバケ現象」他、流行語や社会現象になった人気ドラマの主題歌だった8センチシングル10曲をジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
名作ドラマは何回でも見たい? 「もう一度見たい!90年代のTVドラマランキング」の結果が発表!

名作ドラマは何回でも見たい? 「もう一度見たい!90年代のTVドラマランキング」の結果が発表!

ランキングサイト「ランキングー!」は、10~60代の男女11628名を対象に「もう一度見たい90年代のTVドラマは?」というアンケートを実施。結果のランキングが発表されました。
ニュースFレン | 2,838 view
【もしアナタがカンチだったら…】どっちを選ぶ?「赤名リカ V.S. 関口さとみ」

【もしアナタがカンチだったら…】どっちを選ぶ?「赤名リカ V.S. 関口さとみ」

柴門ふみのコミックを映像化した、90年代恋愛ドラマの金字塔『東京ラブストーリー』。もしアナタが織田裕二演じる永尾完治だったら…「赤名リカ」(演:鈴木保奈美)と「関口さとみ」(演:有森也実)。あなただったら「どっち」を選んだ?選んだ理由や、作品に対する感想などのコメントもお待ちしております!
27年ぶりにマンガ「東京ラブストーリー」が連載再開!25年後の“アラフィフ”となったカンチとリカが描かれる!

27年ぶりにマンガ「東京ラブストーリー」が連載再開!25年後の“アラフィフ”となったカンチとリカが描かれる!

鈴木保奈美と織田裕二主演で、1991年にテレビドラマ化された柴門ふみ原作のマンガ「東京ラブストーリー」。その25年後を描いた新作「東京ラブストーリー ~After25years~」の連載が27年ぶりに「女性セブン」11月10日発売号から始まる。
今も昔も憧れのヒト、カリスマ女優「安田成美」を振り返る!

今も昔も憧れのヒト、カリスマ女優「安田成美」を振り返る!

80年代末〜90年代初頭のトレンディ最盛期から常に芸能界のトップグループを走り続けてきた人気女優、安田成美。彼女の活動とその歴史を振り返りつつ、50代を迎えてもまだまだ衰えない彼女の魅力に迫ります。
t.yoshidati | 7,013 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト