「4月4日」は五節句に由来した新たな記念日です、さて何の日か分かりますか?
2017年3月14日 更新

「4月4日」は五節句に由来した新たな記念日です、さて何の日か分かりますか?

ふと気がつけば、3月3日の桃の節句(雛祭り)が終わり、デパートからあっという間に雛人形が消えて、5月5日の端午の節句用の五月人形やら兜の飾り物がデデンと飾られています。年に5回の節句、それに由来した新たな記念日が4月4日に設けられました。

2,594 view
ふと気がつけば、3月3日の桃の節句(雛祭り)が終わり、デパートからあっという間に雛人形が消えて、5月5日の端午の節句用の五月人形やら兜の飾り物がデデンと飾られています。

「節句(せっく)」

「節句(せっく)」。
当たり前に存在していますが、「年に何回あるかご存知ですか?」となるとスラスラ言える人は案外少ない気がします。

実は5回。

年に5回の「節句」

1月7日の人日(じんじつ)の節句「七草の節句」

1月7日の人日(じんじつ)の節句「七草の節句」

3月3日の上巳(じょうし)の節句「桃の節句」

3月3日の上巳(じょうし)の節句「桃の節句」

5月5日の端午(たんご)の節句「菖蒲の節句」

5月5日の端午(たんご)の節句「菖蒲の節句」

7月7日の七夕(しちせき)の節句「七夕(たなばた)」

7月7日の七夕(しちせき)の節句「七夕(たなばた)」

9月9日の重陽(ちょうよう)の節句「菊の節句」

9月9日の重陽(ちょうよう)の節句「菊の節句」

の5つです。この5つを「五節句(ごせっく)」と定めたのは江戸幕府ですが、もともと宮廷で「節会(せちえ)」として行われてきたものを、幕府公認の記念日として制定した、という感じです。そしてこの時代に、3月の節句は日本古来のケガレ払いの風習「雛ながし(流し雛)」とコラボし、今の女の子のイベントに変化を遂げています。さらにこれに対応して5月の節句が男の子のイベントに変貌しました。

その節目の日に食べる料理が「おせち」

さて。その節目の日に食べる料理を「節句料理」と言います。本来はどの節句でもご馳走を出していました。元々、節会でだしていたお料理なので、節供(せちく)と言いました。

そして、だんだんと時代がくだるにつれ、節会が節句になり、さらに節句に出す料理も一番大切な年初めの節句での料理のみを指すようになり、「お」をつけて「御節供(おせちく)」「御節料理」となり、今では「おせち」と略称で呼ばれるようになりました。
その料理とは別に、その季節ごとの食べ物を食べることも定着し、1月は七草粥、3月は菱餅や白酒、5月は柏餅(関東)かチマキ(関西)、7月は素麺、9月は菊酒・・・などが今に伝わっているかと思います。

「4月4日」は何の日?

さて!話題を変えて新しいお話をば♪
そんな5つの節句に、近年、新しい動きが増えました。
4月4日です。

さて、この日はなんの日でしょうか?

3月(女子)と5月(男子)の間ということは・・・?

・・・ピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。ヒントは3月(女子)と5月(男子)の間、ということ。

お気づきの方も、ご存知の方も居られると思いますが、ここでアンサーをば。

4月4日は「オカマの日」

4月4日は「オカマの日」なんです。性同一性障害を支援する団体「TSとTGを支える人々の会(1996年~)」が正式に制定しています。「オカマの日」、今の社会にとって大切な記念日のひとつでもあると思います。

とはいえ民俗学の勉強の習性で、「江戸時代以降定着した五節句に由来した新たな記念日」として、オカマの日を民俗学目線で頭に叩き込んでしまった私でした(汗)
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

秋になりました。「読書の秋」「食欲の秋」。夏の暑さで心身ともにウンザリしていたところに涼しい風が流れて動きやすくなり、色々な意欲が湧く季節。そんな秋に、日本神話的コネタをば。
山崎敬子 | 270 view
「イロモノ」の由来をご存知ですか?

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

9月に入り、秋を意識しだすこの頃。夏の風物詩のひとつ「ビアガーデン」が姿を消してしまう…そんなこの頃。先月、横浜市の「餃子の酔葉」さんで開催されていたビアガーデンに伺いました。このビアガーデンは何と、ビートきよしさんが企画されたものです。
山崎敬子 | 515 view
神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

夏といえば思い出すテレビCMがあります。“キンチョーの夏、日本の夏”そう、“金鳥”こと大日本除虫菊株式会社さんのCMです。ミドルエッジ世代にはお馴染みだと思います。今回は、その金鳥さんの商標「鶏」を思い出し、日本神話の鳥のコネタです。
山崎敬子 | 1,894 view
流しそうめんのルーツをご存知ですか?

流しそうめんのルーツをご存知ですか?

夏の食べ物と言えば?ぱっと思いつくのはスイカ、かき氷…そして、そうめん。民俗コネタ的流しそうめんルーツのお話と「ひやむぎ」って何?というお話。
山崎敬子 | 946 view
北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

ミドルエッジ世代ですとお子さんたちがいらっしゃる方も多いかと思います。そうしますと、きっと今頃、お子さんたちは夏休み。ああ夏休み。夏休みに家族でどこかに行かれた方も多いかもしれません。私が国内旅行先としてあこがれたのは北海道でした。ふと、思いませんか?「北海道」。なんでホッカイドウと言うのだろうか?と。
山崎敬子 | 968 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト